ちょっと鼻を強制すればダンディズム薫る良い男

元々皺多く眉間寄り顎の長さがあるダンディーなゴリラ。頭部の形やお腹の膨らみをみると些か格好付かない印象は拭えませんけど、正面から見た元からの造形ながらこの大人の男性が描き出す卑しさの無いニヤリ顔!そんな彼ニシローランドゴリラのビンドン、勿論オスのプラスチック管状の遊び道具を使用する様子がバーテンダーのようだと人気急上昇中なのです!中身として好物の固形肥料がコロコロしてそれを取り出すためにあの手この手を観客に見せてくれるってわけですね。腹立たず尚且つ長時間踏ん張って貰うために難易度はハードモード設定のはずですが、彼は器用に振ることで手中に収めるわけです。その際に発揮されたワザこそリズミカルなイカした男のテクニック!腕の短さがあって尚、渋すぎる雰囲気に惚れこんでしまう…。ちなみに巧みと述べたように完食までに一日なんて待ってはくれないので一目拝もうとするならば昼間から来園なんてもってのほかです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です