使い過ぎると感動も自然さも麻痺していく禁忌レベルに進歩する科学

体外受精って聞くと色んな動物の分野で行われているって印象がありましたが、なんと犬はまだ未達成らしくアメリカの研究チームが見事それを成したとの発表が!普通に考えるとワンコなんてその辺に沢山いるでしょうからあまり素晴らしさは感じませんでしたが、他の哺乳類より別の繁殖サイクルとしての都合からの失敗していたという経緯はこれを突破したことで他の希少種を存続させられる道標でもあるようです。犬かどうかよりもより隙がなくなったことが重要なようですね。優れた技術はそれだけで種の未来を変えかねないものですけど、最終的には金儲けや血統書付き繁殖のために使われそうな感じです。まあ危惧種救えるようになれば、苦戦していた部分の費用や手間をカットできるでしょうから技術の進歩イコール経費削減になるんでしょうけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です