ループする世界からの脱出を目指す『Garbage Day』のリリース日が2016年1月19日に決定

GarbageDayインディーデベロッパーのSvajunas Zemaitis氏は、自身が開発を手掛けるオープンワールドのアドベンチャーゲーム『Garbage Day』のリリース日が、2016年1月19日に決定したことを発表しました。本作は、同じ日が何度も繰り返されるループ世界からの脱出を目指す一人称視点のアドベンチャーであり、2015年4月20日にはSteamのGreenlightに登録され見事Greenlitに選ばれました。

『Garbage Day』は、郊外のとある田舎町を舞台に、原子力発電所に勤務する主人公がある日原子力発電所で発生したメルトダウンに巻き込まれ、同じ一日が何度もループしてしまう奇妙な世界へと迷い込んでしまう。そして、そんなループの世界から抜け出すため町中を探索しながらヒントを探し、なぜ事故は起きたのか、何をすれば元の世界に戻れるのかその謎を解き明かしていく一人称視点のアドベンチャーゲームです。プレイヤーは、その一日を自由に過ごすことが可能で、ゲームクリアのためにひたすらヒントを探す日もあれば、どうせ次の日が訪れることなく今日が何度もループするならばと犯罪の限りを尽くしても問題ありません。主人公を始めとするキャラクターやオブジェクトのグラフィックは、3D格闘ゲームの元祖である初代『バーチャファイター』を彷彿とさせるような無機質で荒いポリゴンで描かれていますが、それがこのループする奇妙な世界を不気味に演出しています。車に乗ってドライブしたり、あらゆる建物に侵入し探索したり、他のキャラクターに危害を加えることも可能です。また、自殺を図ろうと高い場所から飛び降りると画面が大量の出血によって真っ赤に染まるが、次の瞬間には自宅のベッドの上で何事も無かったかのよう起き上がることになります。果たして、あなたはこの世界の謎を解き明かし、ループする世界から無事に抜け出すことができるだろうか?本作は、2016年1月19日より配信が開始されます。なお、価格は9.99ドルから19.99ドルの間を予定していると、フォーラムにて開発者のSvajunas Zemaitis氏がコメントしています。

GarbageDay001 GarbageDay002
GarbageDay003 GarbageDay004

  • このエントリーをはてなブックマークに追加