前々から類似説は流れていたような気がします

猛々しい恐竜、その絶滅の原因が実は隕石の衝突の所為ではない…そんな興味深い記事を発見!確か隕石衝突から気候が狂って絶滅したって話ですよね?かなり細かいところ省略してますが。今回の件は英国研究者らの見解で、それ以前から既に絶滅に向かって減少を開始していたとか。根拠としては、地殻変動に寄る影響、火山ガスや溶岩などの被害。要するに隕石飛来によるものは絶滅そのものよりもこれまでの状態を悪化させるもの、って見解です。それ致命的な出来事って言うならば隕石が衝突した所為で絶滅したって言ってるのとなんら変わりありませんよね。要するに元々、放っておいても死に至るであろう動物に石ぶつけて、「では死因は?」と聞くと直接的には打撲でも、それはトドメであって死は免れない。って話ですか。要するに隕石の所為だけにするな、って結論でOK?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です