食われたから仕返しに鍋はある意味正統な報復

雲南の村のニワトリを捕食する驚異が出現!って単にオオカミに食い荒らされたってだけですけど、住むミャオ族の怒りや浸透していたのかターゲットの2頭を5~60人の住人がチェイス!積極的に襲ってくる印象あったんですけど怒号にビビッて逃走したそうです。その内1頭は逃がすも片割れが隠れている頃を尻尾丸見えの状態で見つけた住民が撲殺!体重22キロ超なので結構のサイズとして本気で牙剥かれたら大変だったでしょうに、食い物に困っていたのか闘争心が弱っていたって印象です。しかし恨んで殺してもニワトリたちが蘇るわけでもなし。取り合えず毛皮とって煮物になったそうな。かなり何時も予測できる結末を与えてくれますけど、一応食事に加わったのは半数程度で病気なんかも気にしてるんでしょうかね?良きお味だったらしく決して食したいわけではなくも犬との差が如何程なものかはきになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です