摩訶不思議な峠を舞台にした探索ホラーゲーム『Kholat』のPS4版が海外向けに発表

KholatIMGN.PROは、同社が開発を手掛けPC向けに2015年6月10日にSteamにてリリースしたホラーアドベンチャー『Kholat』のPS4版を2016年3月8日に配信を開始することを海外向けに発表しました。本作は、1959年にソ連で起きた”ディアトロフ峠事件”をベースに作られた一人称視点の探索型ホラーゲームです。現在、SteamにてPC版がセール対象になっており57%OFFの851円(税込み)で購入可能です。

『Kholat』は、IMGN.PROが開発を手掛けPC向けに2015年6月10日よりSteamにて配信が開始され、ユーザーレビューにて”非常に好評”を獲得している人気のホラーゲームあり、今回IMGN.PROより本作のPS4版が2016年3月8日にリリースされることが海外向けに発表されました。本作は、1959年2月2日の夜に当時のソ連領にあるウラル山脈北部にて、スノートレッキングをしていた男女9人のグループが不可解な死を遂げたことで知られる”ディアトロフ峠事件”をベースに制作されています。当時の調査によると、一行はマイナス30度の極寒の中にも関わらずテントを内側から引き裂き裸足のまま外に飛び出したとされています。また、遺体には争った形跡は無かったものの、2体に頭蓋骨骨折、別の2体は肋骨を損傷、1体は舌を失っていたとのことです。さらに、何人かの犠牲者の衣服からは高い線量の放射能が検出されたとされています。この事件は、不可解な点が多く生還者も存在しないため、未だに事件の全容について不明な点が残されており、当時もさまざまな憶測や噂が飛び交い世界中で話題になりました。本作では、その事件の真相を追うために主人公が現地に向かい、雪に覆われた極寒の地にて独自に調査を始めることになります。しかし、そこで待ち受けるのは想像を絶する不可思議な事象ばかりだった。

Unreal Engine 4で描写されたグラフィックはとても美しく、吹雪が吹き荒れる雪山という過酷な地での孤独な調査はとても不気味であり怖いものの、次から次へと起こる予想も付かない摩訶不思議な展開に惹きこまれてしまいます。しかし、任意のタイミングでセーブすることができず、おそらく初見では避けることが不可能なギミックによってゲームオーバーになってしまった時は、一つ前のチェックポイントからやり直さなくてはならず、また主人公が歩く速度が少し遅いためストレスに感じてしまうこともしばしばあるかもしれません。しかし、ホラーゲームとしての雰囲気は素晴らしく、ホラーゲームファンなら一度はプレイして損は無い作品に仕上がっていると思います。

なお、本作は日本語には対応していませんが、有志による日本語化MODが配布されているためPC版は日本語で遊ぶことが可能です。さらに、現在はSteamにてセールの対象になっているため、2016年2月6日まで通常価格の1,980円(税込み)から57%OFFされた851円で(税込み)で購入可能です。本作の動作環境を満たしたPCを持っている方は、ぜひこの機会に遊んでみてはいかがでしょうか?

Kholat001 Kholat002
Kholat003 Kholat004
Kholat005 Kholat006

  • このエントリーをはてなブックマークに追加