仮に動物が生存したなら次は人体実験になるか

漢字二文字に市が付いただけでなんか日本の知らない場所って気も無知な自分では思ってしまいますが、天津市は中国の領土。その場所で行われたとある実験にツッコミどころと虐待意見が滲み出ているのです。内容は爆発区域内における住居の確保といったところか。人が住めるかどうかを檻に入れた動物を放置することで試すという実験で、色んな種をそれぞれの檻に入れて設置。それほど大きくないことから爆発の影響に対し、生物に害は無いかって事でしょうが、微弱な毒程度だと長年暮らしてじっくり蓄積されるってものもあるでしょうから、これが専門家が進言した方法だというと思わずこめかみを押えてしまいます。ちなみに12日頃発生の大爆発ですから残骸撤去や人的問題の全てが片付くほど長い時間は経過していません。なのにもう土地確保が先なんてゲームしてる子供のミスプレイ見てる気分になります。「ああ、このままじゃゲームオーバー」だと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です