愛する家族の危機ならまだマシでも野良はどうなるか

権利と署名で動物に対して大盛り上がりの米国にて愛犬家を嘆きのどん底へと叩き落すであろう犬ばかりのインフルエンザが1000匹以上に大流行してしまったようです。確認時期は4月で先月においても10匹単位で感染するなどかなりの猛威。原因のウイルスの名称は数字とアルファベットのみなので2種類とだけ伝えておきますが、人間の影響は今現在なくとも猫に感染するのは確定事項らしいので人手の足りなさはかなりのもの。ただし発症しなかったり死ぬほどヤバイケースは稀なのでまだ救いはあるようです。片や中国&タイで横行してたタイプらしいので旅行者が持ち込んだって可能性が高いか?こちらはワクチンが無いらしく、如何に軽度の風邪に近い症状でも長引き過ぎるとどの様な悪化に至るか想像もできないので怖いところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です