真偽どうあれ溺れるほどの物凄い収益を得ている怪しさは拭えない

撮影や触れ合うことに多額の料金が必要なタイで有名な「タイガー・テンプル」。一応寺院のはずなんですけど、これによる収益が凄まじいのでテーマパーク側の観光施設になってますね。信仰心は何処へやら。まあ僧侶や院長などがどういう心持で日々過しているのか分かりませんけどね。しかしもう十数年も前から肖っているトラを虐待していたり更なる金儲けに悪用しているとの噂があるのです!尤も噂と言うより事実としてラオスのトラ繁殖場と裏取引していたことは発覚。ちなみに法律ぶっ千切り。環境保全スタッフならば種の繁殖でしょうけど、恐らく商業目当ての育て殺して部位を捌くロクデナシでしょう。ちなみに去年、特定の個体3頭に関して院長は「全てここにいる」とコメントしたそうですが、マイクロチップの関連で嘘が発覚。これらは「タイガー・テンプル・リポート」として去年末に世間に公表。まだ証拠が足りないのか、そろそろ政府に動いて貰う局面だと思いますけどね。人気高い観光スポットともなると動き難いのでしょうか?実際一つの意見を聞いただけなので自分の意見も偏りが生じて入るでしょう。ただサービスとしての収入の高さは、より強欲へと掻き立てる入り口に成り得るとは思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です