低給料に厳しい審査と不足に悩む割には茨の道

前にもありましたが、外見の勇敢さだけが警察犬じゃありません。茨城県警の嘱託警察犬になるべくトレーニングに励んでいたトイプードルの「アンズ」嬢がこの度小型犬として珍しい合格を受けたのです!ちなみに自分では漢字すら読めずに調べましたが、嘱託とは「しょたく」、仕事を依頼すること。嘱託警察犬としての意味は警察保有ではなく、飼育から訓練まで一般市民や民間施設、要は警察以外の人が所有し要請があると出動するワンちゃんのことです。臭い追跡とかありますからね。格闘面での能力も欲しいところですが、優秀な能力を全て詰め込むよりは得意ジャンル専門で欲したほうが都合もつきやすいのでしょう。猫の手を借りたいというより犬の手を借りたい状況ですね。ちなみに出動に対して給与があるのか完全にボランティアなのかも謎めいていたので軽く検索してみると、ご主人というより所有の訓練士には他の犬の訓練依頼もあるそうですが、年収は200万程度という特殊なお仕事に対して給料微妙。更に必須技術習得の為の時間が5~6年。見習いだとタダ働きというケースもあり。余程の正義感を愛犬と共に進みたいという気概がなければ無茶ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です