救った金魚を持ち帰るかが気になるところ

昔気になっていた金魚すくいの露呈営業終了後の姿。自分らが取っていった後にどうなるんだろうと思っていましたが、ひとつ気になる情報を発見。一面性でしかないので正解かは見た人の判断にお任せしますが、返品不可な生き物なので露天商は飼育できずに殆どを川に捨てることになるのです。自分も子供の頃に体験しては下手糞ゆえに1匹たりとも自力で捕まえたことはありませんでしたが、大体気前良く1匹はプレゼントしてくれるんですよね。今月頭頃に行った祭りだと失敗しても3匹とか看板にある店も見かけました。ある意味店の本当の意味は「金魚救い」なのかもしれませんね。ちなみに奈良県大和郡山市では金魚の産地と呼ばれていることから大会が開かれているそうです。3分制限中に網が破れるまでって二桁行く時点で自分には縁遠いワザの世界なんだな~と遠い目をさせられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です