米国 一覧

米ディズニー、フォックス買収で正式合意!

ついに、ディズニーが数多くのヒット作を生み出してきたフォックスを買収!このニュースに喜んでいる映画ファンはかなり多いことと思います。なぜなら、これにより今まで映画業界では分裂状態だったマーベル作品の『X-MEN』や『デッドププール』が一緒になり、今後は『アベンジャーズ』にウルヴァリンやデッドプールなどのキャラクターが登場することになるかもしれません。しかし、これら強力なラインナップの頂点に君臨するのは「ハハッ」という鼻に付く笑い方が特徴的なネズミというのが恐ろしい。魔法の力で稼いだディズニーの財力は想像を絶する凄さのようですね。あっ、ちなみに『X-MEN』や『デッドププール』だけでなく『ファンタスティック・フォー』もアベンジャーズのメンバーに加わるかも知れませんが世界中で大コケしたためあまり需要が無いかもしれません。

ウォルト・ディズニー・カンパニーが14日(現地時間)、21世紀フォックスを買収することで正式な合意に達したことを公式サイトで発表した。これにより、ハリウッドは大きな変化を迎えそうだ。

ディズニーによる買収総額(債務引き受けを含む)は、およそ661億ドル(約7兆2,710億円、1ドル110円計算)で、『タイタニック』『エイリアン』などヒット作を生み出してきた映画製作会社20世紀フォックスをはじめ、テレビ番組制作会社、ナショナルジオグラフィックやFXといったケーブルテレビ局などを手に入れることとなった。

また、『デッドプール』などを含む『X-MEN』シリーズや、現在続編シリーズが製作されている『アバター』、テレビアニメ「ザ・シンプソンズ」といった人気作品の所有権もディズニーへと移行する。ディズニーはNetflixなどに対抗できるような、ストリーミングサービスを2019年よりスタートさせる予定であり、そのコンテンツの充実を目指していることが今回の買収の背景の一つにある。

会長兼最高経営責任者(CEO)のボブ・アイガー氏は「21世紀フォックスの素晴らしいコレクションを買収することは、これまで以上に魅力的でアクセスしやすく、便利で豊かなエンターテインメント体験に対する消費者の需要の高まりを反映しています。(21世紀フォックスのCEO)ルパート・マードックが、生涯にわたって築いてきたビジネスの未来を私たちに任せてくれたことを光栄に思います。また、私たちが消費者への直接的なサービスを提供するためにも、多くの人に愛されているフランチャイズとブランドコンテンツが大幅に増える、この素晴らしい機会に興奮しています。今回の買収により、世界中の主要市場でより多くの消費者にワールドクラスのストーリーテリングと革新的な流通プラットフォームを提供できるようになります」と語った。

一方のルパート氏は「私たちは21世紀フォックスで築いてきたすべてをとても誇りに思っています。ディズニーとのこの合併は、新生ディズニーが刺激的でダイナミックなこの業界でが先導を切り続けることで、株主にとってより価値のあるものになると思っています」と合意に至った思いを述べた。また、アイガー氏は、21世紀フォックスとディズニーの双方の要請により、2021年末までウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼CEOを続けることに同意。ルパート氏は「ボブ・アイガーのリーダーシップの下で、この2社のコンビネーションは、世界における偉大な企業の一つになると確信しています。私はボブがとどまることに同意してくれたことに感謝すると同時に勇気づけられましたし、他に勝ることはないこのチームで成功することを約束します」とディズニーへの信頼もうかがわせた。

ディズニーは2006年にピクサーを、2009年にマーベルを、2012年にルーカス・フィルムを買収して大成功を収めている。(編集部・石神恵美子)


ルイ・ヴィトンのカバンを“便器”に、お値段は…

フランスの高級ブランド「ルイ・ヴィトン」の鞄やスーツケースに使用された皮を贅沢に使った便器が発売!?これは、公式によって正式に製作されたものではなく、米国で活動しているアーティストが170万円分のルイ・ヴィトンの製品を使って作った作品のようです。なお、価格はおよそ1,128万円で販売するとの事ですが、驚くことに買いたいと名乗り出ている人がたくさんいるとのことです。えっ!本当ですか!?話題にするための嘘だと思いたいですが、世の中には変わった人がたくさんいますから、大金を支払ってこのような特注品を買いたいと言う人が本気で存在するのかもしれません。しかし、写真を見る限りだと結構ガタガタで精巧な作りとはとても言えないようなクオリティに見えますが、実物を見たら少しは印象が変わるものなのでしょうか?

スーツケースを含む24個のルイ・ヴィトンのカバンでできた“便器”が、およそ1,128万円で販売されている。

米ロサンゼルスを拠点に活動しているアーティスト、イルマ・ゴアが作り出したのは、ルイ・ヴィトンのカバンでできた豪華なトイレ。170万円近くを原材料のために使い、3か月かけて制作したという。

現在はカリフォルニアのショールームに展示しつつ、販売サイトで10万ドルの値段をつけて買い手を待っているが、すでに購入したいという人の申し出が多数あるとのこと。

ネットでは「なんて悪趣味な」「それでも買う人はいるだろう」「むしろルイ・ヴィトンが売り出していない方が不思議だ」「トイレと一緒の鞄を持ちたくはないな」「掃除はどうするのだろう」「掃除なんてしないよ。新しいのをまた買うんだよ」といった様々な反応が寄せられている。


<米テキサス乱射>「地獄だった」日曜礼拝、惨劇の場に

およそ一ヶ月前となる10月1日にアメリカのラスベガスで銃乱射事件が発生したばかりですが、現地時間の11月5日にテキサス州の日曜礼拝の教会にて銃乱射事件が発生してしまったとのことです。この事件にて26人が死亡するという最悪な結果になってしまいました。二ヶ月連続で凶悪な銃乱射事件が発生したにも関わらず、アメリカで銃の規制が厳しくなることはないのでしょうか?全米ライフル協会は自分の身を守るために銃が必要と主張していますが、全米ライフル協会のメンバーは教会に祈りを捧げに行く時に銃を携帯するつもりなのでしょうか?誰でも簡単に銃を持つことができるアメリカでは、明らかに身を守るためではなく誰かの命を奪うことに使われることが多いですよね。警察や軍隊だけが銃を持てるようにした方が、絶対に今より治安は良くなると思いますけどね。

「人々が血まみれで叫び声を上げ、地獄だった」。米南部テキサス州で起きた乱射事件は、日曜礼拝の教会を惨劇の場に変えた。州内の乱射事件として史上最悪の26人が死亡。10月には西部ネバダ州ラスベガスで58人が死亡する乱射事件が起きたばかり。抜本的な銃規制が進まない中、また銃による悲劇が起きた。

事件はテキサス州サンアントニオの南東約50キロにある人口約650人のサザーランドスプリングスで起きた。教会のフェイスブックにはハロウィーンの仮装とみられる衣装を着た白人の子供たちの写真が投稿されている。

小さな町で「みんなが顔見知り」だという。アリーナ・ベルランガさんはAP通信に「人々のつながりが密接で、誰もが事件の影響を受けるだろう」と語った。ジョセフ・シルバさん(49)はヒューストン・クロニクル紙に「町にはガソリンスタンドが一つと郵便局があるだけだ」と明かし、「人々は泣いていて、愛する人に何が起きたか知りたがっていた」と語った。

事件当時、教会には約50人がいたとみられる。ガソリンスタンドの店員はCNNに「午前11時半ごろ発砲音が20発以上聞こえた」と明かした。幼い子どもも被害に遭った。サンディー・ワードさんは同紙に、3人の孫が撃たれ、このうちの5歳児には4発も撃ち込まれ手術を受けていると明かした。

捜査当局によると、近くのガソリンスタンドで、午前11時20分ごろ、黒装束をまとった容疑者の男が目撃されていた。男が教会でライフルを乱射後に外に出た時、住民の1人が自分のライフルを持って立ち向かったため、男はライフルを落として逃走した。

訪日中のトランプ米大統領は6日早朝、乱射事件についてツイッターに投稿したが、銃規制については触れなかった。米議会ではラスベガスの乱射事件を受けて殺傷力を高める装置の規制を求める法案が出されたが、進展していない。


ニューヨークを牛が疾走!屠殺場から逃走

誰だって自分の命に危険が迫っていることを察すれば全力で逃げます。それは、牛だって同じです。人間に食べられるためによって育てられ殺される運命の家畜。私も、普段から牛肉を美味しくいただいているため屠殺場で働く人に感謝することはあっても、批判をするつもりなんて全くありません。しかし、こういうニュースを聞くと何だか切ない気持ちになってしまいますね。ご飯をいただく時は、家畜に限らず感謝を忘れてはいけないと改めて強く思いました。

ニューヨーク、ブルックリンにある屠殺場から雄牛1頭が逃げ出し、公園内を疾走する珍事が起こった。12日、逃げ出した雄牛は子供一人にケガを負わせ、2時間半の逃走劇の末に捕らえられた。海外メディアFOXニュースが伝えた。

雄牛が逃げ出した屠殺場は未だ特定されていないという。New York Daily紙によると、雄牛は11時ごろにプロスペクトパークの南側へと走りぬけ、その途中でベビーカーを倒し、中にいた1歳の女児にケガを負わせた。

その時公園にいたアレクシス・スモールは「息子のカムレンと一緒にいるところを、牛が公園から飛び出してきて、赤ちゃんの上を駆け抜けて行きました」「赤ちゃんのお母さんはただ泣いていて、赤ちゃんを鎮めようとしていました。その辛さは想像できません」と語った。

警察官は13時半頃に雄牛を捕獲し、NYPDのトラックに乗せ移送した。その後雄牛はニュージャージー州のウォンテージにある動物保護施設に運ばれたという。WABC‐TVによると、同施設でその雄牛は「シャンカル」と名付けられたそうだ。


18年間暮らした「母」は誘拐犯だった 連れ去られた赤ちゃんが口にした愛の言葉

18年間一緒に暮らした母だと思っていた女性は、実は生まれたばかりの自分を誘拐した犯人だった…そんな映画や小説のような衝撃的なニュースが米国で報じられました。18年前に誘拐された自分の娘が発見され喜ぶ実の両親ですが、憎むべき誘拐犯に向かって実の娘が「愛しているよ、ママ」という言葉を上げかけたという事実を知り何を思ったのか?想像するだけでとても切なくやるせない気持ちにさせられます。また、長い間一緒に生活し物心がついた時からずっと本当の母親だと信じていた女性が、実は誘拐犯だったという事実を突きつけられたとき娘は何を思ったのか?本当に何とも言えない気持ちになってしまいます。犯人は、何を思い誘拐し自分が母親だと嘘をついて育て続けたのか?誘拐犯によって不幸にされてしまった親子だけでなく、誘拐犯の動機も気になる事件です。

それにしても、事件解決に結びついたのは「誘拐発生日と同じ誕生日の女の子がサウスカロライナ州に住んでいる」という通報がきっかけであったことに驚きます。米国だけでも全く同じ日に生まれた女の子なんてたくさんいるはずなのによく通報する気になりましたよね。日頃から何か不審に思うような点でもあったのかもしれません。ところで、「hulu」にて配信されている『サーティーン/13誘拐事件のファイル』という海外ドラマを見たことがあり、13年前に誘拐された女の子のアイビーが突然発見され家族のもとに帰ってくるという内容のサスペンス作品なのですが、終始イライラする内容な上に驚くほどつまらない結末だったことをふと思い出しました。序盤は面白かったのに、全5話が長く感じるレベルに退屈でした。

奇跡の発見に喜ぶ「実の親」。しかし、彼女が今後、どこで暮らすかは、決まっていない。

米フロリダ州の病院で生後直後に誘拐され、行方不明だった新生児が18年ぶりに見つかった。

18年間もの長い間、行方不明になっていたのは、カミヤ・モブリーさん。

モブリーさんは、米フロリダ州ジャクソンビルの病院で1998年7月、出生から8時間後に、看護師を装った女性に連れ去られた。

地元テレビ局ファースト・コースト・ニュースによると、犯人は実の母親に「熱があるので、検査が必要」と話しかけ、生まれたばかりのモブリーさんを奪っていったという。

病室の近くに設置された監視カメラは、事件発生当時、故障していた。また病院内にあった他の監視カメラにも、犯人の姿をはっきりと捉えた映像はなかった。

警察は、わずかな情報を手がかりに捜索を続けたが、犯人を特定できなかった。

事件が進展したのは、2015年。誘拐発生日と同じ誕生日の女の子が、サウスカロライナ州に住んでいる、との情報が当局に寄せられた。

警察はその後、モブリーさんの身元登録に、偽造文書が使われていた事実を発見。1月12日にDNA鑑定を実施し、行方不明となっていた新生児と、モブリーさんが同一人物だと特定した。

容疑者に「愛してるよ、ママ」

連れ去られたモブリーさんは、病院の北約280キロに位置するサウスカロライナ州ウォルターボロで成長した。

DNA鑑定後、「育ての親」の女性グロリア・ウィリアムズ容疑者(51)は、誘拐容疑などで逮捕された。

モブリーさんは18年間、ウィリアムズ容疑者を「実の母親」と信じ続けていた。近所の住民も、モブリーさんとウィリアムズ容疑者が、普通の親子であると疑わなかったようだ。

警察に拘置されたウィリアム容疑者と再会したモブリーさんは、「愛してるよ、ママ」と、涙ながらに話しかけたという。

CNNによると、実の母親は、モブリーさんを身ごもった当時、15歳だった。実の父親は出産当時、拘置所に収監されていたという。

モブリーさんは1月14日、サウスカロライナ州の警察署で、実の両親と再会した。

フロリダ州から駆け付けた実の父親クレイグ・アイケンさんは、「再会は素晴らしいものだった。感情を言葉で表現できない」と話し、喜びを噛み締めた。

しかし、モブリーさんが今後、実の両親と一緒に暮らすかは、定かではない。成長したモブリーさん自身が、今後の居住地を決める権利を有しているからだ。


星条旗に放尿する動画をSNSに投稿した女性 批判殺到で殺害予告を受ける羽目に

一体何を考えているのか理解に苦しみますが、米国に住む女性が星条旗に放尿する動画をネットに投稿し瞬く間に大炎上!慌てた女性は、動画を消すばかりかFacebookのアカウントも削除したものの米国民の怒りは全く収まらず、削除した動画は完全に消えることなく拡散され続けついには殺害予告までされる事態に発展してしまっているようです。しかし、はっきり言って完全なる自業自得であるため全く同情できません。国旗を侮辱するという事は、その国そのものだけでなくその国に住む全員を侮辱するのと同じ意味ですから簡単に許されることではありません。この女性は、「表現の自由は他人に害を与えない以上、私の望むまま行動することができる」と強気な発言をしていたようですが、いかに自分が浅はかで愚かな人間あるかを理解し後悔と反省をしていることでしょう。表現の自由というのは、自分の行いに責任を持てる人間だけだけが行使できる権利だと思います。もし、未だに自分は悪くないと思っているなら、もうどうしようもないですね。ところで、日本の国旗を当たり前のように侮辱し続ける国が日本のお隣にありましたね。この女性も、あの愚かな民族と同レベルだったのかもしれません。あの民族と同じレベルだなんて私なら本気で自殺を考えるレベルです。

【簡単に説明すると】
・星条旗に放尿する動画をネットに投稿
・批判殺到で殺害予告まで
・Facebookアカウントを削除するが動画は既に拡散

女性がアメリカの国旗である星条旗に放尿する動画をSNSに投稿したとして大炎上している。

女性はトイレに星条旗を持って行き、そこで下半身を露出し星条旗に対して放尿。その様子を動画撮影し自身のFacebookアカウントに投稿した。星条旗はおしっこをかけられ、そのまま便器の中に落ちるというもの。

投稿したのはアメリカペンシルベニア州フィラデルフィア在住のエミリー・ランス(Emily Lance)という女性。

このFacebookに投稿した動画は瞬く間に拡散し、女性は多くの人から殺害予告まで受ける羽目となった。

エミリーは「表現の自由は他人に害を与えない以上、私の望むまま行動することができる」と発言した。また批判している人に対して、表現の自由を妨害していると反論までした。

しかしその後エミリーはFacebookアカウントを削除。そのときには既に手遅れで動画は多くのメディアに拡散してしまっていた。

動画は自己責任でご覧ください
//youtu.be/ZYr6MQB5mM4


2000日連続でディズニーランド通う、米男性が大記録達成

ディズニーランドは、世界中の人々を魅了するテーマパークであり、年間パスを持っているという人もかなり多いと思います。しかし、さすがに2000日も連続で通ったという究極の暇人…じゃなかった熱狂的なファンは世界でただ一人ではないでしょうか!?でも、仕事終わりに寄れる距離にディズニーランドがあるのは本当に羨ましいですね。ただ、自分がもし浦安駅周辺に住んでいたとしても、さすがに毎日は東京ディズニーリゾートには行かないですね。平日でも人でごった返しているらしいですからね。ディズニーは大好きだけど人混みが苦手で大嫌いな私は、たとえ賞金が出るようなことになってもこの記録を達成することはできそうにありません。いくら大好きなものでも2000日も毎日連続なのは相当キツイです。

米カリフォルニア(California)州の男性が22日、2000日連続で同州アナハイム(Anaheim)のディズニーランド・リゾート(Disneyland Resort)を訪れ、話題となっている。

熱心に通い詰めるファンが世界中にたくさんいることで知られるディズニーランドだが、その中でも偉大といえる記録を達成したのは、カリフォルニア州ハンティントンビーチ(Huntington Beach)在住のジェフ・リーツ(Jeff Reitz)さん。40代の空軍退役軍人だ。

ディズニーランド・リゾートの年間パス保持者のリーツさんは2012年1月1日から毎日ディズニーランドを訪れ、22日に連続2000日の記録を打ち立てた。

ディズニーランド・リゾート広報のジョン・マクリントック(John McClintock)氏は、リーツさんについて「私たちの多くが知っているのは、彼はディズニーランドが大好きということだ」と述べた。ここまでディズニーランドに夢中になってくれたファンは初めてだという。

マクリントック氏によると、リーツさんにディズニーランドの好きなところを尋ねたところ「全てのショーと全てのアトラクションだと教えてくれた。特に、園内の音楽を聞くのがとても好きだと言っていた」という。「たぶん、リラックスできるのだろう」

リーツさんはいつも仕事上がりに同園を訪れ、数時間楽しんでいたそうだ。時にはガールフレンドを伴うこともあったという。【翻訳編集】 AFPBB News