逃げた個体が恐怖や怒りを感じているならば捕獲当時よりも危険度は増加

新たに起こった事件の話ではなく、既に解決したことの追加情報ですけど、以前に休日の校舎にヒョウが侵入したってインドの件がありましたよね。専門家が数時間も要して怪我しながら5人がかりでようやくお縄にしたあれです。どうやらあのヒョウが再び旋風を巻き起こそうとしているのか、保護先である動物園から脱走してしまったそうなんです!しかも普通に鉄檻の棒を擦り抜けて…。これについては経緯は分かっていないそうですが、実際壊れていたか通れるほどの隙間が存在するつくりだったかの二択ですよね。ヒョウの立場では歩いて入った変な場所でひたすら二足歩行の変な奴等に追い掛け回された…って記憶しかないでしょう。このような事態を想定していない所為かこのバネルガッタ動物園には監視カメラはないので、行動の順も檻から先は一切分からず。さて壁があり通路と部屋が存在する校舎よりハードな追跡劇となりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です