トラブルと焦りと迫る開業を一つずつ解決に至り延期が決定

管理への手抜きに考えの甘さ、それに突き刺すように訪れたキリンの死と最後は偶然でも考えを見直す必要性が現れてしまった円山動物園のアフリカゾーン。本来ならばもう目と鼻の先たる10月オープンの予定でしたが、慎重さと安全性を第一にする形にすることで、次の夏まで待つこととなりそうです。輸送そのものも春頃から再開されるらしいので今回のトラブル続きに焦る必要もないでしょう。クマの件も獣医師増員し、シマウマの件から今回の延期の決定もありました。これでこの関連の騒動や話題も一端区切られることになるでしょう2度あることはなんて既に起きてしまった訳ですかね。既に完了しているブチハイエナ&ダチョウにハダカデバネズミ&ミーアキャットを加えたメンバーで一部区画のみ公開するそうで、完全に延期にはなっていないのはファンにとっては嬉しいところか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です