異国の地に置いては無知はそのまま罪となりうる自覚が欲しい

自分は海外には行かないので、堂々と「現地の情報くらい調べてから来なさい!」って言えちゃう人です。まあそれは日本国内での他県に行くのも似たような話しになってしまうのかもしれませんが…与えてはいけなくも珍しがった外国人がサルに餌をあげてしまう例が多々あるそうです。知らずに言うならば迷惑ですから出てって下さい…って思うのは自分だけではないでしょう。その所為かだけかはわかりませんが、今「清水寺」や「知恩院」に代表される京都の観光名所にサル出没が多発してるのだそうです。瓦をめくっては本投げるとか何時の時代の悪餓鬼か!?って罰したくも人の子のように叱る親もいなくば単なる無法が通る場所。実際捕獲するしかありませんからね。ただ人間と食事を関連させられると襲撃される可能性は大。餌を与えるイコール被害を拡大してると自覚して欲しいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です