当時活動不能までの蹴りを食らったワンちゃんズが今どうなっているか?

頭はスモール、ボディーはビッグ!そんなダチョウ脱走にして狩人が大怪我をしてしまう惨事が中国で起きてきたようです。と言っても2013年頃なのでだいぶ前の話ですけど、お騒がせなのは今も昔も変わらずに。何せ原因を作ったこのダチョウは野生でも動物園からでもなく、一市民のペットだったのです!驚異の脚力で突進でもしたのか、それとも小屋が老朽化したのかずさんだったか、ともあれ実際蹴りを食らうと洒落じゃすまなくなる類の疾走動物なので、市民も含めた捕獲劇になったそうです。そこで追跡したのが猟犬。しかし健闘虚しく…というか普通に攻撃されて洒落にならないダメージを追ってしまったとのこと。結局ヒト数人で押さえ込み(むしろ押し倒した?)何とか確保!そのタイミングで警察が登場したそうで、遅い!!脱走原因の真相は、単純に大きくなりすぎて予想よりもパワーが出すぎたことによる弊害のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です