Steamサマーセールにて現在500円以下で購入できるゲーム売り上げTOP20(10位→1位)

steamlogo前回の記事に引き続き、Steamの「モンスターサマーセール」最終日の特別企画としまして、現在500円以下で購入できるゲームの売り上げTOP20をお送りしています。やはり、アンコールセールの対象になっているタイトルが多かった20位から11位でしたが、果たしてTOP10はどういったラインナップになっているのか早速見ていきましょう。

第10位:Transistor\1,980\49575%OFF

Transistor

Bastion』を開発したクリエイターによる最新作です。本作は、SFを舞台にしたアクションRPGとストラテジーを融合したようなゲームシステムであり、Bastionからさらに進化させた美しい絵画調のグラフィックで描かれた未来都市を冒険します。ストラテジーの戦略性の高さとアクションの爽快感をシームレスに見事に融合させることに成功しています。そして、それにRPGのキャラクターを成長させる楽しみが加わり独自の面白さを提供しています。日本語にもアップデートにより対応しています。ただ、Bastionと同様に物語が分かりづらく何も説明がなされないままチュートリアルが始まり、そのまま本編へと接続されていきます。そのため、今自分がどのような状況に置かれているのかが把握できず少々置いてけぼりを食らう感覚に陥ってしまうかもしれません。しかし、それ以上にサイバーパンクのような世界観とそれにマッチした音楽が心地よく、最後まで飽きることなく楽しめました。ゲームそのものよりも音楽や世界観の印象が強く、俗に言う雰囲気ゲームに近い出来かもしれません。

第09位:Insurgency\1,480\37075%OFF

Insurgency

音響と臨場感に力を入れたリアル系のFPS(ファーストパーソン・シューティング)です。銃を発砲したときの音や銃弾が遮蔽物に当たったときの音がかなりリアルなので、物陰に完全に隠れているため銃で狙われても安全なはずなのに思わずビクッとしてしまうなんて状況もあり緊張感が半端無いです。ただ、FPSの一番の楽しみでもあるマルチプレイに人があまりいないため少々物足りなさが残ってしまうかもしれません。特に、日本人が少ないのが残念です。そのため、ガッツリFPSを楽しみたいという時にはあまり薦められませんが、今回のセール時などかなり安く買える場合はオススメです。ちょっとリアル系のFPSで遊びたいなと思った時のために一本持って置いても損は無いでしょう。また、CPUが強いためCo-opモードでも意外と歯応えがあって楽しめます。さらに、この順位にいるということは売れている証拠なので、もしかしたら現在は過疎は解消されてオンラインも賑わっているのかもしれません。

第08位:BattleBlock Theater®\1,480\14890%OFF

BattleBlock

この値段なら間違いなく買い!可愛いキャラクターたちが、あらゆるギミックを操作しながら謎解きをしてステージクリアを目指す2Dアクションゲームです。操作も非常にシンプルで、2段ジャンプやオブジェクトの移動など行えるアクションは限られているのですぐに覚えられます。また、謎解きも難しすぎず、だからといって簡単でもない丁度良い難易度になっていると思います。しかし、コンプリートを目指す場合は難易度が跳ね上がってなかなかの歯応えになり意外と苦しまされるかもしれません。さらに、このゲームの真価が発揮されるのがフレンドとの協力プレイ時ですので、私みたいなぼっちプレイヤーにとっては少し厳しいのが玉に瑕です。それでも、ペットボトルのジュース一本分の値段で買える今ならオススメです。

第07位:The Witcher 2: Assassins of Kings\1,980\29785%OFF

witcher2

2015年5月18日に発売された『The Witcher® 3: Wild Hunt』の前作にあたる本作。最新作がかなり人気で売れているため、その影響で本作も注目されまた売れているのかもしれません。ストーリーもシリーズを通して続いているので、最新作を始める前の予習として買う方や、最新作をプレイ済みの方がストーリーの補完のために買ったりしているのでしょう。この値段なら、RPGが好きな方には間違いなくオススメできる作品です。スキルツリーが豊富なので試行錯誤しながら自分好みに育てたり、NPCの会話中などの選択肢や行動で物語が大きく変化するのもとても楽しいです。また、嬉しいことに公式で日本語がサポートされ日本語化MODを導入する必要がなくなりました。

第06位:Castle Crashers\1,480\14890%OFF

CastleCrashers

第08位にランクインした『BattleBlock Theater®』と同じThe Behemothが開発した、最大4人まで同時プレイが可能な「ファイナルファイト」や「くにおくん」みたいなベルトスクロールアクションです。可愛らしいイラストのグラフィックが特徴的で、レベルを上げながら好きなステータスを上げてキャラクターを成長させられます。また、最初から選べる4人のキャラクター以外にもゲームを進めていくうちに25体以上の個性的なキャラクターが次々とアンロックされ使用できます。武器の種類も豊富で、好きな武器とキャラクターを使ってお姫様を救出しよう。日本語にも対応しているのでストーリーもばっちり楽しめます。ただし、協力プレイを楽しむ際は一つだけご注意ください。各ステージのボスを倒した後に突然始まる仲間同士で繰り広げられるバトル。勝っても負けても特に意味はありませんが、なぜか白熱してしまいます。協力するべき仲間もその時だけは全員敵なので本気でやっちゃいましょう。

第05位:Left 4 Dead 2\1,980\39680%OFF

l4d2

Steamを代表するゾンビゲームと言えばこれ!4人協力プレイで全員無事にゾンビから逃げ切ることを目的としたFPSゲームです。未だに、世界中のたくさんのプレイヤーが遊んでいるため一緒に遊ぶ相手に全く困りません。完全な初心者がいきなりオンラインに接続してCo-opモードを遊んでも問題なく楽しめます。その際は、単独行動はせず味方の後を付いて行くようにしましょう。たとえ、イージーでも一人になってしまったらゾンビたちの餌食となってしまいます。また、間違って味方を撃ってしまわないように慎重にゾンビを狙うことも忘れずに。設定によっては味方に攻撃が当たってしまいます。それさえ気をつければ、あとは存分にこのゾンビだらけの地獄のような世界を楽しんでください。ただし、間違っても対戦モードだけは選択しないように気をつけましょう。あそこは、魔物が潜む巣窟です。いくらFPSの腕に自信がある方でもあそこに乗り込んだらエライ目に合ってしまうはずです。

第04位:Banished\1,980\49575%OFF

Banished

村を追い出された”Banished(追放者)”たちを導いて新たな村を作り生存させ、村人を増やしながら村を発展させていくシミュレーションゲームです。限られた人員にそれぞれ役目を与えなくてはいけないのですが、意外とやるべきことが多く村人が数人しかいない序盤は特に大忙しになってしまいます。生き残るために必要不可欠な食料の確保のほかに、いろいろな建造物や道具を作るために必要な木材を集めるため木々を伐採したり、その木材を使って住むための家や食料や木材を保存しておく倉庫を建てたり、どれがより重要なのか優先順位をしっかりと考えて行動しないといけません。また、冬が来てしまう前にしっかりと食料を確保しておかないと、冬はあまり食料が獲れないので村人達はすぐに餓死してしまいます。また、暖を取るために必要な薪や石炭も準備しておかないと凍死してしまいます。越冬に成功しある程度村が大きくなれば、村人の数が増えて人員にも余裕が出来るのでだいぶ楽になります。当然、村人達は歳を取るので病気や老衰で亡くなってしまうこともあります。特に、最終目的があるわけではないのである程度村が大きくなり安定したあとは、また新たな村を一から作ることになると思います。しかし、これが意外と面白くいくつもの村を飽きるまで作ってしまいます。

第03位:Age of Empires® III: Complete Collection\3,980\43689%OFF

AgeofEmpires3

18位にランクインした『Age of Empires II HD』の続編です。中世から近世までの時代の移り変わりをテーマにしたRTS(リアルタイムストラテジー)です。ゲーム序盤は、木々を伐採して木材の確保、金鉱から金の確保、狩猟をして食料の確保が重要になります。そして、その確保した資源を使って兵舎などさまざまな建造物を建設したり、戦闘や資源集めに活用できるユニットを作成したりして、また資源を集めつつ自軍の戦力を上げて行きます。もちろん、周辺の見回りも怠ってはいけません。いつ敵が攻め込んでくるか分からないため見張りが必要なのと、また周辺に何があるのかしっかりと把握しておくことが勝利への鍵だからです。対戦も面白いですが、始めは練習も兼ねてシナリオモードで遊ぶのがオススメです。

第02位:Garry’s Mod\980\49050%OFF

GarrysMod

根強い人気をもつ有名なタイトルのため、名前だけでも聞いたことがある人は少なくないと思います。でも、実際に何をして遊ぶゲームなのかさっぱり分からないという人も多いはずです。このゲームは、簡単に言うと物理演算でいろいろな実験を行えるゲームであり、こう遊ぶものだという定義が全く無く目的もルールも何もありません。そのため、どう遊ぶかは人それぞれなのです。オブジェクトを出現させ、自分だけの世界を自由に作り出すことも出来るし、その作り出した世界を今度は破壊して周ることもできます。また、車に乗って自由気ままにドライブを楽しむことも可能です。オンラインにも対応しているので、一人で遊ぶだけでなくフレンドと一緒にカオスな世界を作って遊ぶのもとっても楽しい作品です。

第01位:PAYDAY 2\1,980\49575%OFF

payday2

Steamの協力プレイが楽しいゲームと言えば、5位にもランクインしている『Left 4 Dead 2』(以下、L4D2)が以前は定番でした。もちろん、今でもL4D2の人気は絶大ですが、それ以上に本作の人気が現在は高くオンラインもかなり盛り上がっています。L4D2はゾンビを協力して倒して街から脱出するのが目的ですが、こちらは仲間と協力して銀行を襲って大金や貴金属を奪い警察から逃げ切るのが目的のゲームです。また、ただ銀行を襲うだけでなくレベルが上がるたびにスキルを割り振ったり、武器など装備のカスタマイズを楽しんだりとL4D2にはないキャラクターを成長させるシステムがあります。プレイスタイルも様々で、ステルスプレイでこっそりとバレずに進入して静かに金品を奪っても良いし、正面から堂々と入って店員や客に銃を向けて地面に伏せさせその間に金品を物色したり金庫の解錠に挑んだりできます。ただ、意外と難易度が高く仲間との連携を上手く取らないとすぐにゲームオーバーになってしまう可能性があるため注意が必要です。L4D2に比べると気軽さは劣ってしまうものの、その分歯応えのあるミッションが待ち受けていてL4D2とはまた違った楽しさがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加