ギャラリー一覧

夏乃ひまわり

最新ゲーム機などを初めさまざまな商品の転売に利用されているAmazonですが、希望小売価格よりも高い価格で販売している場合は転売である可能性を示唆する注意文が出るようになったようです。ただ、こういった商品を購入する人のほとんどは品薄などにより定価で購入できないため、定価よりも高いことを知りながら購入していると思うのであまり意味が無いように思えます。しかし、このような注意を促す文章が出るようにしたということは、中には転売であることに気付かずに購入してしまう人も少なくないという調査結果が出ているのかもしれませんね。やはり、転売行為自体を法的に全面禁止にしない限り、今後も本当に欲しい人に行き渡らず転売の標的にされてしまう商品が次々と出てくることでしょう。企業自らが品薄状態を故意に作り出すケースも存在するとも言われていますからね。


アマゾンが本格的に転売対策 転売屋が群がってる商品には警告マークが表示される

【簡単に説明すると】
・アマゾンが転売屋対策
・参考価格より高い物にはマークが付けられる
・希望小売価格も表示

アマゾンで売られている商品で特に転売屋が群がっている商品に対して警告を促すマークが表示されるようになった。

このマークは参考価格が表示され、それ以上高い値段で売られていることを警告するもの。

この警告マークをクリックすると「品薄または希少等の理由により、参考価格よりも高い価格で販売されている場合があります」と表示され、実際の価格より高く売られているとわかる。

・希望小売価格も表示

昨年11月には商品ページに希望小売価格を表示するなどの対策が行われた。


生島涼

先日、クレジットカード情報も含んだ顧客の個人情報が流出したことが発覚したチケット販売会社「ぴあ」が運営するバスケットボール「Bリーグ」のチケットサイトですが、詳しい調査によって新たに6500件のカード情報が流出している可能性もあることも判明したようです。その結果、合計で3万8700件のカード情報が流出したことになります。やはり、不正アクセスが行われた期間に利用した人だけに限らず、このサイトを利用したことがある人はクレジットカードの明細をよく確認して不正利用されていないかチェックした方が良さそうです。しかし、個人情報の流出のニュースって毎年とても多いですよね。最近は、世界中でサイバー攻撃が問題となっていますから、これまで以上にセキュリティを強化して個人情報も守っていただきたいものです。しかし、個人情報を流出させても謝罪するだけですぐに通常営業に戻れますし、著しく信用を失ってしまい業績不振に陥るということもあまり聞きませんから、高い予算を注ぎ込んで顧客の個人情報を守ろうという気はないのかもしれませんね。


ぴあ、カード情報6500件流出か 調査で新たに判明

バスケットボール「Bリーグ」のチケットサイトなどから最大約15万5千件の個人情報が流出した可能性がある問題で、サイト運営を受託するチケット販売の「ぴあ」は18日、さらにカード情報約6500件が流出した可能性があると発表した。流出可能性があるカード情報は、これまでの発表分と合わせて約3万8700件になった。

4月下旬に公表して以降、調査内容を精査し、今回の追加分がわかったという。同社などによると、チケットサイトとファンクラブ会員受け付けサイトに不正アクセスがあり、昨年5月16日~今年3月15日の期間中にサイトに会員登録した顧客の個人情報が流出した可能性がある。カード情報流出による不正使用も当初発表の197件、計約630万円が379件、計約880万円に増えた。


小野寺梨紗

ゆでたまご(嶋田隆司さん&中井義則さん)先生による大人気漫画『キン肉マン』の新シリーズに、もしかしたら貴方がデザインした超人が登場するかもしれません!本作の作者の一人である嶋田隆司さんが、自身のツイッターアカウントにて超人のアイデアを募集しており、6月から開始予定の新シリーズにその超人が採用されるかもしれないとのことです。もし、大好きな漫画に自分のデザインしたキャラクターが登場したら、これ以上ない幸せだと言っても過言ではないかもしれません。私は、『キン肉マン』を読んだことがありませんが、以前テレビ朝日の人気番組『アメトーーク!』にて紹介された際にすごく興味を持ったのでいつか読んでみたい作品の内の一つに入っています。まぁ、本当に読みたかったら今すぐにでも読みに行くため、「いつか読みたい」なんて言ってる時点で読む可能性は極めて低いのかもしれませんが。


伝説の作品にアナタの作った超人が登場? 「キン肉マン」超人大募集!!

「週刊少年ジャンプ」の黄金期とも言える1979年から1987年にかけて連載し、アニメ化もされ一世を風靡した、ゆでたまご(嶋田隆司・中井義則)先生による漫画「キン肉マン」。
2011年より、「キン肉星王位争奪編」の続きである「完璧超人始祖編」が新シリーズとして連載再開されていたが、先日完結。6月から新シリーズが開始予定とのことである。

5月14日、作者の嶋田隆司先生(@yude_shimada)は『Twitter』にて

【超人大募集】〒101-8050 集英社「週刊プレイボーイ」編集部「キン肉マン新超人募集係」まで。必ず官製葉書で(封書は不可)入賞者には記念品を差し上げます。*応募超人の著作権は作者及び出版社に帰属します。

とツイートを行った。「キン肉マン」といえばおなじみの”超人大募集”、これまでも数多の超人がこのコーナーから産まれてきたのはよく知られているところ。採用されれば、多分に新シリーズに登場の可能性も大である。
賢明なガジェット通信読者の皆さん、是非とも「レオパルドン」クラスの歴史に名を刻む超人を考えて応募して欲しい。


いろはまりん

「月収400ドルしかない」という被害者の悲痛な叫びに同情し、犯人は身代金の要求を撤回して無料でファイルのロックを解除してあげるという驚くような話が本当にあった!?意外にも人間の優しき心を持ち合わせていた犯人ですが、身代金の要求を下げるでもなく無料にし、さらにランサムウェアに感染したパソコンを救いだしてくれるという優しさにちょっと笑ってしまいました。しかし、元を辿れば犯人たちがランサムウェアを作成しそれをバラまいたのが原因なわけですから、決して「いい話」ではないということを忘れてはなりませんね。それにしても、台湾の平均年収が安すぎてその事実に一番驚いてしまいました。


「月収400ドルしかない」–ランサムウェア被害者の悲痛な訴えに犯人が同意?

世界が大量のデータを失う可能性に怯えるなか、台湾は無傷で切り抜ける可能性がある。

ランサムウェア「WannaCry」の開発者は、台湾の一部被害者のデータを解放することにしたようだと、シンガポールのメディアChannel 8 Newsが現地時間5月14日付で報じている。

被害を受けた台湾のユーザーが公開したメールのスクリーンショットでは、月収が400ドルしかないと主張する被害者に対し、WannaCryを仕掛けたとみられる相手が、自分たちの台湾でのキャンペーンは「完全な失敗」とみられるため、この被害者に対して、データの暗号化を無料で解除すると述べている。

メールの相手は失敗の理由として、台湾人の「収入を高く見積もりすぎた」ことを挙げている。

調査によると、2016年の台湾人の平均月収は1344ドルだという。

WannaCryに脆弱な未パッチの「Windows」旧バージョンを利用している人が多いとみられるほかのアジア諸国も、台湾のような扱いを受ける可能性があるのだろうか。

WannaCryは、米国時間5月12日から世界各国で大規模感染が報告されるようになった。14日の時点で、150カ国の10万を超える組織に被害を与えている。

感染したコンピュータでは、ファイルがロックされ、300ドルの「身代金」を仮想通貨のビットコインで支払うよう要求するエラーメッセージが表示される。身代金を支払ってデータを回復しなければ、19日までにデータが削除されるという。


華城まや

チャイナ服とスクール水着が融合!?可愛いだけでなくセクシーなデザインの「チャイナスクミズ」が、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアの新商品として登場したようです。お値段は、なんと1万3500円!うーん、これはちょっと高い!しかも、私は従来のデザインの方が可愛く見えてしまいます。また、以前ネットで見かけた肩の部分にフリフリが付き、さらに腰の辺りにはパレオのようなフリルが付いたデザインのスク水の方が好きですね。これは、全国のスク水ファンの皆さんはどのような感想を持つのでしょうかね?しかし、最近はいろんなデザインのコスプレが発売されるためいろいろな意味で捗りますな。


 チャイナ服×スクール水着 かわいさとセクシーさが合体した「チャイナスク水」が誕生!

チャイナ服とスクール水着が1つになった「チャイナスク水」が、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアに登場しました。

デザインのポイントはチャイナ服のような首回り。伸縮を抑えるために硬めの芯を貼り、華やかなチャイナボタンで仕上げてあります。

水着部分はローレグ&フルバック。濃い目の色なので透けにくく、サイドの切り替えで視覚的な引き締め効果も期待できそう。おとなしめに見えてデコルテ部分が大胆にカットされたデザインは、周りの視線をくぎ付けにしそうです。

ラインアップは2種類。「RED×GOLD(1万3500円)」は赤をベースにサイドに黒、パイピングテープとボタンにゴールドを使用。「BLUE×SILVER(1万4999円)」は青をベースにサイドには白×水色のレース、パイピングテープとボタンにシルバーを採用しています。

素材は縦横に伸びる伸縮タイプ、サイズはレディースのS〜M相当、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアで予約を受け付け、7月初旬の発送を予定しています。


希美かんな

さまざまな物や人物をディスることで笑いを取る日本テレビの人気バラエティ番組『月曜から夜ふかし』。こう書くとかなり印象が悪いですが、実は私もこの番組のファンで毎週のように見ています。放送時間が少し遅いので見ずに寝てしまうことも多いですが、寝る前に少しだけと思いテレビを付けようものなら、いつも面白くてだいたい最後まで見てしまいますね。スタッフさんの制作したVTRも面白い上に、MCのマツコ・デラックスさんと村上信五さんがVTRに対して入れるツッコミもとても面白いです。特に、今回の記事にもある通り「綺麗な桜を見るのが目的ではなく、綺麗な桜の写真を撮ってインスタグラムに載せることが目的のSNS中毒者」たちに対して、視聴者の大多数が思っているであろうことをテレビで代わりに言ってくれるのがとても気持ちが良いです。


マツコ・デラックスも大ウケ 中目黒在住の少年が地元を一刀両断

15日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で、番組MCのマツコ・デラックスが、東京・中目黒在住の少年の直球コメントに大ウケする場面があった。

番組では「夜ふかし的 路線調査 Part4 東横線」と題して、東京・渋谷駅を出発して神奈川・横浜駅までの「東急東横線」沿線の主な駅を紹介した。

中目黒駅を紹介するシーンでは、VTRを見ていたマツコが「日本で一番感じが悪い街よ」と酷評。取材VTRでは、ちょうど花見時期で、多くの人々が中目黒に訪れていた。番組の取材に応じた女性たちは「イチゴシャンパン」を片手に持ち、桜を背景に自分撮りをしていた。撮影した写真は、画像共有サービス「Instagram(インスタグラム)」に投稿しているそう。

花見が目的かと思いきや、実はInstagramに投稿する用の写真を撮影するのが目的になっている人々も多いのだとか。マツコや関ジャニ∞・村上信五は、理解に苦しむ様子でVTRを見ていた。

そんな中「地に足をつけている若者を発見」と紹介されたのは、中目黒で素振りをするふたり組の少年だった。

自宅の駐車場で素振りの練習をしていたこのふたりの少年は、番組スタッフのインタビューに「毎年どんどん重ねるごとに、人が多くなってます」「みんなオシャレって言いますけど」「学校でも最寄り駅を聞かれて『オレ中目だよ』って言うと、『中目メッチャきれいじゃん!』とか『いいなー!』って言われるんすけど、目黒川から下のほうになんかあるゴミとか異臭がする」「よくこんな臭いところに集まれるなって」と“中目”を一刀両断したのだ。これにはマツコも大ウケ。

VTR後のスタジオトークでは、村上とマツコがふたりの少年について「かわいかった」と、口を揃えた。一方でマツコは、目黒川の横の道路幅が狭いことに触れ「だから、もう(花見の時期は)車も通れなくなっちゃうから、地元の人は車庫にも入れられないんだって」と、地元民の悩みの種を明かした。観覧客から驚きの声があがる中、マツコは「ダメ!だから東横線なし!」と東横線沿線のエリアを全否定して、笑いを誘っていた。


安岡沙希

ヒエッ!?何て恐ろしい展示会を開催するんだッ!しかし、行ってみたい!怖いけど見てみたい!絶対に後悔するし全身の鳥肌が立つことは間違いありませんが、怖いもの見たさで興味を持ってしまうのが人間の性。東京で開催してくれたら絶対に見に行くのですが、大阪は遠すぎますしさすがにこれのために大阪まで行こうとは思えません。もちろん、大阪には他にも魅力的な観光地がたくさん存在しますから、それらの観光地を同時に楽しめるように長期休暇を取って予定を組めるようなら行きたいですけどね。と思ったら、大阪だけでなく東京でも開催予定だったー!しかも、東京のほうが早く開催されるようです。入場料も800円と安いですし、これは行くしかないのか…。イヤだー!行きたくない!でも、見てみたいー!覚悟を決めて友達と一緒に行ってみようと思います。ちなみに、シリアルキラー展IIも気になっているのですが、こちらはちょっとチケット代が高くて躊躇しています。


 ぞわっ…気持ち悪い生物を集めた『キモい展』、東京・大阪で開催

2015年『ごきぶり展』を開催し話題になった山口県周南市徳山動物園協力のもと、東京・大阪にて『キモい展』が開催されます!!

東京は東京ソラマチ(R) スペース634にて6月8日から7月9日まで。大阪は京セラドーム大阪9Fスカイホールにて7月15日から8月31日まで行われます。それぞれ入場料は前売 700円(当日 800円)。

『キモい展』は「何でそんな色なの?」「何でそんな形なの?」「何でそんな動きするの?」など、疑問ばかりが浮かんでくるような形態の生き物を約30種類以上集めたイベント。 協力する周南市徳山動物園は、2013年・2014年夏、気持ち悪い生き物ばかりを世界中から集めた『ぞくぞく!ふしぎ動物キモだめし』を開催し話題になりました。さらに編集部も取材した、2015年の『ごきぶり展』にはおよそ3万人もの人が怖いもの見たさに足を運んだそうです。

『キモい展』自体は、昨年2016年に名古屋と横浜で開催。多くの人が足を運び、来場者数は累計7万人を突破。「マジ無理!」「キモ」などの奇声や大変衝撃だったなどの声などたくさんの声が上がったものの大好評でした。

ガラス越しでも気持ち悪いけれど、何故か魅入られる生き物たちの展示や、入り口から大量のミルワームを通路の両サイドに展示した「キモいトンネル」が待ち構えているそうです。
また前回の展覧会でもご好評いただいた「ふれあいコーナー」を毎週2回 月曜日・水曜日に実施する予定です。今回触れ合える生き物については、当日のお楽しみ。他にも会場限定でゴキブリなどをモチーフにしたキモいグッズが多数用意されます。

今年の夏も猛暑が予想されていますが、キモいアニマルでちょっぴりひんやりしてみるのもいいかもしれませんね!?


水谷唯

SNSが世界中で大流行している現代では、大量のスマホから特定のアカウントの投稿に「いいね」するという業者が存在するようです。有名人の中には、BOTとしか思えないような不審なアカウントから大量にフォローされていることが時々話題になったりしますが、大して人気も無いのに大量の「いいね」が集まる有名人のアカウントでは、もしかしたらこのサービスを利用しているのかもしれませんね。また、大手通販サイトの商品レビューにてひたすら高評価をする業者も存在するため、かなりレビュー評価の高い商品を購入したのに失敗したなんていうケースも存在します。誰もが簡単に評価することのできるSNSの「いいね」や商品レビューなどには気を付けた方が良さそうです。SNSの「いいね」なんて注意する必要はないと思うかもしれませんが、商品のステマである可能性もあるため無闇に信じてしまうのも問題です。


スマホ1万台が並ぶ“いいねクリック農場”

1万台のスマートフォンが並ぶ“いいねクリック農場”が、欧米の多くのメディアに取り上げられ話題を呼んでいる。

中国にあるというこの“いいねクリック農場”は、SNSなどで特定のアカウント(多くの有名人)の投稿に「いいね」を押したり、ゲームなどのアプリをダウンロードして高評価するといった行為を行っているという。

また、この建物の近くにも同じような“農場”はあり、中国やロシアなどで横行していると報じられた。

ネットでは「世も末だ」「ジャスティン・ビーバーは顧客だろう」「カーダシアン一家もな」「ネットの世界は虚構に過ぎないんだ」「悪くないアイディアだ。少なくとも海賊行為などはしていないわけだし」「プログラムを組めばもっと手軽だろうに。この辺が中国の限界か」「スクリプトで偽造すると簡単にわかってしまう。このやり方なら対応が取られにくい。うまいやり方だよ」といった反応が上がっている。


水咲あかね

皆さんは、「私、日本人でよかった。」という下記のポスターをご存知だろうか?これは、先月あたりにツイッターを中心に話題になったポスターです。何を言いたいのか意図が不明のキャッチコピーが不気味だったり不快に思う人が多かったらしく悪い意味で話題になりました。なお、こちらのポスターは全国の神社を包括する「神社本庁」が6年前に制作したものであり、なぜ最近になって急に話題に挙がったのか不思議に思う人々も多かったようです。しかし、その理由は簡単であり全国に貼ってあるポスターではなく京都などの一部の地域でのみ見ることができないからでしょう。それがSNSに拡散されたことにより急激に知名度が上がったというわけです。私としては、このポスターがどのような意図があって作られたものなのかはどうでも良かったのですが、「このポスターに写っている女性が、日本人ではなく中国人だった」いう衝撃のオチが面白すぎてぜひ皆さんに紹介したくなりました。クライアントから使用する写真を提供されたわけでもなく、デザイナーが写真を撮影したわけでもなく、さまざまな写真から好きなものを購入して広告に使用することができる所謂素材集から持ってきたようです。まぁ、デザイナーが使用する写真に写った女性の国籍なんていちいち確認しませんから仕方ありませんよね。それにしても、見ただけでは意図がサッパリ分からないポスターなんて作って何の意味があるのだろうか。


「日本人でよかった」モデルは中国人騒動 神社本庁の見解

あるポスターの存在が、ネットを中心に話題になったのは4月末のことだった。「京都のあっちこっちにあったポスター」などの紹介文でツイッターに写真が掲載されると、「春頃から京都で貼られまくっているポスター」として広まり、思わぬ騒動に発展しているのだ。

瞳を閉じてうっとりとした笑顔を浮かべる美女の頬には日の丸を連想させる赤くて丸いマークが描かれ、背景には日本国旗が広がる。大きな文字で「私 日本人でよかった。」というキャッチコピーがあり、下部には日の丸とともに「誇りを胸に日の丸を掲げよう」との一文がある。

しかしポスターには制作者や関係団体の名称は一切記されておらず、誰が、何の目的で作ったのかわからない。そんな“日本人でよかったポスター”に関心が集まったきっかけは、ポスターの制作者として、全国の神社を包括する「神社本庁」の名前が挙がったことだった。

折しも、森友学園騒動で神社本庁と関係の深い「日本会議」や「愛国教育」が話題になっていたことが重なり、“神社本庁製作”情報はネットを席巻。ポスター騒動は否定・肯定の両陣営に分かれて一段とヒートアップした。

否定派が「わざわざ日本人を強調するのは恥ずかしい」「京都の外国人観光客が見たらどう思うのか」「戦前の日本と変わらない」と主張すれば、肯定派は「愛国心や郷土愛を持つことは当たり前」「何が悪いかわからない」「たかがポスター」と反論。「きれいな女性だから家に飾りたい」などの“第三極”も交えて侃々諤々の激論となった。

だが、驚きはここからだった。

議論がヒートアップする中、「日本人でよかった」ポスターの美女モデルが、「実は中国人だった」との仰天情報が駆け巡ったのだ。

報道写真や宣伝用写真など世界的に数多くの写真を配信する通信社ゲッティイメージズのサイトを見ると、確かにポスターと同じ女性の写真が配信されている。写真の情報として、「Beijing」(北京)で撮影されたものとあり、説明するキーワードの中には「中国人」とある。

同社に確認すると、「『中国人』とは、撮影者が設定したキーワードで、サイトでもそう記載しています。騒動を受けて正確なモデルの情報を確認したところ、確かに中国人でした」と説明した。

「日本人でよかった」ポスターのモデルは、“日本人じゃなかった”のだ。

◆「国籍は知らなかった」

ポスターを制作したとされる神社本庁はこう答えた。

「私たちは祝日の意義と休日の国旗掲揚を啓発するために、何年かに一度ポスターを作っています。当該ポスターも神社本庁が作成して各神社に6万枚配布したものです。

東日本大震災が発生し、日本人の秩序正しい行動が世界中で称賛されました。そうした日本人の礼儀正しさを応援するために、『私 日本人でよかった。』というコピーになりました」(神社本庁教化広報センター)

それにしても、なぜコピーにある「日本人」ではなく、「中国人」がモデルだったのか。神社本庁は「国籍は知らなかった」と話す。

「デザインや画像使用はすべてデザイン会社に一任しており、神社本庁はモデルの国籍について承知していません。たとえ中国人だったとしても、トータルのデザインとしてのイメージなので、特段の問題はないと考えます」(同前)

だが『日本会議の正体』の著者でジャーナリストの青木理氏は、ポスターに見られる神社本庁の姿勢を批判する。

「あからさまな日本礼賛のようなキャンペーンは、安倍政権が進める歴史修正、復古主義的な空気の中、政権のコアな支持層である日本会議のキャンペーンなどと歩調を合わせているのでしょう」

青木氏は、「私 日本人でよかった。」というコピーについてもこう語る。

「日本には様々な国籍の人が暮らしています。このコピーはそうした人びとへの排除意識を感じさせ、差別とも受け止められかねない。しかもモデルが中国人だったなんて、まったくレベルの低いブラックジョークのようなものです」

◆「6年前のものですから」

もっとも、なぜこのポスターが今話題になったのかについて、疑問が残る。というのも、このポスターが作成、配布されたのは6年も前のことだった。前出の神社本庁はこう説明している。

「平成23年に作ったものです。掲示はそれぞれの神社にお任せしていますが、このポスターは6年前のものですから、すでに使い切ったと考えています」(前出・教化広報センター)

神社本庁で抱えている“在庫”もないという。問い合わせの多さに困惑している様子だった。

もはやレアなポスターにもかかわらず、現在進行形であるかのような大騒動になったことについて、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、「一部の左翼的な人たちが騒いだから」と呆れるのだ。

「実は京都でも、今はそれほど貼られていないとも聞く。日本では日本人であることを誇ると『レイシスト(差別主義者)だ』と騒ぐ人がネットにはいますが、この騒動もその一環にすぎないのではないでしょうか。このポスターを『打倒安倍政権』の道具としてネットで問題にする人たちが、政治的な論調の仕掛人になってしまう状況はまずいと思います」(中川氏)

6年前のポスターをめぐる、どこまでもおかしな大騒動である。


小早川怜子

これまで、「ナポリタン味」や「コーンポタージュ味」などのアイスとしてあり得ない味を発売し続け、さらに最近は「グリーンスムージー味」も発売した赤城乳業が製造するガリガリ君のリッチシリーズ。早くも新商品の味と発売日が発表されました!夏のチーズをテーマにしたと言う新商品は「レアチーズ味」で、5月16日より発売されるようです。何だか最近のガリガリ君は奇をてらった新商品ばかりで呆れ気味ですが、今回発表された「レアチーズ味」は美味しいのか不味いのか想像だけでは全く判断できないため、久しぶりに買ってみてちょっと食べてみたいと思えますね。


今度の「ガリガリ君」は”夏のチーズ”? 「リッチレアチーズ味」が新発売

5月16日より、アイス「ガリガリ君」シリーズに”夏のチーズ”をテーマにした新商品「ガリガリ君リッチレアチーズ味」130円(税別)が加わる。近年のかき氷専門店で人気を博している「スイーツ系かき氷」をイメージし、2種のクリームチーズを使用したコクのある味わいに仕上がっている。

アイスには、クリームチーズ、マスカルポーネチーズの2種類のチーズが使用されており、その名の通りリッチな味わいが特長。また、かき氷の中にレアチーズと相性の良いレモン風味のソースを入れることで、爽やかな夏らしい味わいを表現した。スイーツとしての美味しさを追求したため、氷のサイズが細かめになっており、従来のガリガリ君よりもやわらかく、なめらかな食感を楽しめる。

いつも”新しさ・楽しさ・美味しさ”を追求した新商品で、ファンから人気を集めているガリガリ君。今夏は、この「リッチレアチーズ味」に加えて、定番の「ソーダ味」、夏にピッタリの「スイカ味」70円(税別)「梨味」70円(税別)、ポケモンとコラボした「チョコ味」330円(税別)が販売される。