コムギャラリー一覧

大倉ひろみ

14日の円相場は対ドルで一時、約1年3カ月ぶりの高値をつけました。1月にみられたユーロ高を起点とする「ドル安」から抜け出したものの、最近は米国の株式市場の動揺を受けた投資家の不安心理増大に伴う円高傾向が強いです。輸出がメインの大企業には申し訳ないですが、輸入業をしているので円高になるほど収入が増えるのでもっともっとと考えてしまいます。下請けだったり、中小企業の場合は材料に輸入品を使っていると価格を下げられるし、一般の消費者からしてみれば円高のメリットは大いにあると思います。今年は国内外の要因が円高トレンドへ引っ張っている気がします。日経平均と円は面白いように好き勝手な動かされています。安定通貨として信頼されている日本ですが、有事の際には北朝鮮から核ミサイルを打ち込まれる可能性もあるし、それなりのリスクがあるので買いが集まっていることに不思議です。これまで大企業だけが儲け過ぎだったということが浮き彫りになってきたこともあります。中小企業、特にアジア圏から商品を輸出している会社は、これから円高になることで恩恵を受けて売り上げもアップすることでしょう。バランスを考えると、105円くらいが適正なかもしれません。トランプさんはあまり発言していませんが、ドル高よりもドル安を期待しているのが真実かもしれません。輸出関連企業は消費税による払い戻し金の影響が一番大きいと思います。円安ばかりじゃ不公平、そんな感じがしていたのでたまにはいいのかもしれません。トヨタみたいな規模でやってる場合は、支払う税金よりも払い戻しによる税金の方が多いんじゃないかと思います。日経平均を政府が買い支えて好景気になり、全体的に給料アップしたなんて言われていますが、公務員の給料と各種税金が増えただけとしか思えません。税金をジャブジャブ注いで作られたアベノミクスが崩壊するのも時間の問題でしょう。

日常の中に溶け込む美しい女性がいる風景は心のフォトフレームに保存したくなります。世間では色々起きていますが、そんなことを忘れて今を大事にしたいですね。


すみれ美香

チケット売買サービスである「チケットキャンプ」を運営するフンザの前社長が書類送検された問題に関連して、親会社のミクシィは2月14日、第三者委員会の報告書をマスコミに公開しました。なぜこれほど叩かれるのかというと、このサービスがウェブを経由したダフ屋促進サービスなのだから無理もありません。まだ他にも似たようなサービスが存在していますが、規制をかけられるのはそう遠くない未来でしょう。ヤフオクもあまり変わらない仕組みです。チケットを出品してるユーザーの取引履歴を確認すると、やっぱりチケットばっかりを転売しています。火を見るよりも明らかな転売屋なのに、通報してもヤフー側は知らんぷりです。取引額に応じて手数料をもらえるヤフーからしてみれば、販売者が何を売っても手数料を徴収できるということを重視しています。「評価が悪い人や入札歴のあまりないアカウントの入札は取り消す場合がある」って記載されていることがあり、転売屋がジョークでも言っているのかな?と思ってしまいます。転売することを目的とせず、ライブやサッカーを観戦したくてネットを探し回っても入手できず、チケキャンを何気なく見ると大量に出品されていることもありました。左から右に流すだけで定価の倍以上上乗せされているチケットもあり、本当に人を舐めている商売です。オークションで購入したチケットは使用できないようにするなどの取り組みもありますが、法的に定価以上で取引させないなどを決めないとイタチゴッコになってしまいそうです。

街角でこんな素敵な方を発見したら声をかけてしまいそうです。ゆったりとしたセーターを着ていて、ゆるふわな雰囲気に惹かれました。


麻生希

米短文投稿サイトのツイッターの第4・四半期決算は、上場以来初の黒字となったほか、売上高も1年ぶりにプラスに転じた。ターゲットを絞り込んだ広告戦略が奏功したほか、米国外での増収が業績押し上げに寄与しました。最近気付いたのが、フォローしてる人の「いいね」とか「ハイライト」とか余分な機能が増えて旧ユーザーからしたら操作性が悪くなりました。それでも初黒字ということに驚きました。広告が表示されることはウザったく思いますが、無料のサービスなのでそういう部分で収益を出すことは必要です。ただ、これ以上余計な機能を増やすことは止めて欲しいです。タイムラインの表示は時系列ごとにすっきり表示させて欲しいです。あと、誰にいいねしたとか誰からいいねされたなんて情報を他人が知ることがないようにお願いします。広告が気になる時は、ブロックすることで非表示にできます。新しい広告もどんどん増えるので、その度に設定しなくてはいけないのはめんどくさいです。あとユーチューブでも見かけるのですが、「tik tok」の「銀ちゃん銀ちゃん、お年玉ちょうだいアルー」は本当に腹が立つので絶対に表示して欲しくないです。

どことなくゴージャス感もあるセレブという感じがします。服装もおしゃれでインスタ栄えしそうです。ポーズもばっちりで写真を意識していて、雑誌のモデルといわれても不思議じゃないルックスです。


辻本りょう

東京ディズニーリゾートは、スマートフォンで購入したパークチケットでそのまま入園できる「ディズニーe チケット」の新サービスを2月20日からスタートさせました。便利でいいアイディアですが、ディズニーに行った記念に紙のチケットを保存したい人もいると思います。今でもQRコードで入場できるので、スマホで認証する場合でも問題はなさそうです。ランダムでキャラが印刷されているチケットの方が、個人的には嬉しいです。最近気になるのが、休日の入園者の数です。1日遊んでも、人気のアトラクションは3~4個乗れれば御の字で、ほとんど並んでいる時間に費やさなければいけないのは大変です。来場者数と、施設の規模のバランスがとれていない構造をしています。ポップコーンを食べたくて買おうと思っても、やはり数十分待たなくてはいけないと、待つことが得意な日本人でなければ到底楽しめない施設だと思います。人ごみに揉まれ続ける事は、想像している以上に体力をすり減らしてしまうので、有料であっても休憩できる個室を作って欲しいです。ユニバーサルスタジオジャパンのファストパス、トゥータウンの優先レーンなど、見習うべきサービスが色々あるのではないかと考えてしまいます。園内では、写真や動画を何度も撮ったり、人によってはインスタやFacebookなども利用するのでスマホのバッテリーは厳しそうです。電子チケットを利用する場合は、そんなことも視野に入れてモバイルバッテリーが必要になりそうです。メリット・デメリットはそれぞれあると思いますが、総合的に考えると紙のチケットが一番良さそうです。

美しい美肌をしています。愛嬌の顔付きに笑顔を携えた口元に、彼女の湧き上がる歓喜が伝わってきます。これから部屋にでもどう?なんて誘ったら、恥ずかしながらも頷いてくれそうです。


渋谷ひとみ

哺乳類や昆虫には「昼寝」をさせようとする遺伝子があり、これが働くことにより体温を下げて活動量を低下させていると京都大の研究チームが明らかにしました。睡眠をしっかりとっていても、ランチの後は眠くなることがよくあるので病気かと思っていましたが当たり前の反応だったんですね。食べ物を消化する過程で、血糖値に関連して眠気が発生するということがありますが、それとは別みたいです。そういう人間の生理的反応を考えると、シエスタは合理的です。夏場と冬場で眠気を感じる強さが違い、寒さを感じる季節では布団からなかなか出れないし目覚めも悪く感じます。太古の原始時代から考えても、人間という生物は狩りをする以外はゴロゴロしながら昼寝していたと思います。そう考えると、日中起き続けて業務をすることや、疲れた肉体に鞭を打って筋トレをしたり、スマホをいじって夜更かしするなど異常な行動かもしれません。毎日昼寝を生活に取り入れることは難しいですが、睡眠時間に余裕を持ったりすることで日中の負担を下げて仕事を頑張りたいですね。ロングスリーパーやショートスリーパーがいますが、わたしは1日10時間以上寝ないと眠くなってしまいます。6時間程度で行動できる人はうらやましく、尊敬すらしてしまうほどです。テレビで見たことがありますが、世の中には全く寝ない人もいます。夜もボーっとしながら本を読んでいて、その内容は覚えてないみたいですが、そうやって寝る代わりに脳を休めているみたいです。

言われるがままにリクエストに応えてくれるサービス精神は見習うべき部分もあります。初めて会ったとは思えないほどのフレンドリーさは、緊張する暇も与えないほど自然な空間が広がります。


白石麗奈

大塚家具が8日発表した2017年12月期決算(単体)は純損益が72億5900万円の赤字(前期は45億6700万円の赤字)となった。赤字は2年連続で、過去最大。経営権をめぐる創業者一族の「お家騒動」後、企業イメージの立て直しが遅れ、業績不振が続いています。何をするにも中途半端になってしまったという感じがします。高級路線というわけでもなく、でも安いというわけでもなく、一体どんなお客さんをターゲットに販売しているかわかりません。ニトリやイケアと比べれば商品の作りは悪くありませんが、でもこの家具が欲しいと思わせるほどの商品力がないのも事実です。値段の面がネックになってしまって、ベッドを買いにショールームに行ったときも何も買いませんでした。家具は一生モノという考えで高級品を買っていた時代は終わり、通販やリサイクルショップを利用する消費者が増えました。わたしはあまり恩恵を受けていませんが、アベノミクスで高所得者が増えた時代の流れを考えて、高級志向な富裕層をターゲットに業務を続けるべきでした。あと、親を社長の座から降ろして裁判でドロドロしているイメージは、直接は関係なくてもなんか嫌ですね。これまでの大塚家具を壊さずに、新しいブランドを娘さんは生み出すべきでした。従業員や会社の未来よりも、なんだか社長というポジションに固執しすぎている感じがしました。

熱い眼差しと艶のある唇はすっかり大人として完成した美しさです。こんな受付嬢が会社にいたら、用もないのにとりあえず来ましたなんていう営業マンが増えてしまうかもしれません。


折原ほのか

「ポンジュース」が3月から11年ぶりに値上がりすることになりました。安い果汁ジュースとは比べ物にならないくらいフレッシュで、甘さも濃くて美味しいです。今のところ大きな影響はありませんが、あらゆるものが値上げされている状況は何とかしてもらいたいです。100%のみかんジュースということで、残留農薬の心配のある輸入オレンジジュースより安心感があります。変に安くなったりサイズを小さくされるよりは、値上げに踏み切ってもらうことは正しいのかもしれません。今年は日照不足が深刻で、その影響を受けてしまったみかんは高値で取引されているみたいです。野菜も高く、冷凍食品の野菜で代用するような生活を送っています。ガソリンや灯油もどんどん値上がりしていて、収入は増えていないのに支出が増えるばかりです。今年のお正月は全然みかんを食べませんでした。前は簡単に手を出せるような手軽なフルーツだったのに、人生で初めてかもしれません。

絞れば美味しそうな果汁が出てきそうな実り具合です。上から楽しむか、それとも下から?どっちか迷ってしまいます。


愛葵いちか

アメリカ・ニューヨーク株式市場ダウ平均株価が1500ドル以上の急落を見せました。終値でも1100ドルを下げています。この日の動きを見ていましたが、それほどの大きな売り材料もないのに驚きました。こないだの雇用統計では好調そうな感じでしたが、それをものともしない下げっぷりに、株価操作されている!マネーゲーム相場!なんて声もあります。ギリシャショックがじわじわと影響が出ているのでしょうか?こういうとき思うのが、やはり一般人では勝てないということです。ウワサを流すなどの情報操作で、市場参加者をふるいにかけている機関投資家や証券会社の投資部門などの大口しか勝てないようになっているのかもしれません。そういえば金融ブローカーのゴールドマンサックスは、人間のトレーダーをほとんど解雇して代わりに自動システムを導入したようです。人工知能による自動化が進む中で、もしかしたらこれまで以上にこのような理由のわからない動きが増えるのかもしれません。下げるとこまで下げて買い手が逃げたら、よくわからない理由でまら上がることでしょう。

コートを脱いだら、思ったより全体的にボリュームのある感じです。体がとても柔らかそうで、どんなポーズも似合いそうな可愛らしさを秘めています。


西川ちひろ

仮想通貨交換所の「コインチェック」から580億円の仮想通貨NEM(ネム)が流出した問題で、NEMの流出先の口座とニュージーランドの仮想通貨交換所との間で、頻繁に入出金が繰り返されていることがわかりました。犯人を捕まえるにしても、裏をしっかりとったりすると相当な年月がかかりそうです。また、コインチェックから円だけは返金することが決定したらしいですが、保管してある仮想通貨の返金の見通しが立たないということで利用者の不信感は計り知れません。数年前にマウントゴックス事件で若い外国人の社長が事態を説明していましたが、見ていて頼りないと思ってしまうくらい威厳がありませんでした。コインチェックの社長もそれと被って見えてしまい、ちゃんと事態を収束できるだけの手腕がありそうではないので安心感がありません。仮想通貨関連のニュースが尽きることはありませんが、儲かるからとこのブームに乗ってしまった人達は相当な損を受けているでしょう。株や為替よりも危険な金融商品であることを、当初の段階から説明すれば巻き込まれる人も少なかったと思いますが、良い部分だけ報道してしまうのはマスコミにも問題があります。そういえば、北朝鮮からハッキングされた可能性があるなんていわれていますが、本当にそこまで犯人を絞れているのでしょうか?混乱ばかりが広がるばかりで、犯人グループは仮想通貨を盗んだことの利益よりも、この事態を予測して売りを仕掛けていれば莫大な利益を上げているんじゃないだろうかと考えています。

正面だけでなく後方からのアングルも同時に見れるなんて、カメラマンの工夫に脱帽です。まだまだ寒いですが、気持ちだけは一足も二足も早く暑い季節を思い出させてくれるようです。


水鳥文乃

山田孝之が製作総指揮として裏方に回り、映画『銀魂』を手がけた福田雄一が監督・脚本を担当し、中村光の人気漫画「聖☆おにいさん」を実写化するドラマの制作が発表されました。主人公であるイエスとブッダを、松山ケンイチ、染谷将太などの個性派俳優が演じることになりました。個人的に大好きな漫画ですが、宗教とギャグを絡めているので叩いてくる人もいそうです。インディーズみたいなマニアックな感じで一部のファンから支持されれば良いと思っています。あまりメジャーになって矢面に立つことになったときに、バッシングが日本だけでなく世界から来るんじゃないかとドキドキしています。この漫画の真意を知るには、キリストや仏教などの知識が必要になってきます。崇拝している真面目な信者にしてみれば、面白くないと思ってしまう場面がちらほらあります。あんまり前面に押し出さず、くすっとする漫画くらいにしていた方がいいのではないかと感じます。アニメが放送された時も、相当内容がカットされていましたが、それでも海外からクレームが飛んでくるんじゃないかと心配していました。キリスト圏やイスラム圏だったらアウトになりそうですが、こういう作品がポンッとメディアの市場に出てくるのだから、本当に日本は幸せな国だと思います。

いけないことをしているという緊張感よりも、むしろその行為を楽しんでいるように見えます。悪い人間なんて後ろ指をさされることになっても、それでも自分を制御できなくなるなんてことは珍しくないのかもしれません。