オープンワールドの雪山を舞台にした新作スキーゲーム『SNOW』がオープンベータを実施中

snowPoppermost Productionsは、同社が開発を手掛ける新作スキーゲーム『SNOW』において、Steamに登録しているユーザーを対象に2016年1月28日より無料のオープンベータを開始しました。本作は、F2P(Free-to-Play)タイトルとして2013年10月11日より早期アクセスとしてリリースされており、3月に予定されているクローズドベータに先がけてPC向けにオープンベータが実施されています。

『SNOW』は、スウェーデンに拠点を置く開発スタジオのPoppermost Productionsが開発を手掛ける新作スキーゲームであり、オープンワールドで表現された雪に覆われた雪山を舞台にウィンタースポーツを自由に楽しむことができます。現時点では、スキーのみしか対応していませんが、いずれアップデートにてスノーボードにも対応することが発表されています。実際の雪山と見間違うほどの広大なフィールドに加え、CryENGINEで描かれた美しいグラフィックが特徴的な作品となっています。コース上に設置されたジャンプ台やパイプなどを利用して華麗にトリックを決めたり、まだ誰も滑走していない綺麗なパウダースノーを求めてコース外のバックカントリーを自由に滑ることが可能です。現実世界では、スキー場のコース外を滑走して遭難してしまう事故が多発して問題になっていますが、ゲームの中なら誰からも責められることなく楽しむことができ、もし遭難してしまっても捜索費用を請求されたりそのまま命を落としてしまう心配もありません。

本作の最大の特徴は、何と言っても美しいグラフィックと広大なオープンワールドであり、相当遠くまで見渡すことができるため頂上から見渡した時の美しい景色は圧巻です。さらに、遥か彼方に見える景色でさえ実際に滑って行くことができるほど広大であり、好きな音楽を聴きながら自由気ままに滑っているだけでも非常に楽しい作品になっています。また、サウンドに関しても非常に素晴らしく、実際にスキー場に足を運び収録したというプロが滑走する音響は、かなり心地よくゲームへの没入感をとても高めてくれます。

本作は、マルチプレイヤーモードにも対応しているため、仲間とのんびり滑走を楽しんだり技を競い合ったりして遊ぶことも可能です。もちろん、ベータテストにもマルチプレイヤーモードは搭載されています。なお、いずれVR(バーチャル・リアリティ)にも対応することが発表されており、よりリアルな臨場感と爽快感を体験できるようになることが期待されています。

現時点では、『SNOW』のリリース時期に関してはまだ発表されていませんが、今回のオープンベータテストと3月に予定されているクローズドベータテストを経て、正式リリースはそう遠くない日にやって来ることを示唆するメッセージが公式Twitter公式Facebookに掲載されています。本作は、PC/PS4向けにリリースされることが予定されていますが、今回のオープンベータテストはPCのみが対象になっています。

snow001 snow002
snow003 snow004

  • このエントリーをはてなブックマークに追加