感受性次第で平凡なアクションすら議題になる

決してシンボル的なものではなくドリルは男のロマンと叫ばれ続けて幾星霜、穴掘り工具であるそれは先端に連れ一定の角度で激しく鋭利になっていく特撮ないしアニメでの印象が大部分を占めた人も数多くいます。萌え要素としてのドリルヘアーはお馴染みとして、段々血湧き肉躍るから離れてますけど最近動物が身体をブルルン高速回転させる姿が犬ドリルないし色んな動物が切削工具の様な名前で話題を集めることに!そして分かり易く貫通性ゼロ。なんか柴犬なんて海外じゃあ「shibe drill」とか…確かに可愛すぎるがどこまでボキャブラリー豊富なんだろ人類って。それが他に起こると嘴でより鋭く見えたり頭のみならず全身震度のハムハムなどどんな生き物が何時行動起こすか数多の飼い主がチャレンジしているやもしれません。とりあえず安易に水ぶっかけて全身振らせるなんて奇行に走る投稿者が出ないことを祈りましょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です