<ラブライブ>偽グッズで仙台の会社員を逮捕

先日放送が開始されたばかりの新アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」を始め、さまざまな人気アニメの偽グッズを販売して逮捕されたそうですが、販売開始からわずか二年ほどで3,250万円も売り上げていたことに驚きです。やはり、一度ヒットするとグッズだけでかなりの売り上げが見込めるんですね。しかし、インターネットが普及した現代では簡単に販売できるというメリットがある代償として、すぐに公式のものなのかを見抜かれてしまうということだと思っていましたが、意外にも二年間以上も店が存続していたことにさらに驚きました。もしかしたら、購入者は偽者と知りつつ購入していた人が多いのかもしれませんね。そして、客と店側で何かトラブルが発生して復讐として通報されてしまったのかもしれません。

20160720_001

茨城県警、著作権法違反と商標法違反の両容疑で

人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」などの偽グッズを販売したとして、茨城県警は19日、仙台市宮城野区萩野町、会社員、下山稔容疑者(33)を著作権法違反と商標法違反の両容疑で逮捕した。「生活費の足しにするためにやっていた」と認めているという。

逮捕容疑は昨年10〜12月、著作権の許諾や商標使用の権限がないにもかかわらず、アニメのキャラクターやロゴがついたスマートフォンケースなど3点をインターネットを通じて販売したとしている。

県警は下山容疑者の自宅から約8000点の偽アニメグッズを押収。2014年2月から今年5月までに約3250万円を売り上げたとみており、入手経路の特定などを進めている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする