コムギャラリー一覧

如月ジュリ

本当に働けない人にとっては命綱にも等しい生活保護。このたび政府が3年の間になんとか約160億円削減しようという方針を打ち立てました。何やら段階的に一部世帯で下げていくとか…。その一部と言うのがどのあたりの基準なのかもう少し明確にして欲しいところですね。自分としては削っても大丈夫と思われるような人間ならば、いっそのこと叩き切るべきだと思うのですが…。まず政府が優先すべきはそんな体裁のような削減案ではなく、受給するべき人間のハードルを再設定しなおして、不正ないしそれに近い人間への保護を打ち切ることです。色々話に聞いてると、これ徹底するだけで維持費が半分は吹き飛ぶのでは?と頭を抱えずにはいられません。少なくとも日中から保護費でパチンコ打てる人間には不要でしょう。手首指先が動いて店舗に向かう為の足が動きます。ついでに長時間座りっぱなしも出来、周囲に人がいる環境や騒音に耐えることも可能です。一体何が身体的に問題があり、どんな理由で遊び暮らしが許容されているのでしょう?

懇願するような瞳で誘惑を仕掛けている、割と男の扱いに慣れた類。

少々困惑したご様子なれど、太ももを前面に出す辺り余裕はありげ。

吸い込まれそうな瞳を向けつつ艶めいた唇。

どうしようもない彼氏にやれやれと呆れたような表情。何だかんだで尽くしてくれる系でしょうか。

順序を踏んだ流れも何処かで失敗してしまったのか、挑発するようなポーズを取りつつも呆れられたようです。


北島玲

この世には神も仏もいなかったのか。それともこれまでの所業から見放されて住まう信仰の対象は既にもぬけの殻と化したのか。今月すぐに事実とは認められなかった、恐るべき身内の犯行に慄いた富岡八幡宮殺人事件。現実問題、関わった人間の大半は死亡していると言うどうしようもない結末を迎えてしまっただけに、時間とともに忘れて貰うしかない現状になってますね。ただそれで済まされないのが地域の方々。年末年始を筆頭に市民的なイベントの際には人が押し寄せていただけあって、相乗効果は半端ないことになって痛そうなんですよね。商店街の会合においては正月の売り上げに関しては3割減を覚悟されているとか。結婚式もとり行ってるだけに、悪印象は洒落にならないようですね。ただ集まってくる人間と言うのは、勿論唯のイベント目当てという理由もあるでしょうが、神様と言うある種得体の知れない存在に対しての信仰やそれに肖る恩恵目的がメインなんですよね。その目玉が損なわれた時点で、商店街の方々の推測は甘いといわざるを得ないもので、「良くて3割減」だと推測します。少なくとも先程の結婚式に関わる美容室なんてその程度じゃすまなくなるでしょうね。

明るい家政婦のオバチャンって感じですが、節々に気品が感じられるのは気のせいではないはず。

案外印象と言うのは曖昧なもので、服装一つで簡単に化けるタイプと見た。

ゴム手袋などあまりに魅力を語るにはお粗末な清掃スタイルも、魅せるギャップ次第でコロリです。

実は勝負する気満々の、あまりに上着と趣旨が異なるアンダーデザイン。

頭に三角巾を取るだけで地味過ぎる印象から一転。これが俗に言う表と裏の使い分けなのでしょう。


越川アメリ

宅配業界の働き方改革に注目が集まっています。新しく導入するシステムに使用する機器代をドライバーが負担したり、燃料代を負担させられたりとひどい条件の会社もあります。働き方を改革するのはいいですが、まずは企業のシステムそのものに目を向けるべきです。変形労働時間精制度は経営者には損はありませんが、その下で働く従業員は何も得るものがありません。ヤマト運輸で配達指定時間のなくなった12~14時は休憩時間に当てられているはずですが、会社を外から見ると忙しそうに走り回っているドライバーばかりです。オペレーターもさらにひどく、全員が帰っても処理業務を遅くまでやらなくてはならないみたいです。時間内に終わらない量の仕事を押し付けて終わるまでは帰れないという図式は早々に改める必要があります。

新しいアクセサリーを身につけて自然体、これくらいの余裕が人生には大事です。

ナチュラル系で統一されたお部屋は仕事を忘れて一時の癒しを与えてくれます。

プレミアムフライデーもじわじわと普及してきました、これくらいお酒を飲んで無邪気になりたいものです。


水鳥文乃

JRAで中毒対策に家族申告でネット馬券の購入を停止することができるようになったみたいです。こないだニュースでギャンブル依存症を治療している患者さんの生活を見ましたが、そのほとんどがパチンコから依存症になったようです。実は公営ギャンブルで中毒になる人はほとんどいないそうです。毎日開催されてないことがその理由のひとつかもしれません。パチンコはどこにでもあるし、朝から晩までお店は営業しているので気軽にできてしまうという点がいけないんでしょうね。それと、スマホゲームの課金ガチャも一種のギャンブルだと思います。1%にも満たない当たりを引くために何万、何十万と課金するからです。無理に止めようと取り上げると事件にも繋がりかねないので、サービスを提供する運営者に新たなルールを設ける必要があります。

20歳を超えても似合う衣装に久しぶりにときめかされてしまいました。

三度のメシより好きになる下からのアングルは見飽きることがありません。

あけっぴろげの性格で時折ジョークも交えてくる、そんな一面に惹かれます。


愛莉

タレントの木村拓哉が「LINEのお年玉」キャンペーンのスタンプになりました。実物を見ましたが、ジャニーズというよりお笑い芸人みたいな扱いに感じます。可愛くもないしかっこよくもないし、画像自体にもかなり修正を入れられているようでシワが全然なく違和感を感じます。ものまね芸人のホリさんに似ています。今まで築き上げたブランドを自ら壊していくスタイルはいけませんね。スマップのメンバーの中では一番のクール系だったのに、そのキャラが崩壊しています。セリフも古いし、もう前世紀の産物ということを誇示しているだけの存在にしか見えませんでした。キムタクと呼ばれて老若男女を夢中にしたスターの落ちぶれ具合にネットでも騒然としています。


憂いを帯びた表情に大人の魅力を漂わせるあたりにスターのオーラを感じます。

カメラを向ければ途端に笑顔になる切り替えの速さはどんなときにも大切です。

水を飲む姿さえも画になってしまう…、これこそが一般人との違いです。


千野くるみ

課金地獄に陥りつつもその出費にピーピー泣いている人に話を聞いてみると、大抵「キツイがもっとヤバく人は沢山いる」って口にしてるんですよね。要は「自分はまだまだ序の口、廃課金ユーザーではない」って認識になっているようです。確かに最上級でポルシェ買えちゃうほど散財している話も耳にしてますが…。恐らく金銭感覚崩壊してるんでしょうね。さてそれを自覚しているのか不条理に対して逃避行動に出るまで精神年齢が低かったのか。とある長崎県警の巡査がこの関連で失踪沙汰を起こしたんですよ。意味が分からないと思いますよね。そりゃあ中身を話してないので当然ですが、内容を聞いても理解が及ばないことは断言しておきます。何やらこの巡査、20代だそうですけど十数万という課金額を母親に咎められ、もう「ゲームは止める」と約束していたそうなんですよ。まあ額を減らすにも依存症だったんでしょうかね?ところがアッサリ破って30万ほど使い込み、挙句督促状が実家に届いたそうなんです。で「怒られるのが嫌だ」と定番の「捜さないでください」メッセージを残し仕事もサボってトンズラ。4日後に発見され訓戒処分にされるという呆れた顛末を辿ったわけです。根っこからダメ男だったのかは分かりませんけど、依存や感覚の崩壊が人格に及ぼす影響はありそうな気がします。

独り身としてはいつか夢見るヒトトキではありますが、現実でもこんなに上手くは行かないでしょうね。

ちゃんと無理せず二人で食べきれるサイズを提供する気の利いたサプライズ。

中の衣装もちゃんとサンタ風味で統一してくれるとは嬉しい限りですが、一大発表を告げそうな緊張感があります。

やはりと期待していましたが自らをプレゼントに添えてくれる、これぞカップル同士の聖夜の醍醐味。

勿論室内は温度高め設定でしょうが、これくらい薄着でないともっと暑くなりそうなので格好としては正解。


ひばり結羽

テレビ朝日の視聴率が失速。2017年の年間視聴率は日本テレビが4年連続の三冠王であることは報じられていますが、過去に日テレと熾烈なトップ争いを繰り広げていたテレ朝が失速する傾向にあります。TBSにすら追い抜かれそうなほど落ち込んでいます。面白い番組も結構ありますが、それを上手く育て切れていない感じがします。人気の出てきた深夜番組をゴールデンタイムに変更して視聴率が悪ければポイ、想像以上のヒットがあると何度も続編を作って薄味にしてしまうなど、視聴者のニーズとズレています。相棒season16の今期は、これまでのシリーズの中でも面白い脚本が多いので見ています。杉下右京とコンビである成宮から反町になり期待していませんでしたが、反町隆史が演じる熱血漢である冠城亘は、初代の亀山薫を髣髴とさせます。プレイボーイで茶目っ気のある部分に杉下が頭を悩ませながらも、正義を貫くひたむきな強さに惹かれていいます。お互いに腹を割らない感じですが、それでも対等な位置から認め合うような関係性が見ていて楽しいです。益戸育江(旧芸名:高樹沙耶)の関係で再放送で見れない回がいくつもあるのが残念ですが、長年放送しているドラマならではの問題かもしれません。以前はのんびりとした感じで見ていましたが、ハラハラするような展開が多くなったせいか目が離せません。同じようなニュースを何度も取り上げているワイドショーよりも、再放送の相棒の方が見応えがあります。シーズンを重ねる中で、初期に出演していた役者がほとんどいなくなってしまったのは寂しいです。六角精児さんが演じる米沢守もseason15で降板してしまいました。そろそろ主役である杉下右京を定年にするファイナルシーズンも考えなくてはいけない時期なのかもしれません。

ふわふわとした泡に包まれて、エアリー感がプラスされています。若干ドヤ顔をしていますが、そんなことでも心を和なごませてくれるようです。


梢あをな

珍しく中韓ネタであるのに日本が関係ないというニュースが舞いこんできました。別段事件と言うわけではないのですが、何やら国賓待遇での中国訪問となっているはずの文在寅大統領が習近平政権から冷遇されているとか。まあ暴言があったりなどの一悶着があったわけではありません。ただ明らかにアメリカやフィリピンらの大統領訪問ときと温度差がある対応だったそうです。中国も相手によってコロコロ対応を変える媚び売りセールスマンのようなところはありますからね。もっともそれは韓国だって同じですが。ただこの一件に対して韓国メディアは「格下扱い」と評し、不利な外交を押し付けてくるのではないかと懸念してるそうです。さてここで部外者たる日本の一市民として意見を申し上げます。北朝鮮はこれまで中国に喧嘩を売ることは無く、習近平政権というのはトップ唯我独尊状態で国として民を支配し、成功している云わば金正恩が描く理想そのものだと考えています。この時点で習氏から見れば格下どころか三下なんですよね。さてその北朝鮮と喧嘩したり媚びたりしてじゃれあっている韓国と言うのは、果たして国のランクとしては何処までの評価を持たれているでしょうか?

豪奢なれど純白のチョイスは素朴っぽさと無難にマッチしているのでコーディネイトは正解です。

借りてきた子猫のような緊張感が漂ってますが、本質的には子犬系気質でしょうね。

仕草一つでイメージ激変。これだから見た目に騙される人って後を絶たないんですよ。

お姫様ムードが一転して女帝ムードに。どうやらお眼鏡に適ったようです。

相手次第ではぶりっ子スタイルにチェンジ。守ってあげたくさせることが最大の武器に思えます。


愛沢かりん

突然物騒な話ですが、日本のちょんまげ時代にあった腹切り自決。あれ1人でやると結構簡単には天に召されることは出来ず、大層苦しみながらジワジワ死の淵に落ちていくって話だそうですよ。聞きかじりなので間違っているかもしれませんけど、確か直後の首はねと言うのも苦しまない為の措置だとか。さてこれは最近悪い意味で話題になってしまった英国人男性の話です。大層な日本ラブな方だそうで、特に武士道にも関心を深め、日本刀をコレクションするほどの愛好家。度々写真に写る嬉しそうな姿が紙面に掲載されるなど、程々に有名人だったとか。日本にも家を持ち実家と行ったり来たりと人生を謳歌する生活だったようですが…2月辺りにから何故か危ない薬でもやっていたかのような「体重減少&引き篭もり」のような状態に。そして最初の切腹の話になりますが、6月に正にその光景そのままの状態で発見されたのです。一応首は付いているのであしからず。この事件に対してつい最近、謎の不審死から本当に自害したとの結論が鑑識の結果として提出されたそうです。豹変した理由が分からないと如何とも言えませんけど、「ファンタスティック!」と称される古来の日本文化だけに、呪われた刀でもありましたかね?

今や多くの学校が新しいデザインの制服を模索してくれるので、着る目当てで志望する子も多いそうです。

何気ないボタンを外す仕草の延長ですが、その順番と意図次第ではまったく違うものに見えてきます。

一見遊んでいる風に併せ持った純白の破壊力は言わずもがな。

ホクロが妙に気になる場所にありますけど、標準過ぎて地味にも見えるワンポイントには丁度良い。

全て露にされてしまうと逆に冷めてしまう未知への高鳴りがそこにはあります。


加藤えま

ちょっと面白い裁判の前例が生まれたので報告を。競馬関連での「ハズレ馬券を所得税申告の際の経費に出来るのではないか」という訴えに対して、国の上告を棄却させるまでに至りました。少々説明を端折ってしまいましたが、これ発端は競馬税金の不条理にありまして、唯でさえ馬券って購入の時点で既に税金が貸されているんですよ。その上で勝ったとしてもその賞金に対しても所得税が生まれてしまうという業突く張りなやり口で、挙句としてハズレ馬券は「残念でしたハイお仕舞い」扱い。「だったらハズレ馬券そのもののも、収益に至るまでの経費じゃないか!」…と言うことで裁判が勃発したわけです。実際理屈としては至極真っ当であり、如何に今まで政府が美味しいどころ取りしてきたか良く分かる一件でしたね。ちなみに訴えを起こしたのは6年で72億超を競馬につぎ込み、5億7千万円しか勝てなかった男性です。9割以上損してますが、僅かな1割にも満たない勝ち金から所得税払えといわれて、プッツンしたのでしょうかね?ともあれ政府の理不尽が一つ挫かれた前例としては素晴らしい判決となったようです。

装いも季節違いながら表情も蠱惑的な、これがホントのクールビューティ。

ストレートに流すのも好きですが、後ろでまとめるのもまた美しさが際立ち甲乙付け難いポイントになります。

どんな顔でも似合うのが美形の特権ですが、不安そうな顔してると何があったのか心配になってきます。

艶やかって表現が用いられるときって大抵視線でも惹きつけてくるので、決して逃がさない意図があるのです。

強気で相手を翻弄する気質かと認識してましたが、実はガードを崩されると途端に弱々しくなるタイプでした。