貸したものがボロボロになって戻ってきたら弁償要求しますよね?

ペット可の賃貸住宅も需要に先駆けて少しずつ増えているみたいですが、気をつけるべきは子供でも知っている「借りたものはいずれ返す」道理。当然普通の賃貸よりも高額になるわけですから、有る程度ペットがいることの弊害が部屋に及んでも良いのでしょう。ただし何処までが許容されるかはその家主と契約内容次第。とりあえず契約書は良く読むようにって話ですね。聞いた話だと、家主や管理会社が変わることで、自動的に…というか知らぬうちにペット禁止になり契約違反にされていること。最初からペットOKの前提で住んでいると主張するならば証拠たる書類は絶対必須となるでしょうから、承諾済みとの証拠は残しておくこと。あとはペットに床や柱を傷つけられないよう、カーペット敷くなりダミーの柱やら磨ぎ器を用いるなど絶対に借り物を傷つけさせないように注意しましょう。これらは全部返す際に元の状態というのを理解していればトラブル回避も出来るでしょう。あと動物の習性と悪戯心を舐めないこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です