アイデアと人気動物のダブルパンチが無ければ大御所でさえ危機に陥る

経営のV字回復って聞くと、そのアルファベットの形柄、どん底まで急降下して不死鳥の様に復活するって印象なので関連するグラフを見ると案外平和そうに見えることって多いんですよね。下り坂って程ではありませんが、徐々に迫り来る下火の恐怖に対して劇的に回復したのが有名な大阪市天王寺動物園!24年辺りまでゆっくり昇っていったのが、25年でグラフを見ると入園者130万人位から…10万人は減ってますね。其処から26年には20万人くらいは伸ばしたかリカバリー開始!赤ちゃんホッキョクグマなどの人気がデカかったか?更に100周年イベントたる時間延長イベント「ナイトZOO」が功を奏したようで、更に伸びて27年度で160万人突破!遠くから来る人にとっては動物園の閉園時間に不満がある人も多いのでしょう。単純に楽しめる時間が増えたのは大きいです。その代わり、負担は笑えないことになりそうですが、先ずはお客さんが増えないことには始まりませんからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です