世界初でもあまり幸せそうな経緯を辿っていない

水族館から放たれたイルカが野生繁殖した初めての例!…まあそれもそのはず、放たれた理由が違法捕獲されたことで裁判沙汰になった結果ですからね。ちなみに勿論日本でのことではないのでご安心を。裏も表も有るか無いかも存じませんが、日本では動物や海洋生物などに愛情を持って接していると信じています。では何処がやらかしたかと言うと…大体答えは狭まっているもので、お馴染み韓国です。暴いたのもそっちの方々でしょうから、自分らで責任取ったって形ですね。「パシフィックランド」とやらに売り飛ばされた「ミナミハンドウイルカ」は3年働いたわけですが、その解放から同じく3年経ったある日のこと…大学のイルカ研究チームが放たれた個体を発見。そして親子で過す様子を目撃したのです!あまりに感動的な内容に疑う声も多いようですが、素直に事実と信じたい話かと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です