アンガールズ田中、「10万円の茶器で紅茶愛飲」で西内まりやとのCM共演ゲット

「ジャンガジャンガジャンガジャンガジャーン♪」のネタでブレイクしたアンガールズのツッコミ担当の田中卓志さん。正直、ただの一発屋として終わってすぐにテレビで見なくなると思っていましたが、今でもいろんな番組に出演して活躍しているところを見るため、たまたまウケたのではなくお笑いの実力があったということでしょう。視聴者の前に現れるだけで女の子たちに「キャー!キモーイ!」と叫ばれて笑われるというのは芸人としてはかなり美味しく、ある意味では天賦の才と言えるのではないでしょうか。また、気持ち悪いと言われているものの見ていて不快にならないからこそ現在でも多くの番組に出演できるわけであり、本当に心の底から嫌っている人は少ないのだと思います。私も、「やーまーねー!」のフレーズだけで笑ってしまいます。でも、相方の山根さんと一緒に見ることは減ってしまいましたよね。

20160801_013

7月16日からオンエアされているキリンビバレッジ「午後の紅茶」の新CM「ティーガール 夏」篇に出演しているお笑い芸人のアンガールズ田中卓志。田中は大の紅茶好きで、自宅では10万円ほどする茶器セットを愛用していることは広く知られており、それが今回のCM出演のきっかけとなった。

「田中がメインキャラクターの西内まりやに向かってウィンクする姿は、視聴者から『気持ち悪い』という声が寄せられていると聞いていますが、これは想定内の反応だそうです。それよりも西内が田中を見ながらリアルに気持ち悪そうな表情をすることが話題になっているため、CMに田中を起用したことは当たりといえます。ところが、田中は同じ芸人仲間から『趣味が仕事につながってうらやましい』『CM出演できるなんて』などとやっかまれているため、かなりへこんでいるそうです。田中は『気持ちが悪い』と言われることには慣れていますが、やっかまれることには慣れていませんからね」(広告代理店社員)

多くのドラマや映画にも出演している田中。「気持ち悪さ」というマイナス要因をプラスに転化させた腕前は、まさにあっぱれと言えるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする