人気格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』がSteamにて12月10日より配信開始

guiltygearxrd_signアークシステムワークスは、同社が開発を手掛ける人気の格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』を始め、『MELTY BLOOD Actress Again Current Code』や『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND』などを含んだ人気の5タイトルをSteamにて2016年夏までに順次配信していくことを発表しました。なお、『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』は12月10日より配信が開始されます。

今回、アークシステムワークスより2016年夏までにSteamで配信されると発表された5タイトルは、『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』、『MELTY BLOOD Actress Again Current Code』、『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late』、『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 ~オールスタースペシャル』、『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND』です。なお、このタイトル群の中で一番人気だと思われる『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』は12月10日より早速配信が開始されます。また、日本からは購入できない”おま国”なのではと不安に思ってしまうユーザーもたくさんいると思いますが、アークシステムワークスはどこかの企業とは違い日本人に購入させなかったり、日本語をわざわざ削除するといった小細工はしておらず、すでに公開されているSteamのストアページを見ても、しっかりと日本語のインターフェース、日本語字幕や日本語吹き替えに完全対応していることが確認できます。

なお、本作の購入特典として「GUILTY GEAR」シリーズの人気曲が収録されたサウンドトラック「VOCAL COLLECTION」が同梱配信され、さらにアーケード版のオープニング曲として使用されていた「Wanna be Crazy」が早期購入特典として期間限定で無料配信されます。※「Wanna be Crazy(Vocal:Naoki Hashimoto)」の無料配信期間は日本時間の2016年1月12日までのようです。また、期間後は入手不可能になりますので欲しい方はお早めに!

guiltygearxrd_sign_001

『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』は、1988年から続く人気の格闘ゲーム「ギルティギア」シリーズの新作であり、新世代のアニメーションと洗練されたバトルシステムが魅力の2D対戦格闘ゲームです。本作は、2014年2月20日よりアーケードで稼動を開始し、2014年12月4日にはPS4/PS3に移植されました。また、2015年8月25日には人気キャラクターの「ジョニー」と「蔵土縁紗夢」を追加したアップデート版となる『GUILTYGEAR Xrd -REVELATOR-』(ギルティギア イグザード レベレーター) がアーケードで稼動を開始しています。

本作には、多彩なゲームモードを搭載されており、基本の操作を学べる「TUTORIAL」、イラストやBGMを堪能できる「GALLERY」、無限にやり込める「M.O.M」、壮大な物語が楽しめる「STORY」などが存在します。滑らかで美しいアニメーションで動くプレイアブルキャラクターは総勢17人、主人公の「ソル」やそのライバルの「カイ」といったシリーズでお馴染みのキャラクターや、本作から新たに参戦する「シン」や「エルフォルテ」などの新キャラクターもいます。当然、オンライン対戦にも対応しておりランキングに影響を与える「ランクマッチ」や、ランキングを気にせず対戦を楽しめる「プレイヤーマッチ」のほかに、対戦ルームに入室することで観戦を楽しむことが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加