『心が叫びたがってるんだ。』のBlu-ray&DVDが2016年3月30日(水)に発売決定

kokosake2015年9月19日より全国の映画館にて上映を開始した劇場オリジナルアニメーション『心が叫びたがってるんだ。』のBlu-ray&DVDが年3月30日に発売されると発表されました。本作は、人気アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のメインスタッフが再集結して制作されたことで話題となり、口コミ等により支持され長期の公開となり興行収入が10億円を突破する快挙を成し遂げました。

完全生産限定版は、キャラクターデザインを担当した田中将賀氏による描き下ろしの三方背BOX&デジパック仕様もまっています。また、特典Disc1は公開記念特番を始め、その他にもPVやCM集、そして2015年9月9日に行われた公開初日舞台挨拶の映像が収録されています。特典Disc2には、ミュージカルパート楽曲の順バージョンを始め、オリジナルサウンドトラックや来場者特典スペシャルボイスドラマ他が収録されたCDが封入されています。さらに、総作画監督修正集、スタッフ座談会、ビジュアルコレクション、設定資料集など本作の魅力を余すことなく詰め込んだ特製ブックレットに加え、劇場パンフレットの縮刷版も付属しています。その他にも、音声特典としてオーディオコメンタリーも収録されるとのことです。このように、本作のファンにはたまらない特典が満載の限定版の価格は、Blu-rayが8,500円(税抜き)、DVDが7,500円(税抜き)になっています。なお、通常版の価格はBlu-rayが5,500円(税抜き)、DVDが4,500円(税抜き)となっています。

『心が叫びたがってるんだ。』は、2015年9月19日より全国の映画館で公開を開始した劇場オリジナルアニメーションであり、2011年4月から6月の間に放送されていたTVアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(以下、あの花)のスタッフが再集結して制作された作品です。『あの花』と同じく埼玉県秩父市が舞台になっており、また本作の物語には直接は関係しないが『あの花』のキャラクターも少しだけ登場します。

主人公の成瀬順(なるせ じゅん)は、幼い頃に憧れていた山の上のお城(※と言っても本物のお城ではなく、バブル期に日本中に建設されたあの手のホテルである。)から、父とその浮気相手の女性が車で出てくるところを目撃してしまう。そして、それを「王子様とお姫様」の話として母親に話したことがきっかけとなり両親が離婚することが決定してしまう。家を去る父親に「全部お前のせいじゃないか」と言われてしまい悲しみの底に沈む順。その時、そこに現れた玉子の妖精により、喋ると腹痛が生じる”呪い”をかけられてしまう。その呪いは、高校生になってからも消えることはなく、順は他者と携帯のメールでしか会話ができいでいた。そのため、周囲から「ヘンな子」という扱いを受けてしまう。しかし、ある日担任からクラスメートの坂上拓実(さかがみ たくみ)、仁藤菜月(にとう なつき)、田崎大樹(たさき だいき)とともに「地域ふれあい交流会」実行委員に指名されてしまう。そして、その出し物としてこれまで例の無いミュージカルを担任から提案され順は「喋れなくなった理由」を携帯で伝えると、拓実から「歌なら呪いも関係ないかもしれない」と言われ、帰宅してから試してみると歌っても腹痛が起きないことに気づき物語が展開していく青春学園ドラマです。

本作は、上映開始から妬く0日が経過した11月1日に興行収入が10億1529万3050円、累計動員数は74万4901人に達したと発表されました。また、第19回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門・審査委員会推薦作品(2015年)にも選ばれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加