2016年05月一覧

立花さや



爽快気分に魅入る前に若干の警戒心くらいは残すべきでしょう。浮かれるのは分かりますが。

これこそ無知とは罪と言うべきでしょうか?一般人が気軽に侵入できたことが既に問題です。オーストラリアってそこら中に色んな生き物がいるそうですからね。だとしても沼や湖に生息してる印象が強いですから、海で連れ去られるとは思っても見なかったのでしょう。近年のサメの被害も酷いことになってますし、泳ぐともなれば近隣情報のチェックは必須なのでしょう。尤もそれで毎年集まった海水浴者たちが「なんでこんな場所に!?」ってガブチョされてるわけですが。


■ワニが女性にかみつき海中へ…豪ビーチ、友人の目前で惨劇


【AFP=時事】オーストラリアの警察当局によると、北東部クイーンズランド(Queensland)州のビーチで29日夜、海で泳いでいた女性2人のうち1人がワニに襲われ、行方が分からなくなった。おそらく死亡したとみられている。

30日の警察発表によると、現場は同州北部にあるソーントンビーチ(Thornton Beach)。被害に遭った40代のオーストラリア人女性2人は観光で同地を訪れていて、散歩ついでにひと泳ぎしようとしたが、あいにく一帯はワニが多数生息することで有名な場所だった。

警察関係者がオーストラリア放送協会(ABC)に語ったところによれば、2人が腰の深さほどの海に入ったところでワニが1人にかみつき、海に引きずり込もうとした。もう1人の女性は必死に友人を浅瀬に引き上げようと奮闘したが、ワニの力にかなわず、友人の姿は見えなくなったという。

その後、女性から助けを求められた近隣の商店が警察に通報。警察は赤外線熱画像装置を搭載したヘリコプターを出動させて捜索したものの、海に消えた女性を発見できなかった。

生き延びた女性はかすり傷程度で済んだが、非常に大きなショックを受けているという。

オーストラリア北部の熱帯地域ではワニとの遭遇は珍しいことではなく、毎年2人程度が襲われて死亡している。同国でワニは1971年に保護法が制定されて以来、増えてきており、北部特別地域(Northern Territory、準州)には推定10万匹が野生に生息している。【翻訳編集】 AFPBB News


ビッグダディ、男児置き去りの父親「責められない」

躾けの困難さや難儀さを語る彼の言葉は理解できます。が、この親を前提とするならばやり方は悪辣だったと言わざるを得ません。人や車に石を投げたことへの躾け。それに対する回答が山中置き去り…。罰則を与えることで悪いこととしたと覚えさせようとしたわけです。しかしそれはこれをしたらこうなるという動物に覚えさせる躾と似たようなもの。これは単に罪の意識を芽生えさせず罰を与えただけです。言ってしまえば自己満足。自分だったら非道と呼ばれてしまうかもしれませんが目には目をで理解を試みます。加減が難しいですが、石をぶつけられたならば同様の痛みを与え、自分が嫌なことを他に与えないことを諭します。車に傷を付けられたならばその子の大切な玩具にでも同じことをしましょうか。良いことをしたら褒める、悪いことは叱る。ただ怒るだけの理由は理解して貰わなければ学びようがありませし、単なるトラウマとなります。勿論最初は物理行使ではなく説得から理解を求めようとしますけどね。


 ビッグダディこと林下清志(51)が、北海道の林道で置き去りにされた男児が行方不明となっていることを受け、子どもに対する“しつけ”の難しさを語り、男児を置き去りにした親の心境をおもんばかった。

28日午後から行方不明となっている小学2年田野岡大和君(7=北斗市)は、両親と姉の一家4人で鹿部町の公園で川遊びをしていたが、人や車に石を投げつけたため、両親はしつけとして車から降ろして置き去りにしたと説明。約5分後に父親が現場に戻った際には姿がなかったといい、現在も捜索が続いている。

両親の行為に対する批判の声は大きい。尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏は29日にブログで「明らかにネグレクト!虐待です!」と批判。タレントのクリス松村もブログで「置き去りが・・・しつけという感覚・・・恐ろしい」「大人という立場を利用して、子供に対する精神的な暴力。許しがたい行為」だとした。タレントのフィフィはツイッターで「虐待どころかこれ5月の北海道の山林だからね、寒いし、しかもクマも出没するらしい。殺人同等で問われるべきですね」と厳しく批判した。

林下は妻側の連れ子を含めると最大時に20人もの子どもがいた、まさに“ビッグダディ”として知られるが、31日に更新したブログでは「小さな子供に『そういうことをしてはダメだよ』そう言っても、それがなぜなのかは理解出来ませんよね……それでも親としては周りに迷惑を掛けたり、我が子の危険を回避したりする為にそれを覚えさせなければなりません。その為に語気を強めてみたり、きつい眼でそれを伝えたりしようとします」「そして、それがなぜ良くないことなのかを『危ないことがあるからだよ』とか『人に迷惑を掛けるからだよ』と、具体的に話してあげることも大事だと思います。子供が成長していく過程で、それを少しず理解して『確かにそれはよくないことだ』と身に付けてくれることが躾なのだと思います」と自身のしつけ論を展開した。

しかしそれでも、「それはよく解っていますが……では日々の生活の中でそれが実践出来るかというと、それはなかなか難しいのも現実です」と、これまでの経験から、実生活でのしつけが簡単ではないことをつづった。

林下は、行方不明の男児について「この長い時間を山の中でたった一人で過ごしているのかと思うと、いたたまれない気持ちになります。どうか無事で見つかってくれることを祈るばかりです」と願うと同時に、「自らが招いてしまったこの事態に、お父さんの後悔の気持ちもいかほどかと察してつらくなります」と同じ父親として推察。「躾としての方法としての論議はあるのでしょうが……一般論や育児論を持ち出して、今あのお父さんを責めるつもりにはとてもならないのです」とつづった。


牧野絵里



やや寂れた場所ですが、こんなワンシーンを満喫できるのも液晶あって何ぼの世界!

テレビがなければパソ用のディスプレイに繋げてチューナー使えばいいじゃない!…って言うのはまた違うんでしょうね。最近面白い番組減ってますし、そもそも無理に新しいものに買い換える予定もない上にメーカー的な拘りもなし。特に拘る必要もありませんね。パナソニック製のパネルを使ったテレビが欲しいならば早めに買えばOK。しいて残念を言うならば競合するメーカーが減るほどその分野の発展性が損なわれるってことくらいです。


■TV用液晶、パナソニック撤退へ 残るはシャープ系のみ

 パナソニックがテレビ用液晶パネルの生産から撤退する方針を固めたことが30日、わかった。赤字が続いているためで、9月末をメドに姫路工場(兵庫県姫路市)での生産をやめる。同社が撤退すると、国内でテレビ用液晶パネルをつくるのはシャープ系のみとなる。

 パナソニックは撤退の方針を既に取引先に伝えた模様だ。姫路工場で働く約1千人の従業員のうち、数百人は国内のほかの工場に配置転換する方向で検討している。

 姫路工場は2010年4月に稼働を始めたが、赤字続きで、12年3月期には765億円の営業赤字を計上した。コスト削減を図ったり、海外のテレビメーカーに液晶パネルを売ったりしたが、黒字転換までには至っていない。


中国、フィリピンとの関係回復望む=習国家主席

たとえ関係修復されるような流れになっても、海賊達を中国側が取り締まってくれない限りは変わらない。その気もないくせに歩み寄ろうとは恥知らずな。「南シナ海の領有権どうすんのよ?」「まあまあそれは置いといて…仲良くしましょうよ」・・・救いようもない。まず軍事基地を撤去させるところから始めましょうよ?損得勘定が強く我が先に、の元締めだけあって不条理な要求はいつものことですが。時期フィリピン大統領の器が試される局面ですね。


[北京 31日 ロイター] – 中国の習近平国家主席はフィリピンのドゥテルテ次期大統領に対し、南シナ海の領有権問題をめぐり悪化した両国関係を修復したい意向を伝えた。

中国外務省によると、習主席は30日遅く、ドゥテルテ氏の次期大統領就任の正式決定を祝うメッセージを送るとともに、両国の長い友好関係に言及。「双方が二国間関係を健全で発展的な路線に戻すために懸命に取り組むことを望む」と述べた。


京都市ごみ施設訴訟「完敗は想定外」 敗訴で100億円廃虚?

経緯を纏めると、住重から想定外のトラブルを報告され、何度も納期を延長&追加工事をさせるも未解決。もう期限切れだからと解体費用や建設費諸々返せと裁判起こして敗北。最大の敗因と思われるのは、契約にある「市と住友重機が揉めた際には調停の機会を設け解決させる」ってその機会を一方的に蹴ったから。要するに勝手に打ち切りです。最終段階として改善策を持っていた住重は当然ながら「ちょっと待て、調停は!?」って話になりますよね?ところが京都市が取った行動は、「調停するには先に賠償しろ」と訴訟。そりゃ負けますわ。住重がどうしくじろうが「調停による解決を図る」ってことは落しどころを見つけろってことでしょう。


 京都市のごみ焼却灰溶融施設(伏見区)で建設中に不具合が相次いだとして、市が発注先の住友重機械工業(東京)に損害賠償や工事代金の返還など167億円の支払いを求めた訴訟は27日、京都地裁が市の訴えを棄却した。裁判長は完成に向けて和解協議も促したが、市は控訴して争う方針だ。ただ今後、訴訟で勝てなければ、国補助金の返還や解体など最大65億円もの市負担が生じる。建設に約100億円の税金を投じたのに一度も使われることなく「廃虚」となる可能性が出てきた。
 「まさか。完敗は想定外だ」。訴えが全面的に棄却されたとの知らせを受けた市幹部は、驚きを隠せない。担当の環境政策局職員は分厚い資料を手に庁内の連絡や市議会への説明にも追われ、敗訴のショックが市役所を駆け巡った。
 溶融施設は高温のガスでごみ焼却灰を溶かし、容積を半分に圧縮する施設で、完成すれば、市内唯一の最終処分場である東部山間埋立処分地(伏見区、山科区)の延長利用につなげられるはずだった。
 市は2005年、住重と同施設の工事請負契約を交わした。だが、試運転で基準値を超えるダイオキシンが検出され、溶融炉内でダストが堆積するトラブルも起きた。市は引き渡し期限内の完成は不可能とみて契約を解除し、14年3月に提訴した。
 市は裁判で、契約解除に伴う経費や解体撤去費を住重が負担するという合意があると主張したが、判決は合意成立を否定。契約解除も認められなかった上、「完成始動しなければ、社会経済上の損失が大きい」と溶融施設を完成させるよう求められた。
 市担当者によると、この溶融施設は住重の特許技術が用いられており、「他社が代行しても完成させられない」とする。だが、「相次いだトラブルと対応から、住重への信頼感はまったくない」として、市は控訴して争う構えだ。
 ただ、控訴審に向け、市の主張を補強するような新たな物証は乏しい。判決を覆せなければ、溶融施設の解体費18億円は市の負担。市は「ほかの用途に転用できない無価値の建物の解体には、税金をかけられない。敗訴が確定した場合は放置するしかない」と、廃虚化の可能性に頭を抱える。
 事業が完結しない場合、環境省からの補助金47億円も返還しなければならず、住重から損害賠償金などを得られなければ市の負担はさらに膨らむ。与党の自民党市議からは「なぜこんなとんでもない大負けをしたのか。厳しく説明を求め、責任を問う」という声も出始めている。


成宮はるあ



国籍は違えどこんな微笑ま羨ましい光景が待っていただろう無念は計り知れません。

返事のない状況が非常事態と錯覚し慌てたならばまだ格好は良かったのかもしれません。それでもまずは電話確認しろって話ですが。それがドア蹴破る野蛮さを見せた上であの世行きですから、ご愁傷様と蔑むしかありませんね。NBAのプレイヤーになることがどれ程の苦労かは知りませんけど、肉体と技術を鍛え上げた反面、オツムが弱かったのは分かりました。ただ一つ予想できることとしては、同じ建物内に多くの人間が済んでいるにも拘らず、平気で器物破損してまで侵入する人物です。そこで発砲しなかったら、今度は恋人の部屋に他の男性が侵入ないし二股かけられていると勘違いし殴り殺されたかもしれません。


■NBA23歳新人選手、恋人の部屋間違えて侵入…銃で撃たれ死亡

 NBAペリカンズの新人ガード、ブライス・デジャンジョーンズ(23)が28日、テキサス州ダラスのマンションに不法侵入し、住んでいた男性に拳銃で撃たれて死亡した。

 1歳になる娘の誕生日を祝ったあと、先に帰った恋人を追いかけてマンションに来たまでは良かったが、その恋人が住んでいる4階ではなく3階の部屋のドアをノックしたのが不幸の始まり。応答がなく、てっきり無視されたと思ったデジャンジョーンズがドアを蹴って中に入り、寝室にいた男性に発砲された。

 警察によればデジャンジョーンズが発見されたのは外の通路。病院に運ばれたものの死亡したとされている。

 アイオワ州立大出身の同選手は今季2度の10日間契約を経てペリカンズでプレー。14試合に出場(先発11試合)して平均5・6得点をマークしていたが、2月に右手首を骨折して戦列を離れていた。


男児が囲いに転落、ゴリラを射殺 米動物園

親の管理不足ないし園側の安全設計の問題。結局はゴリラにとって人災以外何者でもない結果となりました。ゴリラとしては普段視界に映るものが突然手の届くところにやってきたので普通に玩具にしてたってところでしょうか?こんなことを言うのも不謹慎かもしれませんが、よく10分も一緒の空間に居てその少年、命が有りましたね。しかしこの一頭が亡くなった件。この後人間同士の行方はどうなるのでしょう?いえ、訴訟大国ですからね。互いに子供にゴリラと被害を出し合ったので、双方犬に噛まれたと思って…なんてエンディングにはならないでしょう。柵に関する注意と説明があったならば分かりませんけど、個人の見解としてはエリアに入れてしまった園側の過失で、子供の慰謝料(精神面込み)ってことになるますよね?変な判決も多い国だけに行方は分かりませんけど。


【AFP=時事】米オハイオ(Ohio)州にあるシンシナティ動物園(Cincinnati Zoo)で28日、3歳の男児がゴリラの囲いに落ち、この男児を保護するため、ゴリラが射殺された。当局が明らかにした。

 ターネー・メイナード(Thane Maynard)園長によると、男児は同日午後4時(日本時間29日午前5時)ごろ、柵をすり抜けて囲い外側の堀に転落。中にいた体重約180キロ、17歳の雄のゴリラ、ハランベ(Harambe)が「(堀に)下りて行き、男児を捕まえた」という。

 地元メディアは、目撃者の話として、ゴリラは叫び声を上げる男児をひきずり回すなどしたと伝えた。

 男児が囲いに入ってから約10分後、動物園の危険動物対策チームがゴリラを射殺。警察の話としてメディアが伝えたところによると、少年は負傷して病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 メイナード園長によると、動物園の対策チームは、麻酔はすぐに効き目が出ないため射殺を決断したという。

 シンシナティ動物園のウェブサイトによると、同園では11頭のゴリラが飼育されているが、メイナード氏は「こうした状況は初めて」だと述べた。


宮崎愛莉


段々この笑顔が硬くなって声と目が全然笑っていない状態になる…なんてことないように。

コメントにあるように結局のところ、スタッフ不足なのか、自分勝手に休みまくる阿呆が多いのかで全然賛否が変わってしまう内容。尤もこれ自体が話題になりそうなネタに対して弁護士回答を持ちかけたってだけですから、持ち込んだ人間が聞いておく必要がありましたよね?なのでここでは常識的(経営者がこんなアホなはずがない)に考えてバイト側に非がある前提で語ります。何時休むか分からない爆弾を抱えているだけで、開いた穴の都度に自らないし真面目なスタッフの身を削る、首が回らなくなる悪循環がスタートします。今回の「スカスカ」ということですからドタキャンではなく、勝手に「この日は出れない」と言ってシフト表から削ってしまっているのかもしれませんね。そして新しい人間が来ないと嫌で使えないバイトも居ないよりマシと思うしかなくストレスも増加。そして新人は使えるようになるまで手間も時間もかかります。それで「真面目は最初だけ」とかを繰り返されたらこんなツイートもしましょう。もうかなり前に自分もコンビニ仕事をしてましたが、採用の要因を聞いてみたところ…「君が1番まじめそうだったから」と。大体文章を見れば私個人の人となりは判るでしょうが、他6人程度来ていたらしい面々は一体どれほど悪印象だったのでしょう?それくらいアタリを引くのは大変なのかもしれません。後手段としては最悪ですが、シフト難儀に陥ったら仕方なくとも真面目なバイトに頼むしかなくなります。その際に同情を買えるくらい良い人、倒れられたら夢見が悪いと感じさせる店長ないしオーナーの印象を作り上げている必要はあるでしょう。


■バイトのシフトがスカスカで店長嘆く「店を最優先に考えて」…応じる義務はある?

「『店を回す』ということを最優先に考えてほしいです。『きついから』とか『学校が、家のことが・・・』とか皆同じですヨ!!」。アルバイトのシフトの空きが多いことについて、店長からバイトへの不満を伝える張り紙がツイッターで広まり、話題になった。

店長は「スタッフ1人1人が店に対して、シフトに対して責任を持って動いて下さい」「お金をもらってますよね?だったか各自、それに似合う働きをして下さい」と、シフトの空き状況を踏まえた勤務を要求している。

この張り紙を伝えるツイートに対しては、「自分で考えてシフトが回るように動けない店長が何言ってるんですかね」「まず人を揃えてからの話」などのツッコミが入っている。

バイトの勤務に入る人が少ないからといって、どこまで責任を持つ必要があるのだろうか。竹之内洋人弁護士に聞いた。

●バイトの勤務条件によって異なる

「この張り紙の経緯が不明ですので、一般論で答えます。結論的には、バイトの勤務条件がどのようなものであり、店の要求がそれ以上なのか否かによります」

具体的にはどのようなことか。

「仮に週3日出勤という条件で契約したのであれば、バイトが働く義務はそこまでです。店が人手不足であり、週4日働いてもらわないと『店が回らない』としても、それは店の責任であり、バイトに追加勤務を『お願い』するのはありとしても、店が回らないから契約以上に働く責任があるなどということにはなりません。

人の生活を占めるのは仕事だけではありません。各人が学業など仕事以外の生活を踏まえて勤務日数を考え、それを店が承諾した以上、店が困っているから他のことを放り出しても仕事を最優先にしろ、とは言えません。

ただ、週3日働くという条件の契約で、『今週は週2日しか出ません』ということが続いたら、店側が、契約どおり週3日は出勤しなさいと要求することは正当です。

そういう条件で契約している以上、バイトには働く義務があります。また、契約どおりに働かない結果『店が回らない』ということになれば、契約違反ということで解雇されてもやむを得ないでしょう」


バレー日本男子 苦手の中国にストレートで敗れる 1勝1敗に

点数の数値では中々の接戦だったものの、セット数にしてみればまさかの惨敗。国籍抜きとして楽しい試合だったかと聞かれるとサーブミスが多すぎる(日本)消化不良っぷりが最たるものと成ってしまいましたね。試合になってみなければ分かりませんけど、このままだと評価の上では中国より高いイランに勝つ名は至難。これが技術よりも精神面での都合ならばまだ巻き返せる可能性もあるでしょうが、実力よりも外見人気で一部が盛り上がってるって印象なのでどうでしょう?逆にここで勝利できれば汚名払拭ってところ。


 ◇バレーボール男子五輪世界最終予選兼アジア予選第1日 日本0―3中国(2016年5月29日 東京体育館)

 リオデジャネイロ五輪の出場権を懸けたバレーボール男子の世界最終予選兼アジア予選第2日(東京体育館)は29日、2大会ぶりの五輪切符獲得を目指す世界ランキング14位の日本が同19位の中国と対戦。接戦を展開した日本だが、各セットとも終盤に突き放され、セットカウント0―3で敗れ、ベネズエラ戦に続く連勝とはならず、1勝1敗となった。

 4年前の世界最終予選で負けるなど、この4年間は1勝4敗と苦戦している中国に対し日本は、第1セットで20―25で落とし、第2セットは一進一退の攻防が続き、日本がリードする場面もあったが、接戦の末、22―25で中国が奪取。後がなくなった第3セットも23―22と追い込みながら逆転を許した。

 28日のベネズエラ戦では第1セットを落としたものの、石川と柳田の若き両エースの活躍で流れを取り戻し、3―1で逆転勝ち。主将の清水)もチーム最多21得点をマークし、若手とベテランがうまくかみ合った。

 ▽男子バレーボールのリオデジャネイロ五輪への道 予選は8チームの総当たりで争う。日本は(1)アジア4チーム中トップ(2)その他7チームにうち上位3チーム、に入れば出場権を獲得できる。五輪出場国は12カ国で、既にブラジル、ロシア、イタリア、米国、アルゼンチン、キューバ、エジプトが出場を決めている。また、世界最終予選メキシコ大会(6月4~6日)でもう1チームが決まる。


高山玲奈



この愛らしさに対して国は違えど暴行を働くなど許すまじ!華は愛でてなんぼが分からないとは遅れてますね。

女性蔑視もここまで来ると気が狂っておいでです。人類としてはこのようなキチガイを躾ける法律の方が急務。とりあえず今まではISが世界悪だと思っていましたが、根っこのイスラム教全てがピヨっていたことが判明しました。あの宗教も結局は力こそ全て、暴力は全てを制す。って理屈なんですね。・・・正確にはそのように歪曲させたってところでしょうが。元々宗教なんて神や仏なんてありがたそうな存在を作って拠り所を餌に人々の心を纏めるもの。悪く言えば支配するためのもの。考え感心しその教えに惚れ込んでる人もいるでしょうから、全宗教滅べとは言いませんけど、イスラム教は時代に残るべきものではありませんね。


■イスラム組織、夫に妻への「殴打」許す法案提唱 パキスタン

(CNN) パキスタン内で影響力を持つイスラム教組織の指導者は29日までに、夫が妻をしつける意味合いで軽度に殴ることを認めるとする新たな法案を提案した。

力ずくの殴打は禁じ、小規模な懲罰は恐れの感情を与えるのに必要との見解も示した。この組織は合憲の「イスラム・イデオロギー協議会」で、同国議会にイスラム教の教えと各種法案の整合性についてなどの助言を与えている。

ただ、同協議会の提案はあくまで勧告との性格を持ち、提案が法制化されるには議会での可決が必要となっている。

同協議会のモハマド・カーン・シーラニ指導者は75ページにわたる法案の提案書で、妻が服装などで夫の指示に従わない場合、穏当な程度の殴打は許されると主張。地元紙エクスプレス・トリビューンによると、提案書はまた、宗教的な理由なしに性的交渉を拒んだり、性的交渉後や生理期間後に体を洗わない場合も軽い殴打は認められるとも説明した。

さらに、頭髪を覆い隠すが顔は外に見せるベールの「ヘジャブ」を着用せず、見知らぬ人物と交流し、声高なしゃべり方をしたり、夫の許可なしに他人に現金を与えた場合なども適度な殴打は正当化されるとも述べた。

提案書は、女性に禁止すべき行動についても言及し、戦争での交戦への参加などをこの中に含めた。ただ、政治への参加や裁判官になることなどは認めた。妻が夫の了解を得ずに避妊薬を服用することも禁じた。