店に賞味期限切れマーガリン置いた女に判決

勿体無くて自分で処分できない?処分して貰いたい?賞味期限三年前の乳製品って、店のイメージを失墜させて明るい家庭に悲劇をもたらそうと企んだ以外に何かありますか?実行した段階で反省の意味なんてありませんよ。日向にいる人たちが妬ましかったのでは?売り場に置くということはレジに通して最終的に誰かの口に入ることを差します。そして臭いや状態から明らかな異質と判断すれば店に強烈なクレームが舞い込んでくるでしょう。どう見ても破棄する前に多大に迷惑なプロセスを経由します。それも想像出来なかったと言うなら無駄に年を食ってきただけなのでしょうね。


 愛知県清須市のスーパーの陳列棚に、賞味期限切れのマーガリンを置き、店の業務を妨害した罪に問われた女に対し、名古屋地裁は、29日執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

起訴状などによりますと、清須市の無職岸津弥子被告(69)は、ことし5月、自宅近くのスーパーでおよそ3年前に賞味期限が切れたマーガリン合わせて8箱を陳列棚に置いて、店の業務を妨害した偽計業務妨害の罪に問われています。

29日、名古屋地裁で開かれた裁判で、寺本真依子裁判官は、「自己中心的な動機に酌むべき点はない。食の安全安心を確保するスーパーの業務を脅かす犯行として強い非難に値する」と指摘した一方、「反省の言葉を述べ、被害弁償を行った」などとして、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。

弁護側は、控訴しない方針です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする