犬と旅する新作アドベンチャー『The Flame in the Flood』が2月24日に正式リリース決定

The_Flame_in_the_FloodThe Molasses Floodは、同社がPC/Xbox One向けに開発を手掛け、2015年9月25日より早期アクセスとしてSteamにてリリースを開始した『The Flame in the Flood』が、2016年2月24日より正式リリースを迎えることが決定したと発表しました。本作は、水没により荒廃したアメリカを舞台に、愛犬と一緒に川を下って食料の確保やアイテムのクラフトをしながら旅をするアドベンチャーゲームです。

『The Flame in the Flood』は、人気FPS(ファーストパーソン・シューター)『BioShock』(バイオショック)の開発スタジオとして知られるIrrational Gamesにて活躍していた開発者であり、『BioShock』のほかにも『Halo』、『Guitar Hero』、『Rock Band』といった人気の大作シリーズの開発に携わった経験のあるスタッフたちによって新たに設立された新スタジオ「The Molasses Flood」が開発を手掛ける第一弾タイトルです。本作は、水没してしまったことにより無数の小島へと分断されてしまったアメリカを舞台に、愛犬と二人でお手製のいかだに乗って川を下りながら旅をして、立ち寄った島々で食料を確保したりアイテムを作成するの必要な素材を集めたり、また各島ではさまざまな出会いや猛獣達との死闘が待ち受けているアドベンチャーゲームです。

本作は、川のルートや島の構成などが自動的に生成されるためプレイするたびに異なった展開が待ち受けており、このようなローグライクの要素がリプレイ性を高めてくれるため何度も飽きずに繰り返し遊ぶことが可能になっています。また、その他にもランダムに変化する天候システムに加え、アイテムや捕食動物達の配置もランダムであるため程よい歯応えの難易度になっており、状況に応じて迅速かつ正確な判断が求められる場面も多々あって緊張感を持った質の高いプレイが重要になっています。さらに、グラフィックやBGMなどの雰囲気は非常に素晴らしくゲームへの没入感を高めてくれています。

現時点は、まだ早期アクセスということもあってひたすらサバイバルを繰り返す「エンドレスモード」しか実装されていませんが、正式リリース時には「ストーリーモード」が実装される予定であることが伝えられているためそちらにも期待したいところです。なお、正式リリースを迎えても価格はそのまま変更されず、現在の価格と同じ1,980円(税込み)で販売されるとのことです。関連記事として”『The Flame in the Flood』が9月24日よりSteamにて早期アクセスとして配信開始“でも本作の紹介をしていますので、良かったらこちらの記事も併せてご覧になってみてください。

The_Flame_in_the_Flood001 The_Flame_in_the_Flood002
The_Flame_in_the_Flood003 The_Flame_in_the_Flood004
The_Flame_in_the_Flood005 The_Flame_in_the_Flood006

  • このエントリーをはてなブックマークに追加