「MERY見れなくてさみしいよ」――女の子たちには何が“特別”だったの?愛読者に聞く

私もMERYを閲覧していた一人の利用者ですが、ただの利用者からすると転用などの問題があってもそのまま記事は残しておいてほしかったなというのが本音です。最新のヘアスタイルやファッション、女子力の上がる記事が盛りだくさんのサイト、通勤時間や移動時間中に暇つぶしにサイトを見ていた女の子はたくさんいるでしょう。流行が一瞬で解るので、今の若い子にはこういうのが流行っているんだという参考にもなりました。また知らなかった裏ワザテクなども教えてくれたので、もしかするとそれがオリジナルではなかったかもしれませんが、それでも記事削除は寂しいですね。

IMG_9564

「MERY見れなくなってさみしい、何見たらいいの?」「明日から女子になれない!」

12月7日、女性向け情報サイト「MERY」がすべての記事を非公開化した。

人気モデルや女優を起用した紙の雑誌も発行していた「MERY」。メインの読者は、スマホ世代の10~20代の女性だ。アプリやブラウザで習慣的に読んでいたユーザーも多い。

Twitterで検索すると「MERY見れないとだいぶキツイ」「早く再開しないかな」などの悲しみの声が多数見られる。

数あるキュレーションメディアの中で、なぜMERYはこれだけ多くの女性に愛されていたのだろう? 彼女たちにとって、どんな部分が魅力だったのか?

もちろん、権利的に問題がある箇所は改善する必要があるが、人気と認知度が抜群に高かったのも事実。スマホ時代のメディアがどうやってファンを獲得していくかのヒントになるかもしれない。

BuzzFeed Newsは、MERYを愛読していた20代の女性3人に話を聞いた。

・カスミさん:22歳、大学生

・ツバサさん:22歳、大学生

・ナナさん:24歳、社会人

――MERYが非公開になってから数日経ちました。毎日見ていたサイトがなくなるというのは……。

ナナ:もう……とにかく悲しいです。 毎日朝晩電車に乗るとアプリを開いていたので、今は「この時間何すればいいの!?」ってなってます。

ツバサ:そう、ほんとに手持ち無沙汰な感じでさみしい。私も電車に乗ってる時や大学の休み時間にスキマ時間で見てることが多かったですね。とりあえず開いて何かないかな~って。

カスミ:うんうん、パッと空いてる時間に見てましたよね。私は寝る前によく読んでいたので、なんだか落ち着かない。

――「何かを知りたい」じゃなくて、なんとなく開いているんですね。

ナナ:そうですね。最初は検索でよく引っかかるサイトだなぁと名前を知って「こんな情報まであるんだ!」が積み重なってどんどん「MERY、使えるじゃん」って信頼していくようになりました。

ツバサ:うんうん、デザインもピンクでかわいくて覚えやすいですよね。「かわいいサイト」のイメージが最初だった気がします。

シェアする

フォローする