2016年09月一覧

本多成実



魅力を感じた時点で残念さ確定ですが、自分が見惚れる方にそんな人がいないと信じたいところ。

ダーツバーで出会っていたとは聞きましたが、まさか飲酒までしていたとは…。最近の下種の印象としては、彼が乗らせて飲ませたって不思議ではないくらい。むしろ未成年に対しては注意しなければいけない立場にすらあったはず。とりあえず自業自得の面があったとしても、結果的にはこの人と関わって不幸になった人がまたひとり増えたわけです。尤もそれは社会的な面であって、このだらしない男がその後も彼氏としてないし夫婦になるのならば一概に不幸とは言いませんけど、まあ想像もできませんね。いらなくなったらポイでしょう。歌に関してまで意見はしませんけど、人間としては精神的に受け付けがたいもの。とりあえずこれからの人生では脇の甘さに注意してください。


■ゲス川谷の新恋人ほのかりん 未成年飲酒でNHK番組降板か

 年初にベッキーとの不倫騒動を起こした「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)に新恋人が発覚した。

 発売中の週刊文春が報じたもので、相手はタレント・ほのかりん(19)。同誌によるとすでに川谷の自宅マンションで半同棲状態。そのマンションは川谷が5月に離婚を発表した元妻と生活していたかつての“愛の巣”だというから無神経というかずぶといというか……。

 川谷は現在、独身の身。相手が10代とはいえ交際そのものは周囲に非難されるいわれはないだろう。しかし、先月発売の週刊女性では川谷とほのかが都内のダーツバーで飲酒して泥酔する現場がスクープされた。このときは「お友達」といっていたが半同棲が発覚しては言い訳もできまい。

 だが、川谷が罪作りなのは未成年のほのかの飲酒が発覚したことで、ほのかが11年からレギュラー出演しているNHK「Rの法則」を今後、降板になってしまうことだ。

 今年の流行語大賞ノミネートが確実視されている「ゲス不倫」。ベッキーに続いて新進タレントの将来まで傷つけるとはゲスという言葉が軽すぎるほどに罪深い。


韓国海警、検問に抵抗した中国漁船に閃光弾…火災で3人死亡

もうどの国がどの国籍の違法漁船に関してでも構いませんから全部沈めましょう。命を張るほどのリスクの高い犯罪だと自覚させることが抑止の第一歩。舐められることは事態の悪化に他無し。人の死に対して喜ぶような言い方はしたくありませんけど、それでも此度の事故はファインプレーです。まあこれくらいじゃ学習しないでしょうけどね。少なくとも呼びかけに対して停止をせずに逃走を図るのは全部犯罪者なので、沈ませないなら捕獲手段を増やしていきましょう。


韓国側の排他的経済水域(EEZ)で違法操業をしていた中国漁船で火災が発生し、中国人船員3人が死亡した。取り締まりを避けて逃げる中国漁船に乗り込んだ韓国海警が投げた閃光爆音弾が爆発し、漁船から災と煙が上がった。木浦(モクポ)海洋警備安全署(木浦海警)によると、29日午前9時45分ごろ、全羅南道新安郡紅島(ホンド)の南西約70キロの海上で102トン級の中国漁船S号で火災が発生した。

火災の直後、木浦海警所属3009艦は消火砲を使って鎮火に入った。またS号に乗っていた船員17人のうち14人を救助し、3009艦に乗せた。しかし鎮火を終えた海警が船内を調べていたところ、午後12時2分ごろ、中国船員3人(30代1人、50代1人、60代1人)が機関室内の床にうつ伏せになった状態で見つかった。3人の呼吸と脈拍を確認できず海警は直ちに心肺蘇生術を実施したが、午後3時46分ごろ死亡した。3人に特に外傷はなかった。海警は煙で窒息死したとみている。S号に火災が発生した海上は韓国側EEZ。

これに先立ち海警は火災発生前のこの日午前9時20分からマニュアルに基づき3回以上の停船命令を出した後、検問しようとしたが、船員は応じず逃走しようとした。このため海警検索チームはS号に乗り込んだ。船員は検問を避けるために操舵室を閉鎖して抵抗した。海警は強い光と爆音を出す閃光爆音弾3つを操舵室の中に投げた。2発が爆発し、1発は不発だった。その後、操舵室付近で火災が発生した。

長さ128ミリ、周囲45ミリの円筒形の閃光爆音弾は安全ピンを抜いて2,3秒以内に投げると、光・爆音とともに煙が出る。閃光爆音弾は銃などの武器とは違い非殺傷用であり、今回の火災と直接的な関係があるかどうかは調査が必要だと海警は説明した。また、中国漁船取り締まりなどの現場で閃光爆音弾によって船に火災が発生したことはこれまでなかったという。

韓国の領海(12海里)ではないため許可を受けた中国漁船は操業が可能だ。しかし海警が調べた結果、イシモチなどを獲っていたS号は漁業許可自体がなかった。海警の検問では別の船の許可書類を出した。無許可違法操業が確認されれば拿捕され、億ウォン(数千万円)台の担保金を支払うことになるが、これを避けようと逃走を図ったと海警は把握している。救助された中国人船員14人と死亡した船員3人の遺体を乗せた3009艦は30日0時30分ごろ木浦に入港する予定だ。また火災が発生したS号は曳航され、30日午前10時ごろ入港するという。海警の関係者は「閃光爆音弾が中国漁船にあった油などと接触して出火した可能性を排除せず、正確な事故原因を調査する方針」と述べた。

在韓中国大使館側はこの日、木浦海警を訪問し、正確な調査を要請した。これまで韓国の西・南側の海では違法操業をする中国漁船と韓国海警の取り締まりで、海警と中国船員の死亡事故が相次いでいた。

ソウル市立大のイ・チャンウィ教授(海洋法)は「事故を減らすには現在中断している西海(ソヘ、黄海)韓中海洋境界画定談判を速やかに進めなければいけない」とし「その間消極的だった中国が積極的な姿勢を見せる必要がある」と述べた。


愛咲れいら



金銭面で回らない寿司に連れて行けなくとも、お子様のマナーが目立つお座敷自由空間の店は選びませんかね。

かっぱっぱーは無理でしょう。イメージ変更して新たに再出発と言う流れは理解できるものの、客が重要視してるのは食へのクオリティー。変更点を聞く限りは接客面を強化する方針ってだけで美味しさへの追及は何も語られてませんからね。去年潰れた地元にあったかっぱ寿司だと、注文端末はなく職人さんにお願いする形でしたが…マナーが酷すぎて嫌になりました。家族連れには愛想振りまくのに1人出来た自分にはかな~り素っ気無い態度。加えて出て来たネタは少し凍ってシャリシャリしましたからね…。まあそれ以前に訪れた際もあまり美味しさは感じられませんでした。他にスシロー筆頭に100円寿司にはいくほうなので、余計差を感じましたね。基本的に同じジャンルで他企業と差がつくところは努力の方向性が明後日を向いてるところです。まあ優秀な仕入れ業者とのツテを持ってるか次第でも大きく差は付くんですけど。


■かっぱ寿司がロゴを一新、業界トップへ巻き返し図る

 回転寿司チェーンの「かっぱ寿司」は、来月からロゴなどを一新すると発表しました。

 「かっぱ寿司」といえば、おなじみのカッパのマークでしたが、新たなロゴはたくさん食べる楽しさをイメージして皿を重ねたデザインになっています。店内も、これまではテーブル席が中心でしたが、子連れ客がくつろぎやすいように畳張りの座敷席を設けました。

 「残念ながら大手4社と言われるチェーンでは、4番目に下がってきてしまっている」(カッパ・クリエイト 四方田 豊 社長)

 かっぱ寿司は2010年まで業界でトップでしたが、商品開発などで後手に回ったことから売り上げが低迷しています。今回のブランド一新で巻き返せるかが注目されます。


慰安婦合意で追加措置を=「おわびの手紙」念頭―韓国政府

はい韓国のシナリオが動きました。根本的に日韓のわだかまりを解消するために仕方なく支払った…要は駄々をこねる息子に玩具を買い与えるのと同じような行動をしただけで、別に駄々に理由に納得したわけではありません。初めから折らせる計画に入って、負い目でも作らせ歴史的に勝利する腹ですね。さて話がきな臭くなってきましたよ!あちらの話に「詫びの手紙を書くべきと言う日本での意見」とやらが既に在日やらの日本人とは無関係の人間の仕業ですし…。さて安倍さんのシナリオは何処までこの流れまで乗ってます?次は罪を認めたことで「この間の10億は罪滅ぼし」「こちらからの被害額提示は~兆円です」って切り替えしてきますよ?


 【ソウル時事】韓国外務省報道官は29日の記者会見で、昨年末の慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意に関連し、「日本側が慰安婦被害者の心の傷を癒やすため、感情に訴える追加的な措置を取ることを期待している」と述べた。

「安倍(晋三)首相が元慰安婦におわびの手紙を書くべきだという主張が日本でも出ており、政府の立場を聞きたい」という質問に答えた。

日韓合意に一部元慰安婦や関連団体が反発する中、合意に基づき設立された韓国の「和解・癒やし財団」(金兌玄理事長)は、安倍首相からの「おわびの手紙」を元慰安婦に渡す案を検討しており、報道官は韓国政府としても後押しする立場を明確にした。


警官、黒人男性また射殺=「助け求めたら殺された」と家族―米カリフォルニア州

警官だからと正義に準じて命を落とす…そんなドラマみたいな人間は誰一人いなく、相手を殺傷してでも身の安全第一で動く権力と横暴な集団。それがアメリカでの警察になります。税金を投入して射撃訓練までしてるんですから、もうちょっと努力しろと思うのは自分だけでしょうか?一般市民が出来ることと同じでは高給取りの意味ありませんよ?正直今の銃社会に対して利権を蝕むお偉いさんを見ていたら麻薬大国メキシコの汚染具合と変わらないような気がしてきます。まだこの世代では恐怖しかなくとも未来のためにと虐殺氏まくっているフィリピンの方がよっぽど明日を見てますよ。一方的に隠し持っている人間に銃殺される被害者が出ようとも、まずは動き出さないと何も変わらずむしろ悪化していくだけです。今ある老害が育てた学んだ人材が次の老害になるわけですから。


 【ロサンゼルス時事】米カリフォルニア州サンディエゴ郊外のエルカホンで27日、警察官が30代の黒人男性を射殺する事件があった。

ロイター通信によると、地元の警察庁舎前には28日、300人が集まり、「人殺し」と叫ぶなど激しく抗議した。

目撃者がユーチューブに投稿した事件直後の映像には、男性の家族が「彼は精神疾患で助けが必要だった。警察に電話で助けを求めたら、やってきた警察官に殺された」と泣き叫ぶ様子が映っている。

事件は27日午後2時ごろ発生。警察の発表によると、警察官2人がレストランの裏手にいた男性を見つけ、ポケットから手を出すよう求めたが、男性は従わなかった。その後、男性がポケットから何かを取り出し、銃を構えるようなポーズをしたため、警察官1人が発砲したという。実際には男性は銃を持っていなかった。


愛乃なみ



麗しき人との思い出の場も建築工事の耐震想定次第で瓦礫と化します。

自然の猛威を振るわれて今までの安全対策で何もかも足りないと気付かされるあの絶望感は世界各国平等ですね。他国がどんな酷い惨状に見舞われていても、自国に到来したデータが全て。地球が生んだ者たちで作り上げたものは所詮地球の手によって崩れ去るのです。ただ今回の韓国の件は、一応急げば間に合う可能性も…多分きっと辛うじてあるというギリギリの段階。そういえば中国の万里の長城も補修したら文化遺産感が吹き飛んだって話ですが…隣国はどうなるでしょう?補強するための耐震技術は如何に!?


■マグニチュード6.1以上の強震ですべての建築文化財に被害=韓国

マグニチュード6.1以上の地震が発生すれば慶州(キョンジュ)だけでなく全国すべての重要建築文化財が被害を受けかねないと調査された。

「共に民主党」の金炳旭(キム・ビョンウク)議員が文化財庁国立文化財研究所から提出させた「建築文化財地震と洪水災害危険度評価と管理システム構築報告書」によると、国宝と宝物に指定された建築文化財71件がマグニチュード4.5~6.1の地震が発生すれば危険状況に陥ることになると明らかになった。危険状況は建築文化財の壁にひびが入ったり変化する恐れがあることを意味する。

また、マグニチュード5.1~6.6の地震が発生すれば建築文化財が完全に崩壊する恐れのある緊急状況に置かれると調査された。

今回の地震で被害を受けた慶州の瞻星台(チョムソンデ)と昌慶宮(チャンギョングン)の玉川橋(オクチョンギョ)、宗廟(チョンミョ)の永寧殿(ヨンニョンジョン)はマグニチュード5.1以上の地震でも致命的な損傷が懸念される脆弱な文化財に分類された。これに対し景福宮(キョンボックン)の慈慶殿(チャギョンジョン)十長生(シプチャンセン)煙突と峨眉山(アミサン)煙突はマグニチュード6.4以上の地震発生で緊急状況を迎える相対的に丈夫な文化財だ。


島崎りか



怯えたまま暮らすって生きた心地しないでしょうね。一人ならともかくこんな連れがいたら国外に逃げますよ。

実際自分が同じような冤罪に合ったら恨み憎しみしか残らないでしょうけど、国単位で明日への発展を望むのならば、「少は斬り捨て大を叩く」と言うのは必要なこと。むしろ今まで出来なかったことを力づくで片をつけようとすればこうもなるでしょう。受刑者に関しては、撲滅執行する前に労働力として生産性のある策を予め立てておくべきでしたね。ただ刑務所に押し込まれてる惨状は幾ら量が少なくともただ飯食らいに変わりありません。いっそ彼らで一つの壁で囲まれた街でも作らせては?何か手を打たないとジリ貧でそのうち栄養失調で死人が出始めますよ?あと自警団気取りの人間をそろそろ抑えないと、愉快犯に無実の人間が襲われてしまう頃です。


■<フィリピン>麻薬撲滅戦、激化 あふれる刑務所

 【マニラ平野光芳】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領(71)が6月末の就任と同時に始めた「麻薬撲滅戦争」が激しさを増している。就任後3カ月で、現場で警察官らに殺害された麻薬関連の容疑者は約3000人。逮捕者も2万人近くになり、マニラ首都圏の刑務所は受刑者であふれかえっていた。

【比大統領】暴言の数々「人権法なんて忘れろ」

 マニラ首都圏のケソン市刑務所では800人の定員に対し、収容者が約3600人。1平方メートル当たり3人弱という超過密状態だ。一部は屋根裏やグラウンドでの就寝を強いられている。

 「戦争」で逮捕者が増えたため、収容者は一時、定員の5倍、4000人以上に膨れ上がった。設備や待遇はそのままで、環境悪化が深刻だ。内部は下水のような腐敗臭が漂う。記者を見た受刑者たちが口々に「腹が減って仕方がない」と訴えてきた。予算不足から食事の量が減らされているらしい。7月に薬物密売容疑で逮捕、収監された男性(44)は「密告で逮捕されたが身に覚えがない。ひどい場所に連れてこられた」と途方に暮れていた。

 検察官出身のドゥテルテ氏は南部ダバオ市長時代にも麻薬組織に宣戦布告し、国内最悪といわれた治安状況を改善。大統領就任で「戦線」を首都マニラを含む全土に広げた形だ。

 「麻薬密売人がまた殺された」。24日午後11時40分、マニラ市警察本部1階の記者室に一報が入ると、詰めていた10人ほどの地元記者が一斉にトラックの荷台に飛び乗った。記者の一人が「毎晩何人も殺されるから、全部の現場を回る時間がないんだ」と苦笑した。

 現場は車で20分ほどの下町。民家の一室で短パン姿の男性が血まみれで倒れていた。警察によると、突然バイクに乗って現れた2人組が男性に発砲した。「麻薬密売人のマネをするとこうなるぞ」との警告メモが残されていた。

 警察に雇われた市民の別動隊や自警団、摘発を恐れる密売組織によるトカゲのしっぽ切り……。警察官以外の容疑者殺害には臆測が飛び交う。現場近くに住む女性は「私は薬物とは無関係。でも間違って撃たれるかも」と不安な表情をみせた。


店に賞味期限切れマーガリン置いた女に判決

勿体無くて自分で処分できない?処分して貰いたい?賞味期限三年前の乳製品って、店のイメージを失墜させて明るい家庭に悲劇をもたらそうと企んだ以外に何かありますか?実行した段階で反省の意味なんてありませんよ。日向にいる人たちが妬ましかったのでは?売り場に置くということはレジに通して最終的に誰かの口に入ることを差します。そして臭いや状態から明らかな異質と判断すれば店に強烈なクレームが舞い込んでくるでしょう。どう見ても破棄する前に多大に迷惑なプロセスを経由します。それも想像出来なかったと言うなら無駄に年を食ってきただけなのでしょうね。


 愛知県清須市のスーパーの陳列棚に、賞味期限切れのマーガリンを置き、店の業務を妨害した罪に問われた女に対し、名古屋地裁は、29日執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

起訴状などによりますと、清須市の無職岸津弥子被告(69)は、ことし5月、自宅近くのスーパーでおよそ3年前に賞味期限が切れたマーガリン合わせて8箱を陳列棚に置いて、店の業務を妨害した偽計業務妨害の罪に問われています。

29日、名古屋地裁で開かれた裁判で、寺本真依子裁判官は、「自己中心的な動機に酌むべき点はない。食の安全安心を確保するスーパーの業務を脅かす犯行として強い非難に値する」と指摘した一方、「反省の言葉を述べ、被害弁償を行った」などとして、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。

弁護側は、控訴しない方針です。


日本の市民団体、「安倍首相は慰安婦被害者に謝罪の手紙を」

こうして他国と歴史面でぶつかり合っているのに、双方の側の歴史と事実面をすり合わせて考えずに、自らだけが正しいと一向に聞く耳を持たない駄々っ子韓国団体。記事の見出しに「日本の市民団体」ってあるだけで、あたかも国内からも韓国を味方する声があるというような悪意ある表現に聞こえてしまいます。尤もただ1度首相が金払ってしまったので、喚き散らせばまた儲けられるとでも思っているのでしょう。安倍さんが本当に謝るべきは税金を無駄遣いしたことによる国民に対してのみです。


28日「慰安婦問題解決の会」緊急記者会見 被害者たちの本質的な要求との隔たりあり、根本的な解決策にはならず

日本でも安倍晋三首相が日本軍「慰安婦」被害者のハルモニ(おばあさん)らに謝罪の手紙を送るべきだという主張が出た。

東京大学の上野千鶴子名誉教授らが発起人として参加した「慰安婦問題解決の会」は28日、東京千代田区の参議院議員会館で記者会見を開き、「(日本政府は1995年の)アジア女性基金のときにも首相が(被害者の女性たちに)謝罪の手紙を送った。被害者たちが受け入れることのできる謝罪、名誉と尊厳の回復が行われるように『首相の謝罪の手紙』を(今回も)送ってほしい」と要請した。同会は昨年10月15日、約1500人の日本市民の意見を集め安倍首相に「慰安婦問題の解決のために韓国政府と交渉を行い、合意案を作ってほしい」との声明を出した。

彼らがこの日記者会見を開いたのは、最近韓国の「和解・癒やし財団」が「早ければ10月までに安倍首相の(謝罪の)手紙を受け取ることを目標とする」との報道が出たためだ。これに対して朝日新聞などは「日本政府はこれに対する返事を保留している」との反応を伝えている。この日の記者会見に参加した重藤都氏は「報道を通じ、韓国の財団が謝罪の手紙を要求しているのに日本が応じていないことを知った。謝罪の手紙がなければ合意はなくなるかもしれないという覚悟で運動を進めていく。日本が自身の責任を果たすためには、謝罪の手紙が必ず必要だ」と話した。彼らはこの日の記者会見の前日午前11時に、内閣府を訪問し「慰安婦問題に対する日韓合意に基づき、誠意ある具体的な解決策である首相の謝罪の手紙を要求する」との要請文を送った。

彼らのこの日の会見は、慰安婦問題の解決に対する日本の革新陣営内の亀裂を示すものでもある。

日本の革新陣営は12・28合意について、被害者女性たちの主要な要求である「日本政府の法的責任の認定と賠償」などの内容が含まれていないため合意を拒否すべきだという「白紙撤回論」と、合意の成果を認めこれを補っていくべきだという「補完論」に分かれている。会の主張は、補完論に傾いている。そのことを示すかのように、会は「私たちは今回の日韓政府間の努力を評価する。和解・癒やし財団がようやく被害者の皆さんから「一定の合意」を得たという話を聞いて安心している」という内容を要請文に込めた。

しかし、被害者女性たちが12・28合意を拒否する理由が日本首相の手紙の有無ではないことを考えた時、彼らの運動には根本的な限界があると言わざるを得ない。


優木あおい



このおじいさんを見ていると飯が不味くなるので、反射的に救われるビジュアルを探してしまいます。

あはは~素晴らしい意見ですね。「それなりの理由」で予算が膨れ上がり、国民の税金的に大ブーイングと言う民意ガン無視については如何お考えで?恐喝じみた物言いで何が何でも小池氏を牽制したいだけでしょう?それだけの巨額の増え方に利権絡みを考えるなと言う方が無理なもの。他の代案を聞く限り、「それなりの理由」を考案した人間の阿呆丸出しになってます。金銭感覚ぶっ飛んでる老害が発言権持ってる段階でこの国ヤバイです。これが善意のボランティア言うならば…変な例えですが、キングボンビーよりも悪質になります。


■森会長、会場見直し案けん制=「都は本当にやるのか」―東京五輪

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は29日、東京都の都政改革本部調査チームによる3会場の計画見直し案について、「知事の判断を待ち、考えを伺ってからわれわれの考えを言う。都は本当にやるのか。それでもやるというなら大変なことだ」とけん制した。

 都の調整チームの案は、新規に整備するボートとカヌー、水泳、バレーボールの恒久施設を経費削減のため既存施設に変更するというもの。森会長は「会場はそれなりの理由があって決まった。日本側からひっくり返すことは極めて難しい。(変更には)競技団体の了解がまず必要で、国際オリンピック委員会(IOC)は競技団体が了解しない限り受け入れてくれない」と話した。

 ボートとカヌーの会場案として宮城県登米市にある既存施設が挙げられている点について、森会長は「選手村から離れており、分村で作るとなれば経費も大変かかる」と指摘した。