人気ホラーゲームのスピンオフとして発売されたばかりの新作RPG『FNaF World』が販売停止

FNaFWorldインディーデベロッパーのScott Cawthon氏は、2016年1月21日にSteamにてリリースしたばかりの新作RPG『FNaF World』の販売を停止することを発表しました。現在、Steamにて本作のストアページは消滅しており購入することができなくなっています。なお、購入済みのユーザーに返金が行われるようValveに対応を求めており、近い内に払い戻し処理がされるだろうとコメントしています。

『FNaF World』は、こちらの記事でも紹介しました通り、一作目が2014年8月18日にPC向けにリリースされ大人気となり、数ヶ月おきに続編をリリースするほかiOS/Android向けにも配信を開始したホラーゲーム『Five Nights at Freddy’s』を開発したインディーデベロッパーのScott Cawthon氏が開発を手掛ける新作タイトルであり、『Five Nights at Freddy’s』シリーズのお馴染みキャラクターたちが可愛くデフォルメされて登場するスピンオフRPGです。

本作は、2016年1月21日にリリースされたばかりですが、Scott Cawthon氏は突然Steamでの本作の配信を取り下げることを発表しました。そして、その理由として彼は本作に対するユーザーレビューの結果に満足がいかなかったからだと明かしています。本作の配信が開始されると、すぐに賞賛から批判までさまざまなレビューがたくさんのユーザーより寄せられていました。妄信的な本シリーズの信者とアンチが、数時間も遊んでいない内からレビューにて熾烈な争いをしている見るに耐えないものが多い中、本作を十時間以上もプレイしたユーザーにより本作が非常に退屈なRPGである旨を書いた丁寧なレビューもいくつか見かけることができました。さらに、多くの支持を得ているレビューはどれも批判的な内容であるものが多く、本作が『Five Nights at Freddy’s』シリーズのように衝撃を与える要素は無く、平平凡凡な内容として終わってしまっていると考えるユーザーが多かったことが伺えます。

なお、通常Steamでの返金処置はプレイ時間が2時間未満のものにしか適応されませんが、本作ではプレイ時間に関係なく購入したユーザー全てに対して返金されるようValveに対応を求めており、近日中に払い戻しされるだろうとコメントしています。また、Scott Cawthon氏は購入してくれたユーザーに感謝の意を述べるとともに、現在『FNaF World』の開発を続行し世界マップを2Dから完全3Dへと作り変える予定であると報告しています。さらに、販売を停止したバージョンはデモ版として「GameJolt」にて無料で配信することを予定していると伝えられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加