第二次世界大戦を描いた新作FPS『Battalion 1944』のKickstarterキャンペーンが開始

battalion1944イギリスに拠点を置く開発スタジオのBulkhead Interactiveは、同社がPC/PS4/Xbox One向けに開発を手掛ける第二次世界大戦を舞台にした新作FPS『Battalion 1944』を発表し、さらに本作の開発資金を募るためにKickstarterキャンペーンを開始しました。本作は、同じくWW2を舞台にした人気FPSの『Medal of Honor』や『Call of Duty 2』の影響を強く受けた作品になっています。

『Battalion 1944』は、イギリスのデベロッパーであるBulkhead Interactiveが開発を手掛けるPC/PS4/Xbox One向けの新作タイトルであり、最近では数がかなり少なくなってしまった第二次世界大戦を舞台にしたFPS(ファーストパーソン・シューター)です。本作は、1999年11月11日にエレクトロニック・アーツから発売された初代『Medal of Honor』や、2005年10月25日にアクティビジョンから発売された『Call of Duty 2』など、本作と同じく第二次世界大戦を舞台にして全世界で人気を博したFPSに強い影響を受けた作品になっているとのことです。また、本作のKickstarterキャンペーンも開始され、すでに目標金額である100,000英ポンド(およそ17,250,000円)の三分の一に相当する32,081英ポンドが1,143人の支援者により集まっています。本キャペーンが開始してからまだ1日しか経過していないにも関わらずこのペースは驚異的であり、現時点でキャンペーンの成功は間違いなく達成されると言っても過言ではなく、本作へと寄せられる期待の大きさが伺えます。

本作は、Unreal Engine 4を採用して開発が進められており、前述した人気FPS『Medal of Honor』や『Call of Duty 2』を遥かに凌ぐ美しいグラフィックを実現し、またグラフィックだけでなくSEやモーション、そして映像に見入ってしまうほどの臨場感を実現しているということがアナウンストレイラーにて確認できます。その他にも、スキルベースのクラシックなマルチプレイヤーモードでは、バランス調整が行われた激しい歩兵戦、リアルで美しい環境表現、多種多様なゲームモードなどさまざまな魅力が盛り込まれています。さらに、プログレッションシステムによる武器のカスタマイズも可能であり、銃身に傷を彫るなど見た目を変更して個性を出せるようになっているようです。

本作は、PC/PS4/Xbox Oneを対象に2017年5月のリリースが予定されています。

battalion1944_001 battalion1944_002
battalion1944_003 battalion1944_004
battalion1944_005 battalion1944_006

  • このエントリーをはてなブックマークに追加