プロ数人が負傷する野生との対峙も休日が幸いし麻酔で捕獲成功

普通に歩いて飛び越えて侵入できる場所に猛獣がいること事態、狂気の沙汰と思ってしまう日本人ですけど、今回インドバンガロールの私立学校に恐らく「バナーガッタ国立公園」よりやって来たヒョウが一悶着起こしていたそうで大パニック!幸いと言うと被害がある時点で如何なものですけど、生徒は休日で校内に姿はなく、捕獲しようとした森林担当局者が6人ほど軽い怪我をしたそうです。面と向かって対峙して軽傷って言う手慣れさもビックリですけどね。経緯は神経すり減らす4時間もの攻防で、徐々にチームで追い込みようやく教室の隅へと位置を固定し麻酔銃でフィニッシュ。でもホント生徒が授業受けてる平日だったら普通に死人出ても不思議じゃない惨事でしたね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です