悪事を裁こうとも命の観点では何処にも正義など無い

アメリカ中部にあるサンマヌエルの飼育施設にいる10000匹のワニが大ピンチ!どうせ鰐皮系の飼育でしょうけど人間の都合で振り回された挙句、更にその尻拭いに餓死寸前まで追い詰められているそうです。何故そんなことになっているのかと言うと、所有者が麻薬密売人の助けをしていた…その告発により資金どころか資産全部が凍結状態になったわけです!ちなみにその行為とはマネーロンダリング。日本語で資金洗浄というヤッバイお金を彼方此方の口座に旅させまくって結局「お前何処から来たん?」「さあ?」って不正資金の痕跡を消すことを指します。あちらからお金そのものも利益として流れてるでしょうからね。確かにこりゃあ差し押さえですよ。しかし一般家庭で言うところの水も電気も止められしかも出口は開かない軟禁状態。どうしろと?もう全然元気もなくグッタリしてましたね。喉が微かに動いているのを除けば死んでいるみたいです。こういう時こそ保護団体に動いて欲しいところ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です