大人しくつぶらな眼差しでも捕食面では最高峰

河津町浜にあるご存知名の通りの「izoo」にガボンアダーと言うアメリカ産スネークの展示を開始したようです!枯葉に混じっているとまず見分けがつかないであろうこの擬態ボディーの素晴らしさは体がやや平べったいのも理由の一つじゃないでしょうか。さてこの展示に対する面白さはまさにその隠れてしまうメリットそのもので、実際の環境次第なので難度は量れなくもどの変に同化してるか探すのはプチ困難か。潜んでいる特長ばかりでしたが彼の最大のマニア垂涎たるカテゴリは毒蛇キングだということ!所以は毒素そのものの治療なくして現世に留まる理由なし。そして恐怖の蛇類で最も長い凶牙の…口閉じてると何処に入ってるんだろうと思わされる最大級で5cmサイズの獲物を持っていることです。周囲に溶け込み接近し肉深くまで食い込むお口はとんでもない驚異!まあすっぽり入ってしまえば丸呑みしちゃうんでしょうけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です