夢実あくび



細かいしがらみよりも結果全ての人気だけで活躍できる彼女らの方がよっぽど分かり易くて良いです。

幾ら有名でもあっても仕事は信用信頼が第一。騒動を起こしたとなれば、高いネームバリューが逆に自身を貶める結果にも繋がるのです。事務所との関係やその他事情がどうあるのかは全然ですけど、この内容だけ見るとこれまで協力してきた人たちを裏切ったって印象しか残りませんね。まあこれで事務所が1年も残っていたら逆にビックリなので、関心薄い人間としては生き残ってくれた方が面白いです。件の演出家についての詳細が同性と言う事しか分かっていないので、判断材料は殆どありませんけど…この段階ではグレーを疑わずにはいられませんね。


能年玲奈、6月末で所属事務所と契約終了 独立後、活躍の場は存在するのか

 2013年放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に主演し、人気を博した女優の能年玲奈(22)に引退危機が一部で報じられて話題を集めている。

最悪の場合このまま芸能界引退も

 能年は、「あまちゃん」で一躍国民的女優となり、14年8月公開の主演映画「ホットロード」で「日本アカデミー賞」の新人俳優賞を獲得するなど活躍をみせた。

 だが、昨年4月に所属事務所からの独立騒動が勃発。

 能年は所属事務所に無断で、長年にわたって演技指導を受けてきた演出家の女性と個人事務所を設立。

 その後は、所属事務所サイドが映画やドラマの出演作の打ち合わせや契約交渉の場を設けても応じなくなっていたという。

 そして、今年6 月いっぱいで能年と所属事務所との契約が切れることから、最悪の場合このまま芸能界引退の可能性もあることが、最近になって一部メディアで報じられた。

 芸能プロダクションのマネジャーは明かす。

 「能年さんの件に関しては、人気女優の独立騒動ということで、業界内でも以前からかなり注目を集めていました。所属事務所の方はなんとか関係性を取り戻そうと交渉を打診していましたが、能年さんサイドが頑なに拒み、没交渉の状態が続いていたようですね。いくら売れっ子といえども、きちんとした“窓口”がない限り、テレビ局や映画会社、CMクライアントなども仕事を振りにくいというのが業界の実情。独立騒動はイメージも良くないし、このまま事務所を退社するとなると、かなり厳しい状況になるのではないでしょうか」

厳しい意見が大勢を占める業界内

 そうした中、演出家のテリー伊藤氏はコメンテーターをつとめるTBS系情報番組「白熱ライブ ビビット」で、能年に一番必要なことは「お金でなく、いい仕事」といい、「ある程度、大きな事務所に入って健康的な仕事をすること」とコメントしている。

 宮根誠司アナウンサーはMCを務める日本テレビ系情報番組「ミヤネ屋」で、所属事務所とのこれまでの経緯を振り返り「芸能界はもちろんですけど、一般の会社にしてもそうですけど、事務所に内緒で、無断で事務所をつくるというのはルール違反」と指摘。

 そのうえで、「事務所としては能年さんを大事に育てているというのがあったと思う」とし、「最後の最後に守ってくれるのが所属事務所」と話している。
 
 業界内の見方としては、能年の才能を惜しみエールを送る一方で、今後を危惧し、独立騒動に対しては厳しい意見が大勢を占めている印象だ。

タレントの独立騒動や移籍騒動に業界内の目が厳しい理由とは?

 芸能評論家の三杉武氏はこう語る。

 「能年さんにもそれなりの言い分はあるでしょうし、所属事務所との契約内容を知らないので、一概に言い切れない部分もありますが……。それでも能年さんが女優として今の地位を築けたのは本人の才能や努力はもちろん、所属事務所のバックアップがあってこそ。移籍したタレントなどは別として、基本的に芸能プロは才能があると見込んだ新人タレントを育てるにあたり、レッスンを受けさせたり、売り込みをしたり、プロモーションを展開したりと、かなりの“初期投資”をします。この初期投資というのは、なにもお金の話だけでなく、時間だったり、人手をかけたり、そうした諸々の要素も含んでのことです。タレントがある程度売れるまでの間は、所属事務所がほとんど持ち出しで、そのタレントの才能を何とか開花させようと、ひたすら“投資”するわけです。もちろん、投資したからといって売れるとは限らないし、結果、陽の目を見ないタレントの方が大半です。そうした下積み時代の恩があるからこそ、多くのタレントは多少契約に不満があろうと、ほかの事務所からもっと良い条件を提示されようとも“古巣”を大切にするし、タレントの独立騒動や移籍騒動に対して業界内の目が厳しいのはこうした背景があるからでしょう」
.

大手事務所と仕事をするメリット

 さらに、民放テレビ局の編成担当は、タレントの独立に関するリスクを指摘する。

 「売れっ子タレントを数多く抱えている事務所を敵に回すと、当事者の事務所はもちろん、取引のある別の事務所からも“共演NG”にされたり、仕事の幅を狭めることになりかねません。それに、我々が大手事務所と仕事をするメリットとしては、不測の事態にも対応してくれるという要素があります。例えば、タレントさんが体調を壊して突然予定していた番組に出られなくなったりしても、代わりのタレントをすぐに用意してくれたり、迷惑をかけたからという理由で別の番組に売れっ子を出演させてくれたりと、関係性が深まっていきます。もちろん、こうした“お付き合い”に関しては、しがらみができるといったマイナス要素もありますが、トータル的にみればプラスの部分の方が大きい。個人事務所となるとこうはいきませんからね。最近では個人事務所に所属しながらも、大手事務所と業務提携という形で契約しているタレントさんも多いですしね」

 となると、気になるのは能年の今後だが……。

 「言われているように、個人事務所を窓口に芸能活動を続けていくとなると、所属事務所の存在もあり、テレビや映画、CMといった仕事に関しては難しい部分があるでしょう。可能性があるとすれば、それほど業界内の“しがらみ”のない舞台を中心に活動していくということになるのでしょうが、それはそれで大変だと思うし、大幅に露出が減るのは間違いないでしょう」(前出のマネジャー)

 テレビや映画で再び能年の笑顔を見る日は来るのか?


<安倍首相>消費増税、再延期へ 「リーマン前に似ている」

延期と言われても、他の税金は順調に増税されてますし、税金のばら撒きという変な政策が彼方此方見受けられていると言う…。汗水流して手にした給料がまるでシミュレーションゲームの適当なプレイに注ぎ込まれているような錯覚を覚えます。「まあ自分の金じゃないしね!」って暴言吐かれてる気分です。今更延期されても何と有難いとも思えません。それで議員の削減など放置してることを煙に巻く気でしょうかね?アベノミクスが進行して財布の紐が固くなったってことしか実感として得られたものはありません。


 安倍晋三首相は26日、来年4月に予定されている消費税率10%への引き上げを再延期する意向を固めた。現在の世界経済の情勢を2008年のリーマン・ショック直前と似ていると分析。予定通り増税した場合は、経済が急速に悪化する懸念があり、政権が目指すデフレ脱却が困難になると判断した。

 首相は26日、主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)に出席後、記者団に「今回のサミットで、世界経済は大きなリスクに直面しているという認識については一致することができた」と強調した。

 首相は首脳会議で、世界経済に関し、エネルギーや食料、素材などの商品価格について、資料を示しながら「最近の14年6月~16年1月にはリーマン・ショック前後の08年7月~09年2月と同じく55%下落した」と指摘。さらに中国など新興国や途上国の投資伸び率については「リーマン・ショック後の09年は05年以降では最低の3.8%だったのに対し、15年は2.5%とさらに落ち込んだ」など繰り返しリーマン・ショック時との比較に言及した。

 首相はこうした説明を踏まえて「リーマン・ショック直前の洞爺湖サミットで危機の発生を防ぐことができなかった。そのてつは踏みたくない」と強調。そのうえで「世界経済は分岐点にある。政策対応を誤ると、危機に陥るリスクがあるのは認識しておかなければならない」と訴えた。

 首相はこれまで、消費増税について「リーマン・ショックや大震災のような事態が発生しない限り実施する」と繰り返し発言していた。リーマン級にはなっていないが、その「直前の状況」に似ているとして延期を決めれば、増税延期の理由を変更することになる。延期しても「アベノミクスの失敗」ではないと主張できると考えているとみられる。

 首相は14年11月に10%への引き上げの延期を表明した際に、「再び延期する必要はない」と説明していた。このため、自民党内には「再延期する場合には国民に信を問わなければならない」として、夏の参院選と同時に衆院選を行うべきだとの声がある。【仙石恭】


島崎結衣



同じ白ワンピならば彼女の方が好みですね。一見大人っぽい雰囲気を漂わせるも直後の甘えたそうに見詰めてくるという小悪魔っぽい一面にドキっとさせられます。

服のお値段まで分析させると言う徹底振りにはドン引きしてますが、個人的には強烈な自己愛を感じさせられました。堂々とした格好と言うのは「身の潔白」にも通じてはいるものの、大騒動を引き起こした中心人物としては自粛すべきでしょうね。これに関しても自分なら…って言うだけなので、何故か大層盛り上がっているバッシングに疑問を感じています。そういう心理学自体は面白く思いますけど、ネタを無理に作り上げてる感は否めません。尤も自分を含めて多くの人が釣れているので成功はしてるんですけどね。


小保方さん「純白ワンピース」の意図 服装心理学者の診たては?

 「STAP細胞」をめぐる論文不正問題が世間を騒がせた小保方晴子氏が、2016年5月24日発売(首都圏など)の女性誌「婦人公論」で、約2年ぶりにメディアに姿を見せた。瀬戸内寂聴さんとの対談内容が話題を広げる中、誌面に登場した小保方氏の「服装」や「メーク」にも大きな関心が集まっている。

 白を基調としたワンピースに白いハイヒール、ハンカチに数珠まで真っ白――。小保方氏は、そんな「純白」の装いで瀬戸内氏との対談に臨んだ。久しぶりのメディア出演にこうした服装を選んだことについて、服装心理学の専門家は「身の潔白を訴えたいという意思表示にもとれる」と分析する。

■ワンピースは「11万6000円」

 「STAP細胞」論文を発表した際の「割烹着姿」をはじめ、これまでも度々注目を浴びてきた小保方氏のファッション。約2年ぶりの登場となった今回の対談記事でも、誌面に掲載された近影から、その服装に大きな関心が寄せられた。

 今回、小保方氏が着ていたのは、イタリアの高級ブランド「VALENTINO(ヴァレンティノ)」の16年春夏コレクションの新作ワンピース。白を基調としたデザインで、襟元には花柄の刺しゅうが入っている。丈もかなり短く、掲載された小保方氏の全身写真を見ると、膝上が大きく露出している。

 日本では東京・青山にある直営店で取り扱っていたが、「数量が少なく、人気が高かったため」すでに売り切れており、在庫も無い状態。通販サイト「BUYMA」でイタリアから直接取り寄せた場合、価格は送料込みで11万6000円だ。

 小保方氏は今回、ワンピースだけでなく、靴や装飾品も全て「白」で揃えていた。足元には白いハイヒール、取材中に取り出したハンカチや数珠も白を選んでいる。こうした服装について、ツイッターやネット掲示板では、

  「白いワンピースはやり過ぎ」
  「もうちょっと落ち着いたスーツやジャケットとかあっただろうに」
  「この状況であの白いワンピース、白いストラップシューズを履ける神経がやっぱり理解できない」

などと手厳しい声が出ていた。

 また、記事中にはヘアメイクの担当者の署名はあるが、スタイリストのものはない。そのため、今回のファッションは小保方氏の私物の可能性が高いとみられる。

「私には何の汚れもない」というアピール

 小保方氏が久しぶりのメディア出演で「白い服装」を選んだことについて、服装心理学・社会学者で文化学園大学の伊賀憲子特任教授は、「自己主張の強さを感じる」と25日のJ-CASTニュースの取材に答えた。

 伊賀氏は続けて、「白いファッションで身を固めたことは、強烈なメッセージ性を持つ」として、

  「『私には何の汚れもない』と自らの潔白を主張していると捉えることもできるでしょう。ただ、このような服装を選ぶこと自体に違和感を覚えますし、過去に騒動を起こした人物が公の場に出る格好としてはふさわしくありません」

と説明。その上で、無難な「黒のスーツ」や「濃紺のワンピース」を選んでいれば、「何の問題も無かった」とも話した。

 また、小保方氏といえば、メディアから姿を消す前は、アヴァンギャルドなデザインで知られるイギリスのブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」を愛用していることが話題になっていた。

 記者会見時に左手の中指につけていた金の指輪は、一時「トレードマーク」として騒がれたほど。また、論文の不正問題を釈明した記者会見の服装も、同ブランドの紺色のワンピースだった。そのため、今回の服装をめぐっては、「色々あって趣味が変わったのかしら」との声もネット上に出ていた。


大韓航空機から出火、乗客避難=離陸滑走中、けが人なし―東京・羽田

辛うじて怪我人はゼロで済むも結論としてはやはり恐ろしい韓国クオリティと言うべきか。まだ離陸中だったのが幸いでしたね。少しタイミングが遅れたり、羽田に向かってる最中に炎上しても助からなかった可能性は高そうなもの。しかしサミットの最中に羽田空港という日本を巻き込む形になったのは印象としては嫌な感じ。タイミング的には陰謀論ですけど、大韓航空機って聞くだけでありえなくはないと思ってしまう辺りが色んな意味で末期です。しかしどんな理由であっても、一昔から比べて飛行機トラブルが激増してるように感じてしまいますね。確率的には全ての乗り物事故の中で最底辺に位置する乗り物なんですが…。最悪が起きたときの被害もピカイチ。記憶には残ります。


 27日午後0時半ごろ、東京都大田区の羽田空港第2ターミナル国際線C滑走路で、離陸滑走中の大韓航空機から出火、滑走路上に停止し、消火剤をまいて火は間もなく消し止められた。

 乗客は脱出シューターを使い機外へ避難した。警視庁によると、乗客乗員にけが人はいない。

 警察庁によると、大韓航空機の火災について事件性を示す情報はないという。

 国土交通省によると、同機はボーイング777―300で、午後0時20分羽田発、韓国・金浦空港行きの2708便。乗客302人で乗員は17人だった。左エンジン部分から煙が出たといい、羽田空港は4本の滑走路全てを閉鎖した。


コンテンツ



控えめそうな雰囲気を出しながらも相手の方からグイグイ引っ張ってくれるってギャップが最高!お陰様で少々お転婆って感じも見受けられますが、このムードで急接近しなければ世のカップルはみんな偽装です。これ絶対「待った?」「ううん、今来たところ」の状況を意図して作り出しているタイプ。案外ゲットできると期待が舞い上がってるのは自分だけではないのかも知れません。まあこの笑顔を魅せれば大抵イチコロって気がしますけどね。


トップページ

国内外問わず歴史を辿ってみると、まだ科学に恵まれた良い時代に生まれたんだな…と思えますが、実際被災に遭われた方々だと今この時代そのタイミングは最悪。ただどんなに国が発展していっても地盤問題は自然の一種なので、こればかりは地球に生命を持って生まれた以上、仕方ないものですかね。しかし震源を見てると…見事に島のど真ん中と海側にラインが引かれるように並んでる。東日本側も活断層の場所すら分からない恐ろしい状態。結局のところ、地震大国と呼ばれてるだけあって、一々気にしてたらどう仕様もなし。ただ地震関係の情報が稀にでも報じられれば、その都度備えのことを思い返せるのでこれからも定期的にあり続けて欲しいものです。憂いはあっても備えはすべし。


地盤の「ひずみ」、山陰や四国など集中か 地震の引き金

 地震の引き金になるとされる地盤の「ひずみ」がたまりやすい地域が、山陰や四国、近畿、南九州などにあることを、京都大防災研究所の西村卓也准教授が、GPS(全地球測位システム)データの解析から明らかにした。千葉市で開催中の日本地球惑星科学連合の大会で25日、発表した。

 プレートが沈み込むことなどで地盤に力が加わるとひずみがたまる。ひずみは断層がずれて地震が起こる一因と考えられている。

 西村さんは、国土地理院などが各地に設けたGPSのうち西日本の約600カ所で、東日本大震災前の2005~09年に観測されたデータを使い、ひずみのたまりやすさを調べた。

 その結果ひずみがたまりやすかったのは、(1)山陰の島根県東部から鳥取県にかけて(2)四国の中央構造線断層帯沿いや高知県東部(3)近畿の和歌山市周辺や淡路島から神戸、京都を通り福井市付近にかけての帯状のエリア(4)九州の鹿児島県北部から宮崎県南部にかけて、そして熊本地震の震源域になった布田川(ふたがわ)、日奈久(ひなぐ)の両断層帯付近などだった。

 1923年以降に起きたマグニチュード6以上の地震の震源を重ねると、多くがひずみがたまりやすい地域で起きていた。

 ひずみが実際にたまっているかどうかや、将来起こる地震との関連は明確には分かっていない。ただ、活断層が見つかっていない所でもひずみがたまりやすい地域があった。西村さんは「内陸で起こる地震の評価にも(この手法を)使っていくべきではないか」と話す。


メイン

素晴らしい作品が多すぎて、どれから紹介しようか本気で悩んでしまいます。少しずつ厳選していこうと思っていますので、とりあえず今回はこちらのお気に入りをぜひともご覧になってみてください。いかがですか?まだまだ全然物足りないと思うので、これからの更新をぜひお楽しみにお待ちください。

20160526_002
ショートカットが似合う女性は、どんな髪形や服装も似合う本物の美人である説。

20160526_003
先日入社したばかりの新入社員が可愛すぎて仕事が手につかない件。

20160526_004
生徒のお宅に家庭訪問に伺ったら、とんでもなくお綺麗なお母さんだった!?

20160526_005
部屋の汚さなんて気にならないどころか、可愛い彼女から一瞬たりとも目が離せない。

20160526_006
こんなにもカワイイ彼女と一緒に街を歩いたら、間違いなく羨望の的ですね。


ホーム

本日より開幕した伊勢志摩サミットですが、G7の参加国であるカナダのジャスティン・トルドー首相はイケメンとして知られていますが、顔だけでなく言動や行動もイケメンだったようです。これは、国民の人気を集め支持者も増えるわけですよ。一方、日本と言えば現在の東京都知事である舛添要一氏が政治資金を私的に流用したという疑惑が持ち上がり、都民から納得のできる釈明を求められているにも関わらず、「厳しい第三者の目で精査する」ということを言って逃げてばかりで話になりません。このニュースを読んで、少しでも恥じるということを知ってほしいものですね。

20160526_001

伊勢志摩サミット ネットに「舛添知事は見習え」の声が続々 カナダのトルドー首相 日本のオフをポケットマネーで過ごす

公金の公私混同疑惑が噴出している東京都の舛添要一知事(67)に対し、伊勢志摩サミットに出席するために来日しているカナダのジャスティン・トルドー首相(44)を見習えとの声がネット上でわき起こっている。

トルドー首相は首脳会議前日の25日、夫人と共に日本の伝統的な旅館に滞在。トルドー首相は、都内で記者団に対し、11回目となる結婚記念日を祝う費用はポケットマネーから出すと説明。さらに、「これは、国家に仕えるためには必要不可欠だと私が常々述べている、ワークライフバランスの一例だ」と述べた。

これが報じられ、ツイッターや掲示板に祝福の声が続々と寄せられたほか、舛添知事を引き合いに「ポケットマネーだってよ、聞いたか?」「当たり前のことだが、爪の垢を煎じて飲ませたい」「聞いてる?舛添さん」「恥を知っていれば、舛添知事はもう外国へ行けない」などの投稿や書き込みが相次いでいる。

首相は夫人を同行しているが、日本文化に触れながら結婚記念日を祝い、費用をポケットマネーでまかなったという。