突然の珍客に姿見失う前にと奮闘する面々

今月9日千葉県にてたった1頭のシカの為に総勢30人前後の人間が奮闘する捕獲劇が起こったそうです。どうやら大網白里市は山もなくシカとはあまり縁のない地域だそうで、出没盛んな場所よりは手間取ったのでは?と思っていたら2メートルの雑草に遮られ目標を見失いながらの難攻状態だったそうで、発覚から捕獲まで何と7時間のお疲れ様。決め手は徐々に退路を狭めた上でロープを張った罠地点までの誘導。消防車の上から索敵しながらの放水も役には立ったでしょうが、中々頭が良いのか上手いようにはいかなかったそうです。今回の場所の様なたまたま見つからないような場所を通りながら随分遠くまで観光に来てしまったってところなのでしょう。関係ありませんが、一応タヌキなどの野生動物を見かけることはあるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です