SFの世界を舞台にした新作RTS『Homeworld: Deserts of Kharak』が1月20日に配信開始

Homeworld_DesertsofKharakGearbox Softwareは、Blackbird InteractiveがPC向けに開発を手掛けるSFの世界を舞台にした新作RTS(リアルタイムストラテジー)『Homeworld: Deserts of Kharak』を1月20日に配信します。配信日を直前に控えた現在、古代の宇宙船を巡る壮絶な争いを予感させる最新トレイラーが公開されました。なお、予約購入特典として前作『Homeworld Remastered Collection』が付属されています。

『Homeworld: Deserts of Kharak』は、前作『Homeworld Remastered Collection』の前日譚となる物語が展開され、砂漠の惑星”Kharak”を舞台に巨大な宇宙船を巡る壮絶な戦いが描かれています。砂漠の惑星”Kharak”南部で発見された謎の宇宙船を調査するためにチーフサイエンスオフィサー”Rachel S’jet”が率いる北部Kiithid連合軍が敵地内へと進軍していきます。なお、その謎の宇宙船には人類の起源を知るための秘密が眠っていると噂されています。前作は宇宙を舞台に戦闘が繰り広げられていましたが、本作は砂漠の惑星へと舞台を移し、砂漠を走る陸上空母や車輌ユニットなどによる熾烈な争いが繰り広げられます。

今回、本作を予約購入したユーザーを対象に、特典として前作『Homeworld Remastered Collection』(通常価格:3,480円)が無料でプレゼントされるとのことですので、気になる方はぜひこの機会に予約購入をし前作から遊んでみてください。『Homeworld Remastered Collection』は、およそ1年前になる2015年2月25日にHDリマスター化してリリースされたばかりの作品であり、Steamのユーザーレビューでは”非常に好評”を獲得しています。

なお、『Homeworld』のオリジナル版は第二次大戦をモチーフにした人気RTS『Company of Heroes』の開発会社として知られるRelic Entertainmentが開発を手掛けPC向けに1999年にリリースされた作品であり、2003年には続編となる『Homeworld 2』もリリースされています。それから10年以上も新作がリリースされていなかったにも関わらずユーザーコミュニティに支えられながらその人気は続き、Gearbox SoftwareによってHDリマスターという形で現代に蘇りました。そして、念願の最新作『Homeworld: Deserts of Kharak』が2015年12月に発表され、2016年1月20日に4,980円(税込み)で配信が開始されます。

Homeworld_DoK001 Homeworld_DoK002
Homeworld_DoK003 Homeworld_DoK004
Homeworld_DoK005 Homeworld_DoK006

  • このエントリーをはてなブックマークに追加