とある病院で謎の死を遂げた少女「アラヤ」の謎に迫る新作ホラーゲーム『ARAYA』が発表

ARAYAタイのインディーデベロッパーであるMAD Virtual Reality Studioは、同社が開発を手掛ける新作タイトル『ARAYA』をSteam Greenlightに投稿したことを発表しました。本作は、タイトルにもなっている少女「アラヤ」が謎の死を遂げた病院を舞台に、3人のキャラクターによるそれぞれの異なる視点で謎に迫る、VR(バーチャル・リアリティ)に対応した一人称視点の新作ホラーアドベンチャーです。

『ARAYA』は、タイのインディーデベロッパーであるMAD Virtual Reality Studioが開発を手掛ける新作タイトルであり、タイトルにもなっている少女「アラヤ」が病院で謎の死を遂げた真相を3人の異なるキャラクターの視点で描く一人称視点の新作ホラーアドベンチャーゲームです。発表と共に公開されたティザートレイラーを見てみると、日本のホラー映画のような不気味な雰囲気と背筋が凍るような恐怖感が上手く演出されていることが確認できます。さらに、本作はVR(バーチャル・リアリティ)にも対応される予定であるため、本当にその場にいるかのように錯覚してしまい、本作のプレイ中に失神する人が続出してしまいそうなほど迫力満点です。人は誰もいない真っ暗な病院を歩くだけでも怖いのに、あらゆる場所やタイミングにて心臓が止まってしまうほどの恐怖が襲ってきます。良質なホラーゲームにおいて、プレイ中は一切気を抜くことができない緊張感が付きまとうことは当然ですが、本作では緊張のしすぎで体調に影響を及ぼしてしまいそうで少し不安になってしまいます。現在、全世界で期待が寄せられているVRと一番相性が良く没入感が増すのは間違いなくホラーゲームだと思います。

また、タイのインディーデベロッパーであるDigital Happinessが開発を手掛けるホラーアドベンチャーゲーム『DreadOut』もかなり怖いと評判であり、Steamのユーザーレビューにおいて80%以上の好評を集めて”非常に好評”という評価を獲得しています。さらに、こちらの記事:”格好良いデザインのロボットが壮絶な戦いを繰り広げる新作タイトル『DUAL GEAR』が始動“で紹介しました『DUAL GEAR』もタイのインディーデベロッパーであるOrbital Speed studioによって開発されており、近年は本作だけでなくタイのデベロッパーによる新作タイトルに多くの注目が集まっています。

ARAYA001 ARAYA002
ARAYA003 ARAYA004

  • このエントリーをはてなブックマークに追加