コムギャラリー一覧

中島京子

偏見かもしれませんが、愛人タイプの女性ではないでしょうか。こういった気の強そうな女性ほど、どうしようもない男にハマってしまうものです。母性本能をくすぐられるのでしょうか。自立した女性が少し出会いを間違えるだけで人生が一転することもあるのです。一度はまってしまうともうその場所から抜け出せなくなってしまう蟻地獄と化してしまいます。自分ではそこまで状況が悪化していることにも気が付きません。こういう時って周りが何を言っても効く耳を持っていないので、どうしようもない男だと自分自身で気が付くまで関係はダラダラと続いてしまうのでしょう。

6-17-2-1

待ち合わせには絶対に送れないパーフェクトレディ

6-17-2-3

ひざ丈のワンピースが清楚なイメージで好印象です

6-17-2-2

黒髪の女性が増えてきましたが、日本人らしい美しさが引き立ちます

6-17-2-4

「さぁ、行くわよ!」と手をひいてくれそうな逞しい彼女

6-17-2-5

だけどベッドの上ではあなたがリードしてね


京野結衣

こんなにも可愛らしい家政婦さんがいたらついつい手をだしたくなってしまうのは、もう仕方のないことなのかもしれません。よく電車内で痴漢をしたり盗撮をしたりしてしまう容疑者が、触られるような格好をしている方が悪いと弁解をしますが、その通りだと突っ込みたくなるような女子高生もたまに見かけますよね。盗撮どころかもう階段を上がっているとスカートからパンツが丸見えになっている女の子もいます。逆にこちら側が目のやり場に困ってしまうくらいです。

 

6-17-1-5

そんなに見つめられたらなんだか勘違いしてしまいそうです。

6-17-1-4

そうそう、テーブルは腰を入れてしっかり磨きましょうね。

6-17-1-3

外の光がいい感じに彼女の表情を明るくして、さらに可愛さアップ

6-17-1-2

首元ががっつり開いている服よりもこうして露出の少ない洋服のほうが色々想像してしまいます

6-17-1-1

細すぎない女性らしいボディラインは今時の男性に人気です


西条沙羅



肉食系っぽい野生味あったほうが今の熱い季節、攻めるには丁度良さそうです。健康的って素晴らしい!

店舗に出荷する際には検査が厳しいでしょうから、猟師ないしその知り合いの方でなければ気にする必要はなさげですね。ただ話の中に5月に捕獲された個体が持ち出されてますけど…報告するにはちょいと遅すぎません!?他県だと一桁か二桁に乗るかって程度だそうなので、これはかなりリスク高そうです。折角ジビエ関連で発達してきた昨今ですのに、この突風は野生繁殖の嫌な追い風になりますね。まあ過剰に煽っても仕方ありませんから、とりあえず検査を小まめにお願いしますってことくらいです。その付近に飛んでる鳥にも影響が出るとどう広がるかも分かりませんからね。


■郡山で5月に捕獲された「イノシシ」から420ベクレル検出

 県は16日、4市町で捕獲された野生鳥獣の放射性物質検査結果を発表した。イノシシは13頭中11頭、ツキノワグマは6頭中3頭が食品の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を上回った。

 最も数値が高かったのは、郡山市で5月に捕獲されたイノシシの1キロ当たり420ベクレル。県はイノシシの肉を県内全域で、ツキノワグマの肉を中通りと会津で、自家消費を控えるよう要請している。


木村美羽



清すぎるビジュアルにご用心。と疑いすぎるのも埒明かないので身を投じてみます?

ボーナスも退職金も確定した上での前知事化。もう面倒な体裁で言い訳の場に出る必要もないと、あっさり逃げ込みを決めましたね。要約すると「もう責任取ったでしょ?辞めたから知ったこっちゃねぇ」って奴です。何せ追求されたら洒落にならない展開になりかねないから何一つ真相に触れないまま、辞職の藁に飛びついたわけですからね。首にならなかった時点で自民党との裏取引も疑われてますし。百条委員会が可決されなかったこともその裏付けと思っている国民が多大にいるはずです。後の追及はマスコミ次第ってところです。普段プライベート暴露お構いなく、色々侵害している困った方々ですが、囁かれるゴミっぷりを遺憾なく発揮できる対象です。


■舛添都知事、最後の会見拒否=疑惑説明せぬまま

 政治資金流用をはじめとした公私混同問題の責任を取り辞職が決まった東京都の舛添要一知事は16日、都庁内で残務整理などを行った。

 舛添氏は17日午後に予定されている最後の定例記者会見には出席しない意向。報道各社は出席を求めているが、応じる考えはないという。

 舛添氏の辞職は21日付。退任会見を開く予定もなく、一連の疑惑について真相を語らないまま都庁を去ろうとする舛添氏の姿勢には疑問の声が上がりそうだ。


碧しの



このように見目麗しければパフォーマンスも良いかもしれませんが、興味ある内容か次第になってしまうでしょう。

端的に言えば通行の邪魔。何せ表現の自由だけ全スルーしたらどんな格好でも許されるでしょうし、自分の人間性を表現っていえばどんな犯罪も該当されてしまうでしょう。そもそも権利は他の権利とぶつかり合うもの。一方的なのは許されることではありませんし、常識や良識に基づいて発揮されているのが社会です。その意味では意見そのものの否定ではなく、行う場所が迷惑だっただけです。それで理解を求めようとしても、第一印象が変な連中、第二にその内容への悪印象となるでしょう。安部政治そのものには不満しかありませんけど、過剰なのは逆効果です。


■フラッシュモブ禁止命令は違憲と訴え 市民団体メンバーらが海老名市を提訴


 海老名駅前の自由通路で「マネキンフラッシュモブ」と呼ばれるパフォーマンスを行った市民団体のメンバーに対し、海老名市が条例に基づき禁止命令を出したのは表現の自由を過剰に規制し憲法に違反するとして、メンバーらが市に対して命令の取り消しなどを求める訴えを16日、横浜地裁に起こした。

 原告は、市民団体「#マネキンフラッシュモブ@かながわ」と海老名市議の吉田美菜子さん(32)らメンバー9人。同団体はマネキンに扮(ふん)し、路上でプラカードを掲げる「マネキンフラッシュモブ」と名付けたパフォーマンスを行っている。

 訴状によると、グループは2月28日、海老名駅前の自由通路で約10人が集まり、「アベ政治を許さない」「自由なうちに声を上げよう」などと記したプラカードを持って数分間立ち止まり、ポーズを取るパフォーマンスを実施。約1時間で計10カ所の地点に移動し、活動を終えた。

 この活動について、市は市の海老名駅自由通路設置条例で禁止されている集会やデモに該当すると判断。参加メンバーの一人である吉田さんに対し、今後は同様のパフォーマンスを行わないことなどを求めた命令を3月28日付で出した。従わない場合、条例に基づき5千円の過料を支払わせるとしている。

 原告側は、条例自体が表現の自由を過剰に規制するもので、憲法に違反すると主張。パフォーマンスについても「静止した姿を示すだけで、デモや集会のように集団で威力を示す行動とは対極的なもの」と市の見立てに反論した。その上で、吉田さんへの命令の取り消しのほか、ほかのメンバーに対しても今後、同様の命令を出さないよう求めている。

 市駅周辺対策課は「訴状が届いておらず、コメントできない」としている。


源みいな

東京生まれ東京育ちな源みいなちゃん。1992年7月19日が誕生日のようですから現在は23歳ということになります。本当かよ!?というツッコミはご遠慮いただきたい。写真写りが絶望的に悪いだけで、動いているところを見ればきっと気に入るはずです。そうです、そうに違いありません。なんせ、以前は「恵比寿マスカッツ」というアイドルグループに所属していた経歴があるんですから。

20160616_042
何でだろう!?顔の骨格が男っぽいせいか、男性が女装しているように見えてしまいました。

20160616_043
アップにするとさらに男性っぽく見える気が…もう少し太れば丸顔になるかな?

20160616_044
さらに、全部同じ表情な上に手の位置と形も同じことが凄く気になって来ました。

20160616_045
やっぱり、この最後の写真も同じだ!いくらなんでもバリエーションが乏すぎー!


二葉しずく

1993年9月29日に生まれた二葉しずくさんは、現在22歳。えっ!?まだ22歳だったんですね!かなり大人の魅力が満載であるため、失礼なあら二十代後半ぐらいかと思っていました。でも、それは老けて見えるということではなく、落ち着きがあってとても魅力的な大人の女性のような感じをしているということです。なぜなら、OLや主婦の役を務めさせたら右に出るものはいないっていうのは少し言いすぎですが、かなり安定感のある素晴らしい演技を見せてくれます。

20160616_003
電話にもパソコンにもケーブルが繋がっていない!?まさか、近未来っていう設定なのか?

20160616_004
どう見ても電話線が繋がっていない電話で通話している!やっぱり、未来編が始動か!

20160616_005
とか変なボケをかましている場合ではありませんね。すみませんでした!

20160616_006
ギャグは寒かったけどオフィスの中は暑いみたいで、少し涼しい格好になりましたね。

20160616_007
しかし、これは少し前を開きすぎではござらんか?いや、でもこのままが良い!

20160616_008
休日は、部屋の中でヨガをたしなむOL。家の中でスニーカーを履くとはレベル高いですな。

20160616_009
服を着ていてもはっきりと分かってしまうほど恵まれた体。ムムッ、目を凝らして見ると!?

20160616_010
もしかして、インナーの中には何も着けていない感じなんですかー!?

20160616_011
ヤバイよ!薄い記事だしさらに白色のタンクトップだから軽く透けて見えてしまっています。

20160616_012
それにしても、色白で美しい肌をしていらっしゃいます。100点満点の見事なスタイルです。


小西まりえ



各々の違いはあっても可愛いは正義、それは人類共通の揺るがない真実のはず!

全員が同じ感覚を共有しているわけでもないのでこの結果ってことですね。文化が丸で違うとそりゃあ通じないこともあるでしょう。…まあ根本的に自分は可愛いと感じたことはありませんけどね。何か悪ノリで出来たようなデザインです。どちらかと言えば味があるかで勝負するタイプ、ないしコロコロで連載してそうな感じですかね?ギャグセンスが通じるかって段階かと。LINEに関しては韓国企業という意味で嫌煙しがちです。それであってもまだ日本への海外進出は成功してる方なんじゃないですか?


LINE海外展開、日本で受ける「かわいい」は無力


 LINEが日本でこれほどの成功を収めているまさにその要因こそ、海外市場のほとんどで成功できない理由になるだろう。

 日本で絶大な人気を博している無料対話アプリを手掛けるLINEは来月、東京証券取引所とニューヨーク証券取引所(NYSE)へ同時に上場し約9億2000万ドル(約980億円)を調達する計画で、企業評価額は55億ドルに上る見込みだ。同社のチャットアプリ利用者数は、フェイスブックの「ワッツアップ」や中国の「微信(ウィーチャット)」など大手競合を下回るが、ユーザー1人当たりの売上高は競合をはるかにしのぐ。米調査会社スタティスタによると、LINEの売上高は昨年、ユーザー1人当たり約6ドルに達した。これに対しウィーチャットは約2ドル、ワッツアップは0.06ドルだ。

 この好業績の秘密は、無表情なクマと感情を丸出しにするウサギにある。

 クマの「ブラウン」とその連れ合いのウサギ、「コニー」をはじめ、LINEは多くの可愛らしいキャラクターをスタンプとして発売しており、ユーザーがこれを購入して友達に送る仕組みだ。スタンプの販売は昨年、ラインの売上高の4分の1近くを占めた。さらに、売上高の約4割はチャットアプリで提供しているゲームで稼ぐ。ゲームの多くはLINEキャラクターが主役になっている。アプリではさらに、テイラー・スウィフトやディズニーといった第三者が作成するスタンプやゲームも販売されている。

 つまり、世界的なキャラクターのハローキティを生んだ国でLINEが大成功しているのは驚くにあたらないのだ。台湾やタイ、インドネシアなどアジアの近隣諸国でも大きな存在感がある。

 しかし、日本の「かわいい」文化の影響が薄い国でも成功を収められるのだろうか。データは心もとない。実際、日本とこのアジアの3カ国以外では、過去1年で月間アクティブユーザー数が減少している。中国は参入して然るべき市場だが、同国では2014年からLINEへの接続がブロックされている。月間アクティブユーザーの4分の3近くが海外の利用者とはいえ、LINEは依然として売上高の7割程度を国内で稼いでいる。

 さらに懸念されるのは、1カ月当たりのスタンプまたはゲーム購入者数が約800万人で頭打ちになっていることだ。広告への事業多角化はある程度の成功を収めている。ただ、全体のユーザー数が伸び悩む中、こうした事業の拡大は難しい挑戦だ。見込まれる評価額が55億ドルとすると、LINEの昨年の調整後利益に基づく株価収益率(PER)は57倍で、フェイスブックの51倍を上回る。

 LINEはIPOで調達する資金を使って海外展開の努力を倍加したいところだろう。何より、日本ではすでに人口の半分がユーザーになっている。だが、LINEの世界市場での成功へ向けた道筋は一直線とはいくまい。


秋野千尋



シンプルな衣装は誰が着てもある程度似合いますが、それでもより輝かせる人こそ人気者になるのです。

熾烈なネットサービス環境に身を投じることでまた運送業者の方々が悲鳴を上げるわけです。まあ自分含め色んな人が利用してるので加担もなにもありませんが。色んな場所に店舗があるわけで、珍しさゼロのユニクロだったら通販サービスよりも値下げしてくれた方がよっぽど嬉しいですね。昔はシンプルかつお手頃感が高かったように思えますが、最近見に行ったらこんな高かったっけ?と。足を使わずとも検索でサイズもスピーディに選べる点としてネット販売はありですけどね。結局デザインやら質を高めるか値段落とすか、売り上げ二択って気がしてます。


ユニクロ、今秋からネット通販は翌日配送へ ネットサービス強化策

 カジュアル衣料品チェーン「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングが、今年秋をめどにインターネット通販の商品配送期間を一部の離島などを除き、全国で翌日に短縮することが14日、わかった。物流システムを刷新して、現状の2~5日から翌日に短縮する。

 ネット通販の利便性を高めて、現在は5%程度のネット通販の売り上げを、将来的に30%程度に引き上げる狙いがある。

 新しいシステムは、東京都内のほか、仙台や名古屋などの主要都市の拠点に導入する。運送会社と提携して店舗や購入客への配送頻度も増やすが、配送料は変更しない方針。中国や欧米のなど海外でも順次新型の物流センターを稼働させ、国内同様に商品配送の迅速化を図る。

 商品配送の迅速化にあわせて、ネット通販サイトも大幅に刷新し、利便性を向上させる。


愛加あみ



話題柄ちょっと寒そうな感じですけど、眺める側として心は暖まります。

最北端まで移動してる最中の番組シーンがありましたが、確かに人が集まりそうな場所でないと、景色も寂しいものがありますし、街並みと比べると其処から出たらガッカリ感はどうしても出てきてしまうでしょう。壮大さを感じることが出来るので、自分は嫌ではありませんけど、長時間運転してたら飽きは来るでしょうね。なので有名な観光地で過すのは賛成。長年上位にランクインしているからこそ逆にガッカリスポットである「札幌の時計台」もありです。とりあえずイクラ山盛り食べたい!


旅行してガッカリ県ランキング「北海道」2位に物議

6月2日、ランキングの総合サイト「gooランキング」が、「旅行でガッカリした都道府県ランキング 東京は6位」という記事を公開した。記事で紹介されているランキングは、同サイトが20~30代の男女計500人にアンケートを実施したもの。2位となってしまった「北海道」について、ネット上では物議をかもしている。

調査の結果によると、旅行をして「ガッカリした都道府県」1位は沖縄県7.2%、2位は北海道6.0%、3位は鳥取県5.4%だった。それぞれガッカリした理由が示されており、北海道については「冬の厳しさ」「広大な大地ゆえ移動時間を要し、短期旅行に向かないこと」などが挙げられていた。この結果にTwitterでは、

「冬を楽しめんのなら北海道に来るな!と声を大にして言う道外民です」
「北海道、空は綺麗で料理は美味い、名所も豊富で凄く良かったけどなあ」

と、北海道観光をしたとみられるユーザーから北海道を擁護する声が続出。一方、道民らしきユーザーからは、

「北海道出身だけど、まともに旅行しようと思ったら、移動と休養日と観光日で2週間は作らないと、まともに観光すらできないと思う」
「北海道民だけどごめんな。空気と食べ物が美味しいと思うんだけど、冬は知らない人にはほんと厳しいから、なるべく避けるか万全の対策で来てね」
「北海道民だが観光するなら札幌か函館にしとけ。変に田舎に憧れても中途半端なところだとただ何もないだけで面白くないだけだぞ」

と、道民ならではの“旅行でガッカリしない”アドバイスや流儀が寄せられた。

ちなみに、北海道庁の「北海道観光入込客数調査報告書」によれば、平成26年度の観光入込客数は、5377万人。前年度と比較して1.3%の増加で、過去最高を記録するほど観光客数が伸びているという。

北海道は、国内外から高い人気を集める日本屈指の観光地であるだけに、もともと観光客数が多いばかりか、今年3月の北海道新幹線開業と相まって、ますます注目を集めている。今回のランキングは、北海道への期待や注目度の高さが改めて浮き彫りになったともいえそうだ。