羽生金、宇野銀の男子フリー中継、涙の抱擁で瞬間最高46・0%の高視聴率

土曜日のお昼という時間帯で、条件が色々重なった高視聴率です。フィギュアスケートは採点競技なので見る人によって評価は違いますが、それでも羽生選手が他の競技者とは比較できない芯の強さを持っているのがわかりました。彼に追いつこうと全体のレベルも底上げされる良い起爆剤になったんじゃないかと思います。スター性から羽生選手が生み出すコンテンツの価値は急上昇していて、当然の結果とも言えそうですがやはりすごいです。ショートの圧倒的な高得点で金も狙えると考えた人は多いと思いますが、フリープログラムの方が体力を消費するので本人は不安が大きかったはずです。金メダルが決定して宇野選手に抱擁する中、今まで見せたことがない泣き顔に感動して、本当に良かったと心から安堵しました。羽生選手と宇野選手は小さい頃から仲が良いみたいで、その頃から頭をポンポンと軽く叩くようなことをしていたそうです。中には銀メダルの宇野選手を見下しているなんていう見方をしている人もいるみたいですが、それは大きな間違いです。職場でも街頭でも、テレビが見れるような環境ではその時間に視聴していた人が多かったみたいです。視聴率はビデオリサーチという会社が統計をとっているので、実際にはもっと多くの人が見ていたのかもしれません。

フィギュアスケート男子の羽生結弦(23)=ANA=が金メダルを獲得した17日の平昌五輪フィギュアスケート男子フリーのNHK総合での生中継(後0時15分)の平均視聴率が33・9%を記録したことが19日、分かった。瞬間最高視聴率は試合終了直後の午後2時10分、金メダルが決まった羽生が泣きながらブライアン・コーサー・コーチ、銅メダルのハビエル・フェルナンデス(スペイン)、銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=らと抱き合う場面で46・0%をマークした。


<米カジノ大手>大阪を最有力候補地に「日本独自のIRも」

カジノ経営にはパチンコ業界が入り込まないようにして欲しいです。マルハンなんていう日本に対して悪意しかない名前の企業が関わるカジノには行きたくありません。ラスベガスのようなカジノ都市を作るなら、既存の街を改修するのではなく、何もない土地から初めてインフラを整える必要がありそうです。十分な空きスペースを残すことで、拡張性を確保したまま臨機応変に対応できます。外貨を稼ぐ方法として優秀だと思いますが、それでも射幸心を煽るような遊びを国内に蔓延させないで欲しいという方もいます。確かにギャンブル依存症になる確立がパチンコよりも高く、予定されている年間入場制限数などがなければ破産する人も増えそうです。24時間営業などすれば、治安も悪くなる可能性もあるので、そういった問題を丁寧に解決する姿勢も大事です。

 米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナルのジェームス・ムーレン会長兼最高経営責任者(CEO)は6日、大阪市内で事業説明会を開き、日本国内での展開を目指すカジノを含めた統合型リゾート(IR)について「大阪(進出)を強く考えている」と語り、大阪府・市が誘致を目指す大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)を最有力候補地にしていることを明らかにした。また、日本の美意識や感性を理解し、豊かな伝統、芸術、食文化も尊重するとして、「日本独自のIRをつくりたい」と述べた。


白石麗奈

大塚家具が8日発表した2017年12月期決算(単体)は純損益が72億5900万円の赤字(前期は45億6700万円の赤字)となった。赤字は2年連続で、過去最大。経営権をめぐる創業者一族の「お家騒動」後、企業イメージの立て直しが遅れ、業績不振が続いています。何をするにも中途半端になってしまったという感じがします。高級路線というわけでもなく、でも安いというわけでもなく、一体どんなお客さんをターゲットに販売しているかわかりません。ニトリやイケアと比べれば商品の作りは悪くありませんが、でもこの家具が欲しいと思わせるほどの商品力がないのも事実です。値段の面がネックになってしまって、ベッドを買いにショールームに行ったときも何も買いませんでした。家具は一生モノという考えで高級品を買っていた時代は終わり、通販やリサイクルショップを利用する消費者が増えました。わたしはあまり恩恵を受けていませんが、アベノミクスで高所得者が増えた時代の流れを考えて、高級志向な富裕層をターゲットに業務を続けるべきでした。あと、親を社長の座から降ろして裁判でドロドロしているイメージは、直接は関係なくてもなんか嫌ですね。これまでの大塚家具を壊さずに、新しいブランドを娘さんは生み出すべきでした。従業員や会社の未来よりも、なんだか社長というポジションに固執しすぎている感じがしました。

熱い眼差しと艶のある唇はすっかり大人として完成した美しさです。こんな受付嬢が会社にいたら、用もないのにとりあえず来ましたなんていう営業マンが増えてしまうかもしれません。


発券トラブルの「てるみくらぶ」破産で山田社長らが会見

破産手続きが完了すれば、もうチケットを購入したユーザーへの賠償は難しくなるでしょう。負債が150億円に対して、保障に当てられる加盟委託金が1億2千万円。これは、単純計算すると100分の1にも満たない微々たる金額です。この会社はすでに破産する状況なのは分かっていたはずなのに、それでも営業を続けてチケットのお金を巻き上げていました。悪質極まりない手口であり、一般消費者が涙を飲むしかないという状況はなんとしても避けて欲しいです。価格が安いことでしか魅力を作れない会社は、業種を問わずに危険な自転車操業を行っている可能性があります。支払った代金が帰ってないだけでなく、旅行を楽しみにしていた人間の気持ちを踏みにじった責任をどうとるのか?会見をじっくり見たいです。

 格安での海外旅行などを手がける旅行会社「てるみくらぶ」が27日午前11時半から記者会見を行う。

 同社が販売した航空券などが発券できないなどのトラブルが相次いでいたが27日、東京地裁に破産を申請し、開始決定を受けた。


「メタルギアソリッドV」の核廃絶カットシーンが突如としてアンロック、コナミが原因を調査中

小島プロダクションが予め制作時に仕込んだサプライズなのかもしれません。何年も前にリリースされた作品が再び注目されるようになるなんて、新しい広告のやり方とも言えます。ファントムペインは少し期待はずれだったところもありますが、それでもシリーズを通して見れば名作であることに間違いはないです。国際社会、政治、戦争など、難しいテーマを扱った作品ですが、今の世界情勢と重なって見える部分もあるので、製作者のメッセージが込められているのかもしれません。条件満たしていないのにイベントがアンロックされてしまう事態は、製作者サイドも予期していなかったミスなのでしょうか?通常なら絶対に見れないイベントらしく、公式サイトがユーチューブで配信したことによってしか見れないものです。

リリースから2年以上経過した「メタルギアソリッドV ファントムペイン」の隠されたカットシーンが突如としてアンロックされたが、コナミもその理由がつかめていないようだ。 
核廃絶カットシーン自体は「ファントムペイン」がリリースされた2015年9月にデータ解析によって発見され、すでにYouTubeで公開されていた。しかし、正攻法でこのカットシーンをアンロックする条件ーー特定のプラットフォームで全てのプレイヤーのFOBの核兵器を破棄するーーは、ほぼ実現不可能とされてきた。


ZOZOTOWN、“似合う服”届く「おまかせ定期便」提供開始

自分で選んで服を買うことが楽しみだったので、想像もできないような斬新なサービスです。センスやコーディネートに自信がない場合は、予め選んでもらうことで迷わず着れて便利そうです。合コンで私服が似合っていないなんて言われて自信喪失した人や、親に買ってもらっているなんていう人もいるでしょうし、そういう方に需要があります。ショップからしたら偏っている在庫を処分することもできるし、利用者はちゃんと知識のある人が選んだコーデなら大丈夫という安心感があります。忙しくて全然買い物ができなくて仕事と家の往復なんて人にも良さそうです。興味があるけど、今までチャレンジしたことがないジャンルだな~と思っても、トータルで全部の服を選んでもらえるなら利用してみようという気にもなります。ただ、他人が選んだものなので、サイズが合っていなかったり、デザインがちょっとという場合はちゃんと返品できるのでしょうか?その点が気になります。マネキン買いなんてこともファッションに自信がない人はすることもあるので、これから盛り上がっていきそうです。

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは2月15日、利用者の好みに応じてスタッフが“似合う服”を選定して届けるサービス「おまかせ定期便」の提供を始めた。定期的に届く5~10点の商品から気に入ったものだけを購入でき、不要な商品は無料で返送可能だ。利用には商品代金の他、送料200円(税込)がかかる。あらかじめ好みのテイストや取り入れたいアイテム、取り入れたくない柄やカラー、隠したい体のパーツ、サイズや予算感などを伝えると、これまでの注文履歴なども参考に同社スタッフが5~10点の商品を選定する。届ける頻度は、1カ月ごと、2カ月ごと、3カ月ごとから選べる。


「客室乗務員」の就職人気が下がった理由

LCC増加による人手不足が以前から問題視されていましたが、LCCのCAの忙しそうな業務を見ていると嫌になる人もいるかもしれないと実感しました。人は足りていませんが、だからと採用基準を緩くするわけにもいきません。現在活躍している職員を大事にしながらも、しっかりと教育されたCAを増やして欲しいです。日本は空の旅をエスコートする真心の篭った接客を心がけているみたいですが、海外ではレストランの接客程度くらいにしか考えておらず、ざっくりとしたラフな接客も珍しくありません。国際線でも決め細やかな対応してくれる日本人のCAさんがいると安心します。華やかな勝負ではありますが、やはり体力勝負のかなりきつい仕事だと思います。老若男女の様々な人種を毎日相手にして長時間のフライトを働くのですから。ハードな業務に見合う高額な給料を設定するべきです。

 インフラ企業である航空会社の学生人気は、依然として衰えていない。学情が調査する文系女子の就職人気企業ランキングにおいて、ANA(全日空)は1位、JAL(日本航空)は2位と堅調だ。黙っていても学生が殺到し、優秀な人材に困らないと思うだろう。しかし採用は職種別であって、長らく「花形職業」と言われてきたCAは今、人材確保に必死なのである。

 ANAは16年から大学生向けの「1dayインターン」を始めた。従来のインターンシップと言えば、5日間ほどかけての就業体験が中心だった。しかし、ANAが始めたのは、わずか1日。いわゆる会社説明会のような短期間での体験をインターンと称して行い、学生との接触機会の拡大を図っている。


<京都大>追加合格へ 昨年2月入試、物理で解答不能設問

京大はいつからか入試問題検討会に参加しないという方針があるようです。何年か前に検討会で、入試問題の道徳性に意見をした高校教員に対して腹を立て、それからずっと不参加になったという噂があります。今度はこのように大きな問題になる前に、検討会に出席した方がいいでしょう。この回答不能な問題だけならこれをやらなければいいということではなく、これを解くのに時間がかかったりして全体に影響が出ます。頭の良い人間は、ある程度やってから見切ったかもしれません。去年の2月の入試のことなので、丸々1年経ったということになります。いくらなんでも時間がかかりすぎていると思うので、最低でも1・2ヵ月くらいで調べて欲しいです。大学の先生は字が汚かったり教え方が下手な人が普通にいるので、問題を考えているうちに自分でも良くわからなくなってしまったんじゃないでしょうか?

 京都大(京都市)が昨年2月に実施した一般入試(前期日程)の物理の問題について、不適切な設問があったとの検証結果をまとめた。合否判定をやり直して、不合格とした複数の受験生を追加合格とする措置をとる方針。1日午後4時から記者会見して発表する。

 今回の京大の問題を巡っては昨年6月10日、大阪府内であった入試問題検討会でも不備を指摘する意見が出た。高校教諭や予備校講師らを中心に、阪大などを含む関西の複数の大学関係者も出席していたが、京大関係者はおらず、指摘は伝わらなかった。


福井県で記録的豪雪 37年ぶりに積雪136cm超え

福井県は豪雪地帯だからあまり珍しくないなんて思われる方もいると思いますが、福井市で50cm以上の雪が降るのもかなり珍しいらしく、今回は136cmという記録的な積雪に対応できていないという状況です。平年なら5分の1もないくらいなのに、除雪対応が完全に追いついていません。数年前、オリンピックが開催していたときに山梨県が大雪に見舞われて孤立しましたが、そのときもオリンピック関連のニュースばかりで大雪に関する報道は一切されていませんでした。家から出れず、この状況はいつ回復するのだろうと待っている方にはちゃんと災害に関する報道を伝えるべきです。交通網が遮断され、食料や水もなくなり、給油制限までされたらニュースは命綱になると思います。いつこうなるかわからないので、普段からある程度の食料の備蓄と、ガソリンや灯油も余裕を持って生活した方がいいですね。

 日本付近に流れ込んだ非常に強い寒気と日本海に発生した雪雲のライン(JPCZ)の影響で北陸では激しい雪となっており、福井県では37年ぶりに136cmを超える積雪を観測しています。

 この激しい降り方は2月7日の未明にかけて続く見込みで、更なる積雪増加に警戒が必要です。

福井市では積雪深136cm超え
 福井市では昨夜から記録的な大雪となっており、6日14時時点で136cmの積雪を観測しました。これは1981年の昭和56年豪雪以来37年ぶりの記録で、県内では国道8号で立ち往生が多発するなど、交通にも甚大な影響が出ています。


日本円の出金額、13日だけで401億円=コインチェック取締役

客から預かっている大金があるにもかかわらず、第三者の機関が確認する仕組みがないのは不味いと思います。まずは第三者の立ち会いのもとに、ちゃんと保証金の準備が行われているのかということを調べて被害者に伝えるべきです。とりあえずしっかりとした情報だけでも出して安心させることが大事です。お金は問題ありません!只今準備中ですのでしばらくお待ちください!と言われて何ヶ月も経っていたら、実はその言葉の裏をとって疑って下さいと言っているようなものです。非常事態になったときにこんな素人対応をしているのを見れば、国の認可が下りないことも頷けます。流出保証加えたら1000億円は軽く突破すると思いますが、本当に支払える能力があるのでしょうか?仮想通貨の売買が再開したら、とりあえず決済して出金する人が多くなるので、まだ引き出していない場合は倒産する前に出金した方が良いと思います。金融庁が対応して内部事情を調べましたが、もし何もしていなかったら日本円の出金も行われていたか怪しいところです。もうこれだけ信用を失っている企業なので、営業再開させるよりも潰してから新しく会社を作った方が良さそうです。資金に余裕があるなら、一番高い時の相場で保障してくれるくらいのことをすれば、「コインチェックやるじゃん」なんて評価も上がるはずですが、やはりそれだけのことをするほど資金はないでしょう。しかし、500億円近くの現金を用意できるとは思いませんでした。仮想通貨の取引が相当儲かっている商売と言えるのかも知れませんが、以前にノミ屋みたいな仕組みだと指摘されたこともあるので、結構グレーゾーンなのかもしれません。

仮想通貨取引所・コインチェックの大塚雄介取締役COOは13日、記者団に対し、同日再開した日本円の出金額は、13日だけで401億円に上ったと述べた。外部の不正アクセスで流出した仮想通貨NEMの補償については、補償の原資は確保できているとする半面、補償の実施時期は「めどがつきつつある」と述べるにとどめ、具体的な時期は明言しなかった。コインチェックは、NEMの保有者約26万人に対し、総額463億円に上る補償を自社の現預金で行なう方針を示している。しかし、大塚COOは、コインチェックが現在保有している現預金の総額は明らかにしなかった。