Amazon、1類医薬品の販売開始 ロキソニンなど取り扱い

大手通販サイト「Amazon」にて、1類医薬品の取り扱いが開始!これで、わざわざ薬局に行かなくても24時間いつでも最強の鎮痛剤と称される「ロキソニン」が買えますね。なお、通常の商品とは違い年齢、性別、症状などを入力フォームに記入して送信しないといけないようです。また、その内容が不適切であると判断された場合は購入できないとのことです。本来なら薬剤師が常駐している薬局でしか購入できない薬品であるため多少の手間が必要になってしまうのは仕方ありませんね。私は、1類医薬品を購入することはほとんどないため関係ありませんが、普段から「ロキソニンS」や「ガスター10」を服用している人にとっては更に便利になること間違い無しです。

アマゾンジャパンはこのほど、「Amazon.co.jp」上で第1類医薬品の販売を始めた。消炎鎮痛剤の「ロキソニンS」や胃腸薬の「ガスター10」など計76種類を24時間いつでも購入できる。

同社は2013年10月に医薬品のネット販売を始めたが、取り扱いは「第2類」「指定第2類」「第3類」の3種類のみだった。1類の販売には厚生労働省がガイドラインを設けており、薬剤師による監修などが求められていた。

1類の販売開始に伴い、Amazon.co.jp上での購入時の仕組みを整備。ユーザーが購入したい医薬品をカートに入れ、「レジに進む」をクリックすると、年齢、性別、症状などの入力フォームが表示される。フォームの入力内容を踏まえ、担当薬剤師が適正使用と判断した場合のみ、購入が認められる仕組みだ。

薬剤師が適正使用ではないと判断した場合は、注文を取り消す場合もあるという。入力フォームからは、薬剤師に対する質問も可能。注文確定後に、メールで回答を送信するとしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする