生物兵器は笑えるも人間演技で恐怖を伝える海獣決戦編

パニック映画の中に妙な実験生物ネタがありますよね!その中でも特に多いのがサメ系。先月日本で公開された「シャークトパスVS鯨狼」ってご存知ですか?既にサメの頭だけしか特徴が残ってませんけど、何やらシリーズ化してる「シャークトパス」という下半身がタコのサメを題材に描いたパートスリーだそうです!今回のヴァーサス系も実際「フレディVSジェイソン」のように戦いはするでしょうけど大半は人が怯え逃げ惑う物語に違いありません(適当)。それにしてもタコは人を触手で捕えてガブリって言うのでしょうが、シャチとオオカミって…早くて獰猛ってイメージを出したかったんですね。何やら2足歩行するみたいですが。ちなみにシャークトパス用の迎撃として放たれるそうですがその後普通に人類に止める手立てはあるのでしょうかね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です