最高級神戸牛を破格で!“肉年の肉の日”から提供開始

先ほど、美味しそうなチョコレート大福の写真を見てすごくお腹が空いてるこのタイミングで、この最高級神戸牛の写真はヤバイって!ヤバすぎるって!!もうさっきからよだれが止まりません。何度もジュルリと舌なめずりをしてしまいます。口の中には何も入ってないのに自然とモグモグと口が動いてしまいます。考えてみたら最近は焼肉もステーキも全然食べてませんでした。ちょっと奮発して美味しいお肉でも食べに行きたいですね。あっ、そういえば今日は2月9日ということはまさか「肉の日」なのでは!?でも、今日は混みそうだしご馳走はやっぱり平日よりも休日に楽しみたいからまた別に日にしようっと。

「神田の肉バルRUMP CAP(ランプキャップ)」と、姉妹店「ワイン好きの肉バル 寓-goo-(ぐう)」では、2月9日(木)から2月15日(水)までの期間限定で、“究極の肉の日に究極の肉を味わう夢の7日間”と題し、最高級の「A5神戸牛」を破格で提供する。

同企画は、平成29年2月9日を“肉年の肉の日”として、最高級「A5神戸牛赤身ステーキ」150g(税抜2900円)を楽しめるスペシャルイベント。

日本三大和牛の一つである「神戸牛」の本場、兵庫県・神戸市三宮に昨年オープンした「神田の肉バル RUMP CAP 三宮店」。三宮店限定で販売する最高級「A5神戸牛ステーキ」は、肉質・味ともに好評を集め、リーズナブルな価格から口コミで人気となっている。

同企画では、東京でも気軽に本場の「神戸牛」を味わえるよう、最も人気の高い「A5神戸牛赤身ステーキ」150gを、“29”の語呂合わせにちなんだ2900円で提供。さらに、神戸牛にぴったりな2種の厳選ワインが、リーズナブルな価格設定にて特別にグラスで用意。 “イタリアワインの王”といった風格が漂う「バローロ(2012年ヴィンテージ)」をグラス900円(税別)、深くまろやかで気品ある「バルバレスコ(2012年ヴィンテージ)」をグラス700円(税別)で味わうことができる。フルボトルも用意されているので、グループにもおすすめだ。

実施店舗は「神田の肉バルRUMP CAP」神田店・新橋店・立川店、「ワイン好きの肉バル 寓-goo-」銀座店・桜新町店・蕨店の合計6店舗。各店各日数量限定なので、気になる人はお早めに。最高級の神戸牛ステーキを2種のイタリアワインとマリアージュする贅沢な時間を、手軽に楽しんでみては。【ウォーカープラス編集部/ホシ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする