あらすじは気になるもスプラッターものはちょっと勘弁

動物映画と言えば明るくホロリ要素を兼ねたものか、頑張りすぎのアクションモノ。いずれも愛らしさが飛びぬけてますが、何故か大ヒットしてしまった「ゾンビーバー」なるホラー映画をご存知でしょうか?腐肉っぽいイメージは当りながら、名前の後半たるビーバーは日本では海狸と呼ばれる齧歯目、ちょっとカピバラっぽいまあ巨大ネズミのようなものです。その映画が来るべき来年6日にDVDになってしまうらしく、とりあえず唖然。ストーリーとしてはトラックの積荷から汚染廃棄物が湖にダイブそして感染。近隣のキャンプ会での浴室に普通のビーバーが襲ってくるも返り討ちにするところまでは平和(?)だったようですが、そのビーバー既に突然変異中だったしく、死体としてリア充への復讐を始めてしまうのです。まあ一から十まで人間の所為なんですけどね。以前リスによって血塗れにされたひとがいるだけに、逃げない怯まない死なないってだけでもうどうしたことやら。自分も話だけ聞いたってだけの人間なので、オチは気になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です