感情出してもイヌにとっては臭いもない唯の物体

ペットを飼っていても自宅にいないときは触れ合いようもなし、けれど最近は携帯端末も随分豊かになってきたのでスマホやタブレットなどを介して交信を取ろうとする試みもあるようです。しかし一部のお嘆きの声として無視されたり聞えていないのかと思われるリアクションが多い所為か、犬に映像の中の飼い主が判別できるかのお題が載ったようです。まず根本的に個体差が出てしまうのは前提において、等身大の顔ではない…云わば画面サイズの都合が一つ。更に立体的には画面は平面なので身体がないわ臭いもしないときた。嗅覚受容体が人間より44倍も優れた彼らは生きていく上で嗅いはかなり重要視されているのです。相手を知り相手の目線で考えなければすれ違いが発生してしまうのは人と動物でも同じですね。なお犬限定かもしれませんけど、寂しがらせない方法として多少の努力で済む案がひとつ提示されてました。シンプルに外出&帰宅の際に派手に感情昂ぶらせないこと。むしろ感極まってしまうのは飼い主の方でしょうけど、特別なことじゃない当たり前に慣れさせるってことですかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です